女性ホルモンをアップさせるサプリメント成分は?  

女性ホルモンを増やすことはできるの?

女性の美と健康をつかさどる女性ホルモン。しかしながら、30歳をピークに減少し、40歳後半でで激減します。女性ホルモンが不足することにより、生理不順やコラーゲンの減少、コレステロールの増加、不眠、イライラ、発汗、頭痛、のぼせ……さまざまな問題を引き起こします。

女性ホルモンの分泌量は、一生のうち、かき集めてもティースプーン1杯分といわれています。残念ながら、ホルモンの量自体を増やすことはできませんが、改善策の一つにサプリメントがあります。成分によっては、間接的にホルモンの分泌力を高めてバランスを整える、エストロゲンの分泌量に働きかけて女性ホルモンに似た働きをするなどの効果が期待できます。

今回は「女性ホルモンを整える成分」と「女性ホルモンに似た働きをする成分」についてご紹介します。

女性ホルモンを整える成分

・プラセンタ
ほ乳類の胎盤から有効成分を抽出したエキスのことで、美肌効果や疲労回復が期待できます。PMS(月経前症候群)や更年期障害にも効果があるとされ、その効果効能はいまだに未知数です。また、卵巣機能を活性化してホルモンの分泌を促し、体内のアンバランスを正常に整える働きがあります。

・ローヤルゼリー
ローヤルゼリー特有成分のデセン酸は、卵巣機能を高め、女性ホルモンを活性化します。
デセン酸は不飽和脂肪酸の一種で、体内に取り込まれると「エストロゲン様物質」としてエストロゲンと同じ働きをします。
エストロゲンの効果は、女性らしいボディラインを保つ、肌や髪の毛にハリやツヤを与える、骨や血管を強くするなど、キレイや若々しさを保つことなどがあげられます。
同じく、ローヤルゼリーに含まれるアセチルコリンには、認知機能を高め自律神経を整える働きがあり、自律神経失調症や更年期障害の改善に役立ちます。

・マカ
男性の精力剤の成分として有名なマカは、南米ペルー原産の多年生植物。マカの根は、ペルーの人々には欠かせない滋養強壮食となっています。
このマカの特徴成分はアルギニンという成分で、アミノ酸の一種。成長ホルモン促進や免疫力アップ、美肌効果、うつや不眠改善など、その効果はさまざまです。
また、アルギニンにはエストロゲンに似た働きをする作用もあり、その成分は植物エストロゲンと呼ばれるほどです。

・ボロン
ホウ素の一種で、もともとは丈夫な骨の形成に欠かせないサプリメントとして用いられてきました。近年では、エストロゲンを活性化する働きがあることで注目されています。

女性ホルモンと似た働きをする成分

・大豆イソフラボン
大豆イソフラボンに期待できる効能は、美容効果、血流改善、発毛、バストアップ、骨粗しょう症や更年期障害、がんの予防など、女性ホルモンのエストロゲンの効能と共通しています。互いによく似た化学構造式を持つ大豆イソフラボンとエストロゲンは、その働きも似ているのです。
ただし、過剰摂取は反対に病気を誘発してしまう可能性もあるので注意しましょう。1日の上限摂取量は食品で70〜75mgとされています。

・ブラックコホシュ
海外では古い歴史を持ち、薬草として多くの人たちに愛用されてきたハーブ(植物)です。アメリカ先住民族のインディアンが発見してその効能を愛用し、今では、アメリカやヨーロッパをはじめ、多くの国々で研究、商品化がされています。
ブラックコホシュには、タンニンやイソフラボンが含まれており、エストロゲンと似た働きをすることが知られています。美肌効果をはじめ、更年期障害の緩和にも用いられます。

・高麗人参
古くから漢方薬でおなじみ。高麗人参に含まれるサポニンという物質には、血糖値をコントロールするインスリンに似た働きがあり、糖尿病予防によいとされています。
もう一つ、高麗人参に含まれるジンセノサイドには、エストロゲンに似た構造を持つことが近年の研究で判明しました。これにより、エストロゲンの働きをサポートする作用が期待できます。


身近な食事からは摂取が難しいものもありますので、その場合は、サプリメントを活用するとよいでしょう。
ただし、いくらキレイになりたいからといって、過剰摂取はしないように。体の状態や症状に合わせて、用法と用量を守って正しく摂取することが大切です。
0

婦人病の原因  

婦人病とは、女性特有の体に起こる病気の事を指した名称です。婦人病といえば中年女性のイメージですが、最近では生活の変化から若い女性でも婦人病の症状に悩まされる事が多くなってきました。

 婦人病は月経の痛み、生理不順、月経がこない、月経の回数、日数が異常に長かったり短かったりする生理に対すること、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮がんのような子宮内で起こる病気などです。さらに広く見ますと、膀胱炎、更年期障害、骨粗しょう症、不妊症なども婦人病として考えられます。これらの症状として、肩こり、動悸息切れ、耳鳴り、頭痛とめまい、神経痛、イライラするなどの不快な体調不良があらわれるケースも少なくありません。

 婦人病は単なる生理不順だと思っていたら、大きな子宮筋腫ができていたというケースもありますし、実際にそれが不妊に繋がっていたという事実もあります。自分で我慢してしまう事が多いのではないかと考えますけれど、あまりにひどい場合はすぐ婦人科を受診されることをおすすめします。

 婦人病の原因は、女性で悩む事の多い下半身を中心とした冷え性、ストレスなどによる自律神経失調症、骨盤のゆがみによる女性ホルモンのバランスが崩れる事にあると考えられています。男性であれば軽視しがちになる生理痛なども、病気ではないと言われていますが実際痛みの原因を探ると重大な病気が隠されていることもあります。
0
タグ: 婦人病




AutoPage最新お知らせ