名門のSEO  

『Web標準の教科書』書籍紹介ページ CYBER@GARDEN

アクセシビリティBlog メソッド ミツエーリンクス

エキスパート連載コラム - 実践ノウハウ −『infoaxia(インフォアクシア)』

Webアクセシビリティとは? 『infoaxia(インフォアクシア)』

文系的な発想はやめてきちんと数理モデル上で設計していくのが一番ですよ。というか、そもそも文系出に専門職をやらせることに無理があるのですが。
文系・理系という枠組みも人が作ったものですよ。
機械がSEOを産み出したたわけではないし。
統計学的にすべてが解決できる世の中ではないのは理系出の方にも理解できますよね。
SEOの基本は、またYahoo!・Googleが検索サービスを作っているのは、
利用者によりよいサービスを提供すること。
ホームページ作る目的はホームページを見てもらうことではなく、その先。
理系的な発想で、この意味は分かりますかね。
こんばんは。YSTだけはよく分かりません。YAHOOは人的操作があってるような気がします。
ただ将来的にはgoogleが引っ繰り返すような気がしませんか?
■いつもフレッシュなWebサイト作りでSEO効果■
検索エンジンのクローラーが自分のWebサイトを訪れる頻度が高いほどSEO効果があると言えますが、そうするにはどのようにすべきか。
今回のテーマは「いつもフレッシュなWebサイト作りをしていればクローラーがよく訪れてくれるようになる」というものです。
結論から言うとそれはブログです。
「ブログ何てずっと前からやってるけど、これと言って効果ないよ!」と言う方は多いでしょう。
しかし多いのはサイト外のライブドア、FC2、Seesaa、NINJA、エキサイト等の無料ブログではないでしょうか?被リンク対策という意味ではそれで良いんですが、検索エンジンのクローラーが自分のWebサイトをもっと訪れてもらうためには、ドメイン内で運営する必要があります。
既にお馴染みシックスアパート社のMovable Type(ムーバブルタイプ、以下MT)を設置。ドメインの直下にディレクトリを作り、そこでブログを運営して下さい。
これ案外やっている人少ないんですよね。
そして次のポイントは「ブログのタイトルにキーワードを含める」こと(descriptionにも同じキーワードを絡ませて)。
例えば「中古バイオリン」というキーワードを狙っているなら、「中古バイオリンの社長ブログ」という具合に。
ブログの更新頻度は最低週2〜3日。毎日エントリーするのが一番良いですが1日に何エントリーもすることはありません。
企業サイトをちょくちょく更新するのは限界がありますが、ブログなら楽勝!これで検索エンジンからみれば、ドメイン内のWebページが頻繁に更新されていると判断されるわけです。
無料ブログ最大のリスクはそのサービスが終了すれば全てがパー(笑)。
まあ余程マイナーなブログサービスでない限り、どこかに売却されてサービスは継続されると思いますが、Webサイト運営者は最悪の事態も考えておかなくてはいけません。
MTのテンプレートは無料、有料色々あります。検索で色々探してみて下さい。
MTの商用ライセンスは↓
1サーバー・5ユーザー(26,250円)
※ダウンロードライセンスは2006年12月25日で終了となり、その後は基本ライセンスパック1サーバー・5ユーザー(31,500円)
Six Apart - Movable Type

小粋空間 Movable Type 3.2-3.3 新規インストール方法.



SEO、MEO、SMO
http://www.seojapan.co.jp/
0

業界で愛されたSEO  

わたしの経験上gooでの順位結果があとほどgoogleに反映されるような気がします。
gooで上位表示された1日後googleのほうでも同じ順位になっていました。5サイトとも同じような結果でした
わたしが思うにgooは一番早いgoogleのサーバーを読みにいっているような感じです。
ビックキーワード+地域で上位表示させたい時にTOPに
ターゲットとなる地域を全て書けばそれぞれの地域で上位に上がりやすくなるとは思いますが、
他のページにも全て全地域を書くとさらに影響はありますか?
少なくとも、Page間のリンクを アンカーテキストで 地域名を入れたがいいです。 
ただし、サイト内リンク数が気にはなりますが・・ 47都道府県だけで47個の内部リンクになりますから。 合計100個以上の出リンクの是非が不明です。
皆さん色々な方法を使ってseo対策をされていると思いますが、ふと思った事があります。
個人レベルの対策ではスモールワードやミドルワードの掛け合わせじゃないと結果が出せないのでは?と。
被リンク対策が主流になっているのをみるとそう思わざるを得なくて…。
詳しい方からするとどうなんでしょうか?
「被リンク対策が主流」 これは、だんだん弱くなっていくとは思っています。
BARでブックマークされた件数とかAnalyticsの解析結果でPageを参照していた時間とか、検索エンジンも被リンク以外の情報を入手する努力をしていますので・・・
個人レベルでは地道にPageを訂正&新規作成していくのが いいと思います。
被リンク増えて上位になっても、見た人が10秒で検索画面に戻ってしまうページでは上位表示されても意味が無いですからね。
〉ソフトさん
ホントに被リンクいがいの要素を重視してもらいたいですね。
正直、金にものをいわせる今の状況は面白く無いですから。
とりあえず今はガマンですね。
いろいろ見ていたら、こんな記事を見つけました。
「被リンクを増やそうかな〜」なんて、思ってYOMI-SEARCHを調べていたら・・・

非常に興味深い記事ですね。
すごく勉強になりました。
ありがとうございます!
質問です!
うちのサイトがYAHOO検索『韓国留学』のキーワードにて違うパソコンで表示すると2パターンの結果が出ました・・・
こんなことってありえるのでしょうか??
ちなみに
9位と圏外という大差・・・・
自身でSEO対策をしているためこの問題を早く解決したいのですが・・・どなたかこの現象理由わかりますか?
ちなみにうちは
韓国留学|フィジー留学|長期・短期の海外留学ならグローバルリンクス留学サポート

です。
ぜひYAHOOでの皆さんの見る順位を教えてほしいです。
検索してみましたが、9位にはいらっしゃらない感じです。
ブラウザのキャッシュじゃないんでしょうか??
私も検索してみましたが、見つけられませんでした。



Google SEO
http://www.seojapan.co.jp/
0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0

名高いSEO  

イカ(いか)」を主軸にサブキーワードを選出してみます。
■Sitemaps 0.90■
Google、Yahoo!、MicrosoftはかSitemaps 0.90のサポートを発表したというニュースはもうご覧になったでしょうか?
少しオーバーかも知れませんが歴史的な出来事と言えるのではないでしょうか?
検索エンジンの新基準が誕生したと同時に、Webサイト管理者にとっては今後はSitemapsに対応させることが必須になってきます。
Sitemaps 0.90については次のWebサイトを参考にして下さい。
グーグル、ヤフー、MSが提携--ウェブインデックス作成機能を共通化へ - CNET Japan

【ハウツー】サイトマップで検索エンジンフレンドリーなサイト - Sitemaps 0.90 XMLファイルの書き方 (MYCOMジャーナル)

■お薦めリンク集5■
ここにも是非登録しておきましょう。

相互リンクが条件です。タイトルの付け方、もう大丈夫ですね。
尚、ここの有料のほうもありますがコメントは差し控えます。
■そろそろ本気でXHTML+CSS[SEO業者は知ってて言わない(笑)]■
今までテーブルレイアウトやヘンテコなソース(外部スタイルシートを採用しているにも関わらず、ソースの中にもスタイルシート記述とか)でWebサイトを制作していた人は多く、プロでさえ今でも平気でtableタグを使っていたりします。
私も昔はそうでした(≧≦) 。
SEOを考えた場合もうそろそろ本気でXHTML+CSS(CascadingStyleSheet)でWebサイトを制作していかないと、近い将来検索エンジンに嫌われる可能性が高いということを書いておきます。
とは言ってもここはSEOのコミュ。XHTMLやCSSについては他のコミュや後で紹介するWebサイトを参考にして頂きたいと思います。
結論から言うと、「これからのSEOはWeb標準が必須」。
これだけです。
SEO業者はこれを分かっていながら被リンクだけを売りにして、くだらない商売をしています。検索エンジン側は既にSEO業者による被リンクのポイントをコントロール(排除)する準備を整えていると聞きます。検索エンジンの精度(検索結果)が意図的な被リンクによって乱されている訳ですから当然のことでしょう。
被リンク依存はまさに小手先のテクニックなのです。
被リンクだけで効果が無くなれば、今度はWeb標準を売ってきます(SEO業者とは一線を画して、既に売ってるところはあります)。
ボリューム(ページ数だけでなく、画像の多いもの。ECサイト等)のあるWebサイトはこれを業者に委託すると結構な費用になるのです。
一番簡単な方法ははじめからXHTML+CSSでWeb標準のサイト作り。
もちろんタグの書き方や画像の使い方にはSEOのエッセンスが必要です。
これもSEO業者は今は明かさない。まあ、それが商売ですから仕方ないですね。
しかし、この場でハッキリ言いますが、私はそんなペテン師みたいな企業は大嫌いなんです。
このコミュに参加された方にもプロの方がいますが、それはそれで構いません。(わざわざ別ID取ってる人もいてるようですが(笑)。)
これからも「SEOプロ級成果を出す方法公開版」はどんどん有益なSEO情報を公開していきます。
あとはみなさんの行動力。
情報だけ仕入れて行動しない人が95%です。当然行動した5%の人たちの中からしか成功者は出ません。
頑張ってください。
↓XHTML+CSSで制作された益子貴寛氏と森川眞行氏のWebサイトは美しすぎる。
CYBER@GARDEN 益子貴寛氏のWebサイト

シリコンカフェ 森川眞行氏のWebサイト



SEO
http://www.seojapan.co.jp/
0




AutoPage最新お知らせ