2010/2/6

破滅と愛の映画「抱擁のかけら」動画感想  

破滅と愛の映画「抱擁のかけら」動画感想

抱擁のかけら 映画02.jpg

 抱擁の数だけ愛がある、

 悲恋映画「抱擁のかけら」にこの

 言葉を持ってくる映画監督のセンス怖い。

しかもタイトルが「抱擁のかけら
これは数にも入ってないような・・・?
訳のわからない感想聞いてもなー
って方はこちらの動画を見たうえでどうぞ。
【 破滅の愛、悲恋動画 】

抱擁のかけら 映画03.jpg抱擁のかけら 映画01.jpg 

映画抱擁のかけら「あらすじ」
盲目の脚本家のハリー・ケイン
ある日、新聞記事で実業家のエルネストが亡くなった事を知る。
その後、エルネストの息子がハリーを訪ね、
自分の監督作の脚本をハリーに依頼。
それをきっかけに、ハリーは封印していた過去に向き合う。

今から14年前、失明する前のハリーは、
新進監督マテオとして活躍していた。
ある日、マテオはオーディションにやってきた、
美しい女性レナに心奪われる
しかしレナは、実業家エルネストの愛人だった...。

抱擁のかけらのキーポイントは実業家エルネスト。
彼の嫉妬が破滅への道であり、彼の死が物語の始まり。

正直・・・おのれ爺って感じです。
ハリーとレナの愛でうまくいかない理由がエルネストオンリー。
あとは特に問題ない?(話題になるとか正直国の違いか微妙)
まあ物語悲恋のスパイスと認識すべきかな。

そんな爺憎しの抱擁のかけら見どころは、
ハリーとレナの終わりが見えてるのに切なくない愛。
客観的にみると切ない映画なんですが、
実際見てる時はそこまで悲壮にならないですね。

レナがエルネストといる時と、ハリーといる時の差が可愛い。
エルネストだとこう目が据わってるというか、固まってるというか。
ハリーといる時は一人の女性なんだってのが、
女優を目指してるとかありますが、
基本普通の女性って感じが逆に可愛かった。

映画「抱擁のかけら」の監督はスペイン
・・・なるほど、どおりで情熱的だ。

 

 

 

 

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ