法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2018/7/21

水の流れを想う  季の散策

清流の水は冷たいくて気持ちがいいんだろうなと、
何かのポスターで見た写真に想像を巡らせています。

暑さが続く毎日に、
涼しげな渓流は実に魅力的なんですよね。



同時に、
水の怖さも忘れてはなりません。
近年は都度にそう思うことが増えました。


畏敬の念を忘れないよう、
自然と向き合う夏なんです…。





今日もプールからの水音が弾ける、
法林院の午後・・・。

               合掌



0

2018/7/20

休む勇気  季の散策

夏といえば
早朝のラジオ体操を思い出します。

昔、午前6時台は
まだ涼しかったと記憶するのですが、
今はもう気温も上がっているんですよね。

健康的に体を動かして、
夏バテ防止をしたい。
思いは変わらずとも、
時間と場所は一考の余地あり。

時には無理せず、勇気ある「休止」も
必要だと思うのですが…。



プールから子どもたちの歓声が聞こえる、
法林院の午後・・・。


               合掌




0

2018/7/19

暑さが続く午後  季の散策

毎日少しずつ疲労が溜まって、
気付いたときには、ダウン寸前というのも
ないわけではありません。


夏の疲れはこの「気づかずに」、
というのが問題で、ゆえに、
睡眠と休息、水分摂取が大切なんでよね。






水を飲むにも、ため息混じりの
法林院の午後・・・。


               合掌





0

2018/7/18

朝から暑い夏  季の散策

昔は、夏の朝早く起きて、
まだ涼しいうちに
宿題や用事を済ませるように
言われたものです。

しかし、今はどうでしょう。
朝から暑いではありませんか。

もっとも、朝も夜も塾に詰めて
勉強する子どもたちには
季節を感じる時間が少ないでしょうから、
この暑さは、せめて記憶に残すべき
貴重な時間なのかもしれません。


続く猛暑に辟易する、
法林院の午後・・・。



              合掌



0

2018/7/17

水を撒く午後。  季の散策

庭の水撒きのとき、水温を確かめようと、
ホースの先に手を当てると、
いつまでたっても生ぬるいまま。

これは水道水の話…。

しかし
井戸水は夏でも冷たいんですよね。

スイカやきゅうりを冷やした
昔が懐かしいものです。

水温む春から、
季節は駆け抜けて、今この暑さに至る。
秋へも、待ったなしに駆けていくのでしょうね。


その時、
井戸水は暖かく感じるはず…。



撒いた水がすぐに乾いてしまう、
法林院の午後・・・。



              合掌




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ