特許の産業政策説と弁護士法人アヴァンセ  

「〜弁護士法人アヴァンセが行う医療過誤被害救済〜」についてお話しているブログです。こんにちは。
今回は、弁護士法人アヴァンセのブログで出ていた特許につて、調べてみました。私が興味を持ったのは、その中でも特許制度の意義について。これにはいくつか説があるんですが、今回は大きく2つに分けたうちの1つ、産業政策説についてお話させていただきます。

●産業政策説
発明に対する権利は、国の産業政策として発明の権利保護を図るために与えられるとする説。公開代償説、発明奨励説、過当競争防止説(競業秩序説)に細分される。

・公開代償説
仮に、発明者に独占権を認めないとすると、発明が他人に模倣されてしまうために、発明者は発明を秘密にし、その結果、発明が社会的に活用されないことになる。このため、新規で有用な発明を世の中に提供した代償として、一定期間、その発明を排他的に独占する権利を付与するとする説で、現在最も広く支持されている説である。

・発明奨励説
仮に、発明者に独占権を認めないとすると、発明者は自ら発明したにもかかわらず他者に対して優位な立場に立つことができず、発明を行ったり、それを事業に結びつける意欲を失い、その結果、発明が社会的に活用されないことになる。そこで、発明を奨励するために、一定期間、その発明を排他的に独占する権利を付与するとする説である。

・過当競争防止説(競業秩序説)
仮に、発明者に独占権を認めないとすると、発明が他人に模倣されてしまうために、発明者や企業は、他人の発明を模倣することや、自分の発明を模倣されないようにすることへ注力し、過当競争状態が生じ、発明自体に対する意欲や投資のインセンティブが働かない。そこで、過当な競争を防止するために、一定期間、その発明を排他的に独占する権利を付与するとする説である。

以上です。弁護士法人アヴァンセでは、特許申請の注意について書かれていました。面白かったですよ。
では今日はこのへんで。弁護士法人アヴァンセについて、また次回もお話させていただきますね。

0

弁護士法人アヴァンセから学ぶ 刑事事件  

本日より弁護士法人アヴァンセから刑事事件についてお話していきます。
刑事事件には、交通事故、暴力、性犯罪、横領、背任などさまざまな事件があります。

「身内や友人が突然逮捕されてしまった。
でもその後、自分たちは何をすればよいのか分からない...」

「友人が逮捕・勾留されてしまったが、無実の罪であると思う...
でも漠然とどうすればよいのかわからない...」

「身内が逮捕された...事件の真相もわからないし不安。でも法律は難しくてわからない...」など

そんな疑問なども弁護士法人アヴァンセを参考にお話させていただきます。

逮捕・勾留中に接見禁止がついた場合、接見できるのは弁護士だけ
逮捕・勾留された場合、被疑者または被告人に対して外部の人物と面会し、書類や物品の授受をすることが出来るのは弁護士だけです。これを、接見交通権といいます。被疑者・被告人にとって、弁護士との接見交通は、防御の上でも、被疑者・被告人の精神的安定の上でも、極めて重要な手段といってもいいでしょう。違法や不当な取り調べの結果、納得できない調書にサインを取調官から求められることも少なくなく、冤罪を未然に防止する上でも、弁護士と接見して相談をすることは大切です。

特に、私選弁護人を選任することは、取り調べ中であってもいつでもできます。(刑事訴訟法30条)逮捕直後であれば、勾留されないように、また期間が短くなるように弁護活動を依頼することもできます。また、身柄を拘束されるという精神的にも不安な状態から脱することや、違法・不当な取り調べの結果引き起こされる冤罪等も免れることができます。

弁護士法人アヴァンセ曰く、できるだけ早い段階から、嫌疑を晴らすための弁護活動のために、逮捕・勾留中であっても接見できるのが弁護士です。早い段階から、弁護士の選任をして被疑者本人と家族の幸せを守ることが大切なのです。なお、接見した内容について、取調官から質問を受ける事がありますが、弁護士との接見内容は秘密性が保証されていますので、一切答える必要はありません。そのことによって、被疑者が不利益を被ることもありませんので安心して下さい。


次回も引き続き、弁護士法人アヴァンセの刑事事件について、ご覧下さい。

0

弁護士法人アヴァンセから学ぶ ハラスメント対処法  

弁護士法人アヴァンセから学んだハラスメント対処・具体的な行動を紹介します。

・・・行動を起こす時の注意・・・
ハラスメントの被害対策として行動を起こす場合、どのような事に注意すればよいのかご説明します

情報を整理する
ハラスメントがいつから始まり、どのような経緯で今に至り、そしてどのような悪影響を自分の生活に及ぼしたのか、時系列に沿って思い出しながら全て書き出しましょう。相手の表情や態度、まわりの人の反応や対応など、どんな細かい事でもあなたを有利にする証拠となります。また、記憶が新しいうちに整理しておく事により証拠として更に真実味が増します。

内容証明郵便を発送する
ハラスメントを止めさせたいが、訴訟をするまでもないと思っている場合は、ハラスメントに不快を感じている旨を記述した内容証明郵便を相手に送ってみるのも一つの方法です。内容証明郵便は「いつ」「どこで」「どんな内容の郵便を」「誰に」送ったかを法的に証明してくれる郵便です。相手が企業に属する(学校や病院含む)人間であるなら、その企業にも同じ内容の内容証明郵便を発送しましょう。ハラスメントの実態を知りながら対処をしなかった場合相手の勤務先も処罰の対象となる可能性がある為、なんらかの対応をしてくれる可能性が高いのです。

弁護士に相談する
ハラスメントの立件を一個人で行い、自ら訴訟を起こす事は難しすぎて不可能であると考えた方がいいでしょう。ハラスメントは自分より立場や階級が上の人間が加害者である事が一般的ですので、相手は様々な権力や圧力を使って証拠を隠蔽、改ざんし、被害者の立場を危うくさせようと試みるからです。また、証人となる人物もハラスメントの当事者となる可能性が高い事から、内部の協力が得にくい事も理由の一つです。弁護士法人アヴァンセのような専門家である弁護士に相談し、代理人としてハラスメントを立件するまでを手伝ってもらうべきだと思います。

皆さんもいつどこで被害に遭うか分からないので、弁護士法人アヴァンセによるハラスメント対処法を頭の中に入れておきましょう。



0

弁護士法人アヴァンセから学ぶ パワハラ  

弁護士法人アヴァンセが行う医療過誤被害救済〜

ご無沙汰してます。
弁護士法人アヴァンセから学んだパワハラについて今日はお話していきます。

パワー・ハラスメントの傾向
社会問題のひとつであるパワハラは、職場における上司が部下に対しておこなう「いびり」や「嫌がらせ」の事ですが、近年その手口は更に巧妙かつ陰湿になっています。勤務態度の注意などから始まり、部下の人格を否定するなど度を超えた暴力的な言動や行為、態度を取ります。常に監視下に置かれたように感じる被害者の中には「うつ」やトラウマといった心の傷を負う人が多く、被害が明るみになった時には社会復帰が難しくなる、自殺に自らを追い込んでしまうなどの最悪のケースになってしまう事も多々あります。

パワー・ハラスメントの特徴
パワハラの最大の特徴は被害者が被害に遭っている事を認識しない「無自覚症状者」が多く存在する事です。職場で上司から叱咤される事は珍しい事ではありませんので、たとえそれが度を超えたものであっても職務上の問題だと我慢してしまう被害者が多いのです。次第にその我慢が限度を超え、気がついた時には「うつ」やトラウマなどPTSDになってしまったという例が後を絶ちません。上司の発言の正常さと異常さの線引きが曖昧であるからこそ、気がつきにくいハラスメントといえます。また、被害者が精神的不安の為自殺してしまうという最悪のケースが起こりやすく、その遺族が被害者の死亡原因の追及と損害賠償金を求めて会社と上司を相手取った訴訟を起こす事もパワハラの特徴でしょう。

パワー・ハラスメントの現状と対策
セクハラと比較しパワハラの歴史はまだ浅く、訴訟判例もあまりありません。しかし、弁護士法人アヴァンセからの情報によると、2007年10月に上司のパワハラが原因で自殺した男性に労災を認めた初の判決が下り、今後はよりパワハラの訴訟がしやすい環境ができつつあるみたいですね。

弁護士法人アヴァンセからアドバイス
パワハラは立件の難しい訴訟のひとつであり、実態を立証するにあたって緻密な情報収集作業が必要となります。1人で行うには難しい内容と言えますので、パワハラかもしれないと感じたら専門の弁護士に相談し、訴訟すべきか否か判断しましょう。また、訴訟に至らずとも内容証明郵便を会社や上司に直接送りつけ、誹謗中傷を止めてもらうよう訴える事もできますので、それも解決するいい手段のひとつです。

あなたもいつ被害が遭うか分かりません。
被害に遭ったら、弁護士法人アヴァンセや専門の弁護士に真っ先に相談しましょう。

次回も弁護士法人アヴァンセの法律に関するお話をご覧下さい!

0

弁護士法人アヴァンセから学ぶ セクハラ  

ご無沙汰してます。
弁護士法人アヴァンセから学んだセクハラについて今日はお話していきます。

セクシャル・ハラスメントの傾向
セクハラの被害者は女性のみというイメージも、最近では大きく変化しています。
肉体への直接的な接触以外にも言動や態度で性を表現し、
相手を不快にさせる行為も現代ではセクハラのひとつとされます。恋人の有無をしつこく聞くのもそうですが、宴会の場などで男性職員に裸踊りを強要する事、慰安旅行の旅先などで女性に浴衣を着せる事や酒の酌を強要する事も相手が不快に思えばセクハラと位置づけられます。今やセクハラ被害者は女性のみならず男性も対象となり、現場は職場から学校まで多岐にわたります。
また、異性間のみならず同性間において相手を性的不快にさせた場合もセクハラになります。

セクシャル・ハラスメントの特徴
セクハラには、弁護士法人アヴァンセによると大きく分けて2つのタイプがあるみたいです。
まず、一般的な「性的嫌がらせ」である「環境型セクハラ」。
異性の肉体に直接触れる行為以外にも、ヌードポスターなど性的不快感を与えるものを公共の場に表示する、容姿や身体について言及する、女性らしさ(男性らしさ)を強要するなどもこれに当てはまります。
もうひとつは「対価型セクハラ」といい、立場や階級を利用し、職場の昇進、学業の単位、
取引先との売買契約などを提供する対価として、下位の者に性行為や愛人契約を要求する事です。就職活動の時期に企業側の人間が内定をエサに学生に性的交渉を迫る行為もこれに該当します。また、これとは別に「二次被害」というものもあり、これはセクハラが職場で行われた場合はその会社(学校含む)自体の責任も問われるというものです。また、セクハラの現場でそれを止めずに黙認したり、煽ったりした場合、その人物も処罰の対象となります。

弁護士法人アヴァンセからアドバイス
「セクハラ訴訟を起こした事を理由に被害者を解雇する事は法律で禁じられていますが、もしそれが心配であれば、まずは内容証明郵便で本人と会社に直接止めるよう伝える事からはじめましょう。もしそれでも状況が改善されないようであれば、弁護士に相談してみましょう。」

セクハラとは関係ないですが、女性専用車両も出来ていますし、
昔より性犯罪に関して警戒心が高くなってきましたが、逆に痴漢していない人を痴漢だ!と決め付け慰謝料?を請求する女性がいますよね、同じ同姓としてあれはないなーと思います。

男性専用車両もつくられたらいいのにといつも思う。



弁護士法人アヴァンセについて詳しくはコチラ

弁護士法人アヴァンセの評判はコチラ

弁護士法人アヴァンセのフェイスブックページはコチラ
0




AutoPage最新お知らせ