2013/2/10

時々自分が鍼灸師でなくて  

気象予報士か何かなんじゃないかと勘違いしそうになる鍼灸院のエントリがこちらになります(゚∀゚) まぁ、元々気象についてはとても興味があるのは確かなのですが(気象について学びたかったので、高校の科学は地学を選択していました)。

 当院のある熊谷/関東平野の冬は、それこそ気象の影響で人がバタバタ死んだりするようなこともない、山もなければ雪も積もらないものですが、それだけに気象のことに無頓着になりがちです。ですが、明らかな形で命に関わらなくても、この時期の厳しい寒さと乾燥は、循環を悪化させたり、風邪のリスクを著しく高めたり、転倒などによる事故のリスクを高めたりして、健康で穏やかな生活を脅かすのに十分な威力を持っているのですよね。

 逆に言えば、寒さと乾燥についてしっかり認識して、上手くコントロールすることが出来れば、冬のリスクを大幅に低減することも出来ます。だからこそ、気象の傾向と、それに基づいたリスク回避/低減のアナウンスをすることは、健康に過ごして頂くためにとても意味のあることだと考えています。

 日常の過ごし方をゆるがせにして健康はあり得ません。私たち治療家(それこそお医者様まで含めて)がどれだけ良い治療をすることが出来たとしても、その効果は良い日常の過ごし方を続けることには勝らない、というのが私の信念です。

 関東地方の明日はそれなりに穏やかになりそうですが、明日の夜から明後日の未明に雪が降り始める可能性がそれなりに高く(気温次第で雨)、積雪の恐れもあります。天気予報はまめにチェックして、十分な準備をお願いします。
0

2013/2/10

私が悪いのか?  

私の家には洗濯機が無い。

というか、置く場所がそもそもないのだ。

私の住んでるマンションは、一階には部屋がなく、駐車場、駐輪場、ロック付きの玄関、そして洗濯場が設けられており、各部屋の住人は代金を支払って洗濯する。いわばこのマンション専用のコインランドリーだ。

洗濯機が三台に、乾燥機が二台。部屋数に対して、決して足りているとはいえない。しかし、住人がそこで顔を合わせることがあっても、乾燥機、脱水機がすべて埋まることは滅多にない。

私は今日も洗濯をした。いつものように乾燥機に洗濯物を入れて乾かす。今日はいつもより洗濯をするのが遅れてしまって、乾燥機の稼働が終わり、洗濯物が完全に乾き、取り出す時間も遅れてしまい、終了するのは23:00となった。私も、その時間に取りに行こうと決めたのだ。




実際は、30分遅れてしまった。

時刻は23:30。洗濯籠をもって洗濯場へと来た。しかし、私はそのおかしさに気付く。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ