2012/2/28 | 投稿者: fxtiger

薄毛が気になる人は、毛髪の必要性を理解した上で、改善に取り組むことをおすすめします。

薄毛を改善するためには発毛が最も良い方法といえるでしょう。
しかし、中には発毛と育毛の違いが分からず、育毛に力を入れている人もいます。

育毛は、薄毛の進行を遅らせ、状態の悪化を留めておくようにする働きです。
育毛によって、毛髪が増えたり、健康的な髪が生えてきたりするわけではありません。


髪の薄い状態を抑えることに必死でこのような間違った方法を取ってしまう人もいるでしょう。この状態を変えるためには、現状維持よりも髪の毛を増やす活動が必要です。


抜け毛対策ではなく、毛髪が抜け落ちた毛穴から髪を生やすという発毛に力を入れるようにしてください。



通常の状態であれば、抜け毛と発毛の本数はほとんど変わりません。発毛にはヘアサイクルと呼ばれる毛周期が存在しています。この毛周期に合わせて髪は生え変わっていくでしょう。


1周の生え変わりの期間は4〜8年くらいです。人によって個人差があることを覚えておいてください。この毛周期が乱れてしまうと、薄毛を引き起こす危険性が高まります。


髪の毛が少し薄いからといって過剰に心配する必要はありません。心に余裕を持つことが大事です。しかし、毛髪は見た目以外にも大きな役割を果たしています。


毛髪は頭皮を守る役目があります。強い日差しや暑さ、寒さから守ることはもちろん、脳への衝撃も軽くすることが可能です。


しかし薄毛の場合は、頭部を守ることができなくなります。また、頭にある毛乳頭からは、有機水銀やカドミニウム、砒素毒素を排出しています。有害物質を体外に出して、身体の健康を守っているといえるでしょう。


発毛を促進するには育毛剤を使う事が欠かせません。
前頭部や頭頂部など自分に合った育毛剤については育毛剤ランキングを参考にしてみてください。

0
タグ: 育毛剤

2011/11/21 | 投稿者: 独学

育毛剤選びに基準として成分があります。
薄毛の原因はいろいろです。

遺伝、AGA,ストレス、たばこ、運動不足などがあります。

育毛剤に含まれる成分として人気があるのはミノキシジル。
ミノキシジルは頭皮の血行を強制的に拡張して血流を良くします。

日本ではリアップが有名です。


次にフィナステリド。
この成分は脱毛ホルモン(DHT)を抑制することで
抜け毛を抑えてくれます。

プロペシアなどが有名。


これらの成分は効果的ですが、副作用もあります。
医師などによく聞いて処方する事をおすすめします。


アデノシンも有名です。
毛母細胞を活性化させて毛髪の成長を促します。


他にセンブリエキス、グリチルリチン酸、褐藻エキスなどの植物エキスがあります。
これらの成分は副作用がほとんどなく、頭皮の皮脂を抑制、血行促進、保湿、抗炎症をしてくれます。


0
タグ: 育毛剤

2011/10/8 | 投稿者: ウーマ

馬油というのは火傷、ひび、あかぎれ、肌荒れ、切り傷、痔などの症状に効果がある民間治療薬として古くから用いられていました。


馬油は、浸透力が強く、殺菌と抗酸化作用、
保湿と保温、消炎といった効き目が望めます。


この中で、馬油の保温・保湿効果に関しては血液の流れを良くする作用もあるため、頭皮のケアにも効果的です。


アズマ商事が取り扱う馬油シャンプーは、美容家のIKKOさんも愛用しているとして人気を集めているシャンプーです。


馬油を含有した馬油シャンプーは、髪のハリやコシを復活させたいという人に向いたもので、頭皮が刺激に弱い人でも使用可能です。


さらに、フケや抜け毛が気になる時にも馬油シャンプーというのは効き目があります。


脱毛予防としてだけでなく育毛にもまた有効であるため、育
毛シャンプーとしても人気があります。


この1本があればリンスまでできてしまうため、
気楽にたやすく継続ができるヘアケア商品となります。


馬油は人間の皮膚に何より馴染むとされているため、
細胞間にすんなりと染みこんで水分豊かな髪にしてくれます。


天然植物エキスが10種類以上も入っているため、
肌や髪が負担を感じにくく余計な心配をせずに取り入れられます。


弱酸性である上に無着色であるので、要らないものが用いられていない自然はシャンプーであるという点も、育毛シャンプーとして評価されている理由に挙げられるでしょう。


この他、馬油が備わったシャンプーにはウーマシャンプーが存在し、薄毛の原因となる頭皮の皮脂をきれいに取り除いてくれます。


ウーマシャンプーは薄毛にコンプレックスを感じている男性向けの育毛シャンプーとして、日系トレンディなどでも見ることができます。


0

2011/7/24 | 投稿者: fxmaster

薄毛を改善するためには時間が必要です。したがって、薄毛改善までにはかつらやウィッグを使用してみましょう。


かつらやウィッグの種類は様々です。自分の毛髪状態に合わせて、適切なタイプを選択するようにしてください。


かつらやウィッグの主な形には、フルウィッグとヘアピースがあります。フルウィッグは頭全体を覆い、ヘアピースは部分的な薄毛を隠すときに便利です。


ヘアピースは自毛と色や髪質を合わせることが大事です。色や髪質がなかなか合わずに、少し難しいと感じるかもしれません。しかし、手軽に取り入れられるという魅力があります。


かつらやウィッグを被るだけで良い人はネットタイプがおすすめです。少し固定感が欲しい人には、自毛にピンを使用して使うピンタイプが良いでしょう。


絶対の安定感が欲しい人には、頭皮に接着剤を使用して取り付ける接着タイプを選んでください。接着タイプは専門機関で施術が必要になることを覚えておきましょう。


素材で選ぶとなると、人の毛髪かどうかが判断材料になります。人毛かつらには人の毛髪が使用されているため、不自然な感じは全くありません。


人工毛かつらには化学繊維が使われ、人毛ミックスかつらは人毛と人工毛の両方が使用されています。金額などを考慮して、最近の一番人気は人毛ミックスかつらとなっているようです。


予算に余裕がある人は、費用は割高になりますが、フルオーダーにしてはいかがでしょうか。

フルオーダーはできないけれど、多少の予算があるという人は、既製品を元にして自分好みの1品を作るセミオーダーの商品を手に入れましょう。


最も安く抑えたい人には、既に完成している既製品の商品がおすすめです。



薄毛対策
薄毛や抜け毛に対する治療法などを紹介。頭皮のお悩み対策。

育毛対策
薄毛の原因、対策について。育毛剤を用いた抜け毛対策など。

0
タグ: 育毛剤

2011/1/31 | 投稿者: fxmaster

赤ちゃんにも抜け毛が存在するのをご存じでしょうか。

大人の抜け毛とは原因が違い、それほど心配することはないのですが、確かに赤ちゃんでも抜け毛は起きます。


定期検診などで、同じくらいの時期に生まれた赤ちゃんがそろっているときには、後頭部が円形脱毛症のようになっている赤ちゃんが大勢見られたりすることもあります。


その原因の一つは、まだ寝返りを打てないことにあります。頭をあちこち動かすことはできるのですが、寝返りをしないため結果的に後頭部をゴシゴシこすることになり、その摩擦が原因で、後頭部に抜け毛や薄毛の箇所ができてしまうことが多いのです。これは致し方ないことなので、気にする必要はありません。


また、生後3ヶ月前後は、ちょうど髪の毛が抜け替わる時期で、一時的に抜け毛が増えることもあります。これは、生理的な現象で、これまでの毛髪が新しい毛髪に生え替わるだけなので、正常な範囲であれば問題はありません。


初めて赤ちゃんを持った若いお母さんなどは、様子が分からず不安になってしまうかもしれません。しかし、通常はこのような成長過程の中で、自然に発生する現象なので、あまり気にすることはありません。


ただし、頭皮の状態が明らかに異常であるとか、赤ちゃん自体に元気がないとかの兆候が見られる場合は、別の病気などが原因で抜け毛が起きている可能性もあります。そんな時はただちに医師に相談して、早い時期に適切な措置を執ることが大事です。


赤ちゃんの抜け毛はよほどでないと心配ないです。
むしろ育児からくるストレスによるお母さんの抜け毛にご注意ください。


ポリピュア
薬用育毛剤ポリピュアの口コミ、体験談

M-1ミスト
分子レベルの酵素で頭皮をきれいにして栄養を与える育毛剤

ケモア
女性用育毛剤ケモアの口コミ、体験談を紹介

0
タグ: 育毛剤




AutoPage最新お知らせ