2017/5/21  20:37


昨日の英会話レッスンの時、この2,3年録りためてあった9曲をCDにコピーして持っていきました。以下、英国女性の先生との会話です。(日本語訳)

ハリスン:先生、私はCDを持ってきました。私はあなたにこれを聴かせたい。
先生:あら、それは楽しみね。
♪ジャーン、It's been a hard day's night・・・・
先生:A HARD DAY'S NIGHTね!
ハリスン:歌とギターは僕です。
先生:まあ、驚いたわ!てっきりビートルズの歌と演奏だと思っていたわ。
ハリスン:お戯れを〜。ギター、ベース、歌、ドラムをデジタルレコーダーでダビングしているのです。
先生:凄いわね、これはあなた一人の録音なの?
ハリスン:いいえ、友人も一緒に歌っています。ほら、ちょうどこの部分です。(♪When I'm home〜)
                   :

という感じで遂に本場英国の方に聴いていただきました。他にもHELP!やDAY TRIPPER等が入っていて、結局先生に次回レッスンまでCDを貸してきました。先生は音楽専攻でピアノが弾けるので、本場の本職の方にジャパニーズミドルエイジが歌うビートルズがどう聞こえるか、次回のレッスンは3週間後なので、はたして感想は如何に。
2

2017/5/18  6:20

執念  Everyday Life

先週末に町内会の総会があり、なんだかんだで正式にこれから2年間事務局として活動することになりました。当日はあいにくの雨降りでした。総会の後は懇親会となり、気の合う方々とやれやれお疲れ様でした、と日本酒を飲んで8時半頃余ったビールや酒を担いで、傘は近所のおじさんに持ってもらい、どうにか家まで帰りました。

翌日は早速町内会の回覧などに追われて1日が過ぎ、あっという間に月曜日、この日も雨でした。そして傘をさして出社、となった時気づいたのです。傘がない!

おかしい、土曜日の夜に近所のおじさんに傘を持ってきてもらったはずだ、昨日の外出は全部自転車だったはず、さては外の傘立てに置いていたので盗まれたか、といろいろ考えましたが、どうにもすっきりしないのです。

そしてほぼ諦めかけた月曜日の深夜、ふと思い出したのです、土曜日の夜、一人で飲みに出かけた!と。総会の後、安堵感や腹の立つこともあり、週末だし改めて少し飲むか、と再度大通りに向かったのでした。どこで飲んだかはともかく(笑)、帰りがけに保健室の先生から固く禁じられている「夜更けの締めのラーメン」を食べてタクシーで帰宅したのでした。

そうすると可能性はタクシーか飲み屋か最後のラーメン屋です。幸いラーメン屋はいつも行く店で深夜まで営業しているので早速電話をかけてみました。すると深緑で柄が黒で長めの傘があるとのこと、心底ほっとしました。善は急げで翌日の昼休みに会社から自転車で15分かけて店に行き、ラーメン1杯を食べ、無事に傘を取り戻したのです。

安いビニール傘なら簡単に諦めていましたが、昨年の正月に6,000円で買ったお気に入りの傘だったので執念が実った感じです。最近物忘れが多くなってあせっていましたが、今回は思い出すことができて良かったです。
1

2017/5/15  21:15

神聖な舞曲と世俗の舞曲  レコード感想文

ドビュッシーのハープとオーケストラのための曲です。
夜、眠りにつくとき聴くのにうってつけの曲なんです。

https://www.youtube.com/watch?v=R2SWz9hoTG4

表題のとおり2つの舞曲からなるんですが
目をつむって聴けば、2つの舞曲には、それぞれ異なる女性の舞う姿が頭に浮かぶのです。

最初の曲「神聖な舞曲」
ドビュッシー特有の東洋的音階をハープが奏でるこの曲に乗っておごそかに舞うのは
十二単を纏った高貴な和風の美女。
場所はなぜかインド洋の海底深くにまします竜宮城(笑)
この曲でハープが最初に奏でるメロディーは、ビートルズの「Within You,Without You」ですから。
しゃなりしゃなりと気高く美しく・・・。

そして次の曲「世俗の舞曲」
こちらは場所を移してタージマハール風宮殿。
インドには違いないんですけど、イスラム建築なんですよ。曲線美。
アラビアン・ナイト的世界ですかね。この曲を舞うお姫様は十二単なんか着てないですね。体の線も露わにスケスケのエロティックな衣装。
そして「こっちの世界に来なさいな・・・」と妖しく誘うのですよ。

できれば、この2曲目のクライマックスあたりで眠りにつきたいんですけど
寝つきの良すぎる私は、いつも美女の柔肌を目にする前に撃沈してます^−^;
1
タグ: レコード

2017/5/13  17:18

フォノイコライザー買いました  中年のオーディオ

前回の続きです。

GW明けの長い長い1週間が終わった昨日の仕事からの帰り道。

翌日つまり今日の雨天に備え、家で快適に過ごすには、あのレコードの音では耐えられぬと思い立ち、フォノイコライザーを取りあえず見るだけでも、とヨドバシカメラへと向かいました。

さすがにヨドバシ!ショーウインドウにはネットで調べておいたオーディオテクニカのAT-PEQ3とAT-PEQ20の両方が並んでました。前者はMM型カートリッジにのみ対応、後者はそれに加えてMCカートリッジにも対応。
ただし価格は倍以上違います。

私に買えるのは前者のみなのですが、はてさてこれが先日中古で買ったヤマハのアンプに内蔵されているフォノイコよりも良い音で鳴ってくれるかどうか・・・。
いちおう店員さんに事情を説明し、相談しました。もちろん店員さんにしても「音が良くなります」とは言えないでしょうし、ま、気休めみたいなものです^−^;

店員さん、苦労していろいろと説明をしてくださいましたが、その中で「MCカートリッジを使われないのならAT-PEQ3で十分だと思います」との一言で買うことにしました。7200円。
さっそくプレーヤーとアンプに接続し、おそるおそるレコードを掛けてみました。出てきた音は・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

十分及第点でした^−^
ヤマハのアンプAX-497のフォノ端子に繋いだ音よりも格段にクリアで立体感もあり、ボリュームを絞って聴いても違いは明らか!
この音なら、またレコードじゃんじゃん掛けたくなります。
特に低音域が豊かで、サブウーファーが要らないくらいです。

思うば、今使ってるオンキョーのトールボーイと2代前に使ってたパイオニアのアンプの組み合わせでは低音がまったく出なくて、サブウーファーを買い足したのでした。
やはりオーディオは各コンポ相互の相性が大きくモノを言うなあ、と再確認した次第です。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/5/6  22:18

ヤマハのアンプ買いました  中年のオーディオ

3年前に買ったソニーのアンプTA-F333EXIIは、古いアンプにお決まりの症状が発生。
すなわちスピーカーから音が出ず、いったんボリュームつまみを思い切って回すと回路がつながったかのように鳴りだすという始末。

いかに中古とは言え、どうもアンプに関しては良縁に恵まれないようです。
本日、約1か月ぶりに覗いたHARD OFFで、前回訪問時見つけたヤマハのアンプAX-497がまだあったので買ってしまいました。16200円。

クリックすると元のサイズで表示します

さっそく接続してレコード掛けてみれば・・・なんとも扁平で籠ったような音!手持ちのレコードの録音年代がそれぞれ10年以上遡ったかのような感じです。
トーンコントロールなどいろいろ試してみましたが根本的にダメのようです。これならソニーをだましだまし使ってたほうが良かった・・・。

あきらめてジョギングに出かけ、走ってるうちにふと思い立ちました「待てよ、CDをまだ聴いてない」
ジョギングから帰り、1階にあるCDプレーヤーを2階に運び、買ったアンプに接続。
鳴らしてみるとレコードの時と大違い、音の輪郭くっきり、臨場感もたっぷりです。
CD、レコードどちらも持ってる音源で比べてみれば一目ならぬ一耳瞭然。

これはどうやらアンプに内蔵されているフォノイコライザーに問題ありと判定しています。
今回買ったヤマハのアンプは2005年発売、定価40000円程度の入門機種であり、レコードはなんとか音が出ればOKくらいの作りになっていると思われます。

ところでフォノイコライザーを調達した場合、レコードプレーヤーとフォノイコライザーを接続し、フォノイコライザーからプリメインアンプに接続ってできるんでしょうか。
その場合、アンプのAUX端子に接続するのかな?・・・ハリスン先生 Please Teach Me!

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ