2012/9/16

もしも台風がこなかったら…  

日本は島国なので、外国に責められると言う経験は歴史的に見ても数えるほどしかありません。

そうした中で、最も危険だったのは鎌倉時代にあった蒙古による襲来です。

2度にわたり大群で責めてきた蒙古勢をからくも撃退しました。

この撃退において、日本の武士が奮戦した事は間違いありません。

しかし、日本にとっては都合がよく、台風が来て、敵の船を沈めたことも勝利の原因です。

もしも、台風が来なかったら…

そう考えるとぞっとしますね。
0

2012/9/16

もしも、平清盛が優しくなかったら…  

幕府と言えば、武士の政権機構です。

その幕府を最初に開いたのが源頼朝です。

いわゆる鎌倉幕府ですね。

でも、この頼朝は父、義朝とともに平清盛と闘い破れました。

本来なら、首をはねられても不思議ではありません。

が、頼朝が生きていられたのは、闘って負けた平清盛が頼朝を殺さなかったからです。

伊豆に流すと言う寛大な処置をしました。

これが結局、平氏が滅ぶ原因になりました。

もしも、平清盛が頼朝を殺していたら…

平氏による幕府が開かれたのでしょうかね?

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ