2012/4/7 | 投稿者: iexrwqj7

29歳で3億5000万円運用の元証券ディーラー
5年間で56勝4敗毎月300万円を稼いだ!!!
ディーラー小林が株式投資法を公開中!

期間限定で無料公開!



株主総会に参加できるということも、株のメリットの一つでもありますが、株主総会というのは株主が集まる総会のことを言います。

この株主総会ではどんなことがおこなわれているのかというと、起業のけっさんの報告や、会社の取締役や監査役をえらんだりといったことがおこなわれています。

株主総会の中では、1単元株で、1議決権を持っているというしくみですから、株を沢山持っていれば持っているほど、議決権がおおくなって、会社の中の経営やうんえいに口をだすことができる、影響を与えることができるということになります。

株主総会に似ている取締役会は、会社の中の業務などをきめたり重要なことをきめたりしていますが、株主総会でもじゅうぶん会社の経営に関することをきめるだいじな場ではあります。

株主創価に参加したいと思っている人は、単元株を持っていれば誰でも参加可能です。

株主総会が開かれる前には、しょうたいじょうのような株主総会招集通知と呼ばれるものが届けられますから、これをもらっていくことになります。

さいきん手軽に購入できるミニ株というものが人気ですが、残念ながらミニ株の場合には株主総会に参加できる権利はもらえませんので注意しましょう。

株主総会は、会社の株を持っている人が集まる総会のことですが、だいたいどの起業でも、毎年6月頃におこなわれているけースが一般的です。

株主総会に参加した後には、会社のせいひんなどおお土産として渡している会社などもありますから、行くだけでもメリットはじゅうぶんにあるのではないでしょうか
0

2012/4/6 | 投稿者: iexrwqj7

29歳で3億5000万!?
ディーラー小林の株式投資手法公開!!!

無料公開中!!!



"昔、株は特定の人のものでしかありませんでした。

ネットのおかげで誰でもが参加することができるようになった株ばいばい。

これはある意味株をやるのは「お金もちだけである」ことをさしていました。

もし人間がにくたいを使うことでしかいきる術がない動物ならその考えもよいでしょう。

株ばいばいのしかくはあなたにもあります。

こうしたことをかんがえるなら、今株をやらないワケがありません。

手数料が高かったためある程度の透視金を持っていなければ株をやる意味がなかったのです。

このように株はお金もちの道楽の一つでしたが、そのワケは手数料にありました。

しかし、現在はネットの出現で情報に対してもプロと一般の人に差はなくなっています。

たしょうの儲けでは手数料で消えてしまったからです。

また、株をやる際の情報のかたよりも意味していました。

頭脳を使うこともりっぱな労働なのです。

ですから株で設けることは決して不労所得ではありません。

株をやる際に必要な情報もプロと一般の人とでは格段の差がありました。

沿うです。

しかし、ネットの出現で手数料が格段にさがったため少ない透視金でも株をやる意味が出てきました。

しかし、人間はにくたいを使ういがいに頭脳を使うこともできます。

さあ、頭脳所得1億の世界へあなたも踏み出しましょう。

しかし、その考えは人間という行き物を一面でしかとらえていない考えです。

情報の少なさゆえ一般の人がプロに勝てるはずはありませんでした。

株を不労所得と考え蔑視する人もいます。

"
0




AutoPage最新お知らせ