介護福祉士の資格試験を受験するために必要な障害者分野の実務経験  

介護福祉士の資格試験を受験するために必要な障害者分野の実務経験について、受験資格の対象となる施設や事業としては障害者デイサービス事業、短期入所、障害者支援施設などといった20項目以上が指定されています。(介護福祉士の資格をとる方法)


そのほかに居宅介護や重度訪問介護、行動援護、同行援護なども対象となります。

受験資格とされる職種については介護職員や寮母、訪問介護員、ホームヘルパー、ガイドヘルパーとしておもに介護をしている人です。
そのほか保育士や生活支援員、指導員、精神障害者社会復帰指導員、世話人などといった職種の人でも、介護福祉士の受験資格を得ることができる場合はあります。

まずは実務上介護が中心でなければなりませんが、受験資格対象とされている施設や事業などに介護職員が配置されていないことも条件となります。
介護職員がいる場合には、実務経験が受験資格の対象になりません。

また、業務分掌表上で介護などといった業務をすることが明記されている対象施設や事業で介護にあたっている場合については、実務経験が受験資格の対象になります。
ただし、介護福祉士の資格試験を受験した場合には、このときの実務経験を社会福祉士や精神保健福祉士の資格試験に適用させるということはできません。
0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ