法林院は、1669年(寛文9)に建立された、徳川綱吉の生母ゆかりの寺としても知られる黄檗山塔頭寺院です。四季の変化を樹々の彩りや野鳥たちのうたにのせて感じることができます。草花に想いを寄せ無心に かえってみませんか・・・。

2018/6/13

雲を見ている午後  季の散策

何か、
映画を見るような気分と申しますか、
風が強い日などに、
大きな雲が流れていくのを眺めていますと、
物語が浮かんできそうになります。


絶対的な見学観が空にはあって、
そこに身の回りの出来事を映したりする、
子供の頃はもっとそういう気持ちに
溢れていたと思うんですね。


あるいは、海に、また山々にも
同じように想いを乗せてもいいでしょう。


自然とは、厳しさの中に、
心を受け止めてくれる
寛大さがあるということでしょう。

梅雨空が続く中、
また次の雲が流れて…。



物語の始まりをつらつらと想う、
法林院の午後・・・。



              合掌





0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ