見返りを期待しない人間関係こそが明日の希望を作る。  日記

誰かを喜ばせる事に対して無意識に見返りを期待していないだろうか。
無意識にでも見返りを期待すると、それは自分の中で、鬱積した怒りに変わり、
人間関係を自ら悪くする種となる。

反対に、無料アダルト動画を期待せず、誰も見ていない所で徳積みをすれば、
その人に帰ってくるという一例がある。

本田技研がまだ浜松の一介のバイク屋だった頃
来日してきたバイヤーを接待していた時の話だそうだ。

バイヤーは酒に弱く、接待の席で悪酔いしてしまったのだそうだ。
商談どころでなくなったので、本田氏は料亭の女将に頼み、
別室に布団をしいて、バイヤーを休ませてくれと頼んだ。
が、それでは収まらず、バイヤーの方は、横においてあった
たらいに、もどしてしまったらしい。
しかもその中に入れ歯を落としてしまったのだ。

料亭の仲居さんは、それに気づかず、たらいをあらう為、
吐いたものをお手洗いに捨ててしまった。
女将さんはそれに入れ歯が入っていたことに気づき、
後から蒼くなって本田氏のもとに伝えたという。

本田氏はどうしたか。
まだバイヤーは、ぐっすり眠っている。
あの様子だと、もどした時に入れ歯をおとしたことも
覚えていないだろうということで、
驚くべき事に、当時の汲み取りしき便所を捜し、入れ歯を見つけ、
洗い、自分の口にはめてみて、不安がる仲居さんや女将さんたちの前で
獅子舞を踊り、安心させ、
もう一度入れ歯を洗って、そっと、バイヤーの枕元においておいたという。

翌朝、バイヤーは、何事もない様な顔をして、入れ歯をはめて
帰国し、すぐ、本田氏と契約したという。

彼が知っているのは、取引先で醜態をさらした自分を介抱してくれた事だけである。

ならば何故、本田氏は入れ歯をそこまでして見つけたのか。
見返りといえば、それまでかもしれない。
しかし、汲み取り便所をさがし、入れ歯をみつけ、洗い、
自分の口にはめてみて、大丈夫かどうか確認するだけでなく、
仲居さんの心を安心させたというのは、もはや見返りではないだろう。

『その場にいる人が困らないように、明日もきちんと仕事できるように』

という一見当たり前のようだが、誠しなやかな心遣いである。
今の世の中、ここまで経営のトップがやっている所があるのだろうか。
0

あての無い旅  日記

アテのない旅に出ている訳です。
というよりもあまりにも家の中が狭かったためにいてもたってもいられなく電車に乗り込んだという感じでしょうか。

あまり私が今一体何処へ向かおうとしているのかがあまりよく判っていません。昔ならどんな街にたどり着いてもそれなり感動をしてものですが、もう行く場所がなくなってしまった私には二度三度の体験に感動というものが宿命的に薄れてしまっている訳です。

昔は見知らぬ街へ行って夜七時か八時頃に繁華街うろつくことが好きだったよなと思いに浸る訳です。
居酒屋!そんなに私南の方含めていろいろと行ったことがある訳ではありませんが、南は南で特別な時のためにとっておかなければならないということまで考えてしまう訳です。

日本はやはり案外狭い。
そして気に入る繁華街などそんなにあるものではありません。
居酒屋!しかし繁華街に居酒屋求めたって、居酒屋ってそんなに地方にいい居酒屋があるものでもないのです。

東京によき居酒屋など集中してしまっているのではないでしょうか。
東京という訳でもありませんが、長野など行けば結構期待裏切るものであったりする訳です。

あるけどもあるけどもそんな行きたい居酒屋なんてありゃあしない。
0




AutoPage最新お知らせ