2013/3/7

そのためにローン  

よく聞く話ですが、どうでしょう?
どのようなアドバイスが受けられるかというと、住宅ローンの基礎情報・基礎知識、金利の種類や返済方法、「借りられる」ではなく「返せる」住宅ローンの設計方法、住宅に関する税金や住宅ローンの計算、繰上げ返済・借り換え返済についてなどです。
アドバイスの事例としては、住宅ローンの基礎情報、金利の種類と返済方法、「借りられる」から「返せる」住宅ローンの設計方法、住宅に関する税金や住宅ローン計算、繰上げ返済・借り換え返済についての相談などです。住宅ローンを借り入れするときには建築業者任せにしている場合があります。そのためにローンの見直しのときに困ってしまいます。住宅購入者本人が、住宅ローンの基礎知識を把握する必要があり、繰り上げ返済、借り換え、固定金利と変動金利の違いなどを把握していく必要があります。住宅ローンアドバイザーがそれを、住宅購入者に適切なアドバイスをして助けていくのが役目です。
建築業者任せに住宅ローンを借り入れしていることが多々あります。そのためローンの見直しのときに今借り入れしている住宅ローンが把握できず困ってしまいます。住宅ローンの見直しには住宅購入者が住宅ローンの基礎知識を学んでいく必要があります。繰り上げ返済、借り換え、固定金利と変動金利の違いなどさまざまな要素がります。住宅ローンアドバイザーが、住宅購入者に適切にアドバイスしていくことになりますアドバイス内容も多岐にわたっています。例として、住宅ローンの基礎、金利の種類と返済方法の違い、「返せる」ローン返済計画、住宅の税金やローン計算、繰上げ返済・借り換え返済について多くの相談になります。
住宅ローンといっても多岐にわたっています。アドバイス例としては、住宅ローンの基礎知識、金利の種類や返済方法の違い、無理のないローン返済計画、住まいの税金やローン計算、繰上げ返済・借り換え返済についてなど多くの相談が守備範囲となります。
ってそんな事の知ってましたか?
0

2013/3/7

困って見直し  

昨日聞いた話ですが、
新規に住宅を購入・住宅ローンの借り入れを予定されている方にも住宅ローンアドバイザーの養成講座は役に立つものです。講座は二通りあり、基礎コースと応用コースにわかれています。住宅ローン見直しなど住宅ローンを基礎から理解するために良いでしょう。もう一つのコースである応用コースは実務者向けです。住宅ローンの借り入れする人へアドバイスを行なう者向けの専門家コースとなります。
専門家向け以外にも養成講座は受付されています。新規に住宅を購入する場合は住宅ローンアドバイザー養成講座の基礎コースを受けるとよいでしょう。講座は2通りあり、もう一つは応用コースがあります。住宅ローンを基礎学べます。実務者向けは、もう一つのコース=応用コースはです。住宅ローンの借り入れする人へアドバイスを行なう専門家コースです。住宅ローンを借り入れするときには建築業者任せにしている場合があります。そのためにローンの見直しのときに困ってしまいます。住宅購入者本人が、住宅ローンの基礎知識を把握する必要があり、繰り上げ返済、借り換え、固定金利と変動金利の違いなどを把握していく必要があります。住宅ローンアドバイザーがそれを、住宅購入者に適切なアドバイスをして助けていくのが役目です。
建築業者任せに住宅ローンを借り入れしていることが多々あります。そのためローンの見直しのときに今借り入れしている住宅ローンが把握できず困ってしまいます。住宅ローンの見直しには住宅購入者が住宅ローンの基礎知識を学んでいく必要があります。繰り上げ返済、借り換え、固定金利と変動金利の違いなどさまざまな要素がります。住宅ローンアドバイザーが、住宅購入者に適切にアドバイスしていくことになりますいいですよね〜これって。
それから、こっちも参考になりますよ。
どうでしょうか。
さんのブログ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ