2013/3/14

マガトリンが評価を受けている訳  

最近発売された精力剤で話題になっているマガトリン


・《《マガトリンの紹介ページ》》・

素材にもこだわっていて希少素材の鹿児島県産の奄美大島で採取された"ハブの肝"が使われていたりマムシ、すっぽん、ニンニクなど有名な成分も配合されています。

それ以外にもアミノ酸の>L-シトルリン、L-アルギニンが含まれているので、摂取によっては血管拡張といった細胞の増大作用が見込まれています。

医薬品とは違うので、バイアグラなどのような副作用がない事も支持される理由の一つかもしれませんね。

下記に簡単な成分表を載せたのでご覧ください。

L-シトルリン、 L-アルギニン、 ハブ肝末、 トンカットアリエキス末、 シジミエキス末、 マカ
スッポン、 赤マムシ、 オタネニンジン、 亜鉛、 サソリ、 蟻、 無臭ニンニク、 ウミヘビ
パフィアエキス、 ガラナエキス、 馬の心臓、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1
結晶セルロース、テキストリン、ショ糖脂肪酸エステル、二酸化ケイ素
クリックすると元のサイズで表示します

豊富な成分が評価さている主な要素なのではないでしょうか?

個人差などで効果に違いが出る事もありますので、予めご理解下さい
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ