私、癸 環が日常の様々な出来事について語るブログです。

2012/10/12

第2回 ネジでボーリングやったるぜイエィ♪  アニメ

私の地域でも一週遅れでアニメ版武装神姫の放送が開始されました。

武装神姫は大好きだったので、とても心待ちにしていた次第ですが、さて第1話はどうだったのでしょうか?

 第1話「大切なもの見つけました」

武装神姫のいる風景が魅力的に描かれた第1話だと思いました。
マスターを起こしてくれたり、着替えや朝食の支度、家事手伝い等、神姫がいる事によって
普段の自分たちの生活はこのように変化するのだ、と言った子供の頃に憧れた未来予想図を見ているような印象でした。

物語の内容や登場人物の言動よりも、そういった世界観の方にばかり目が行っていましたね。

個人的に気になった箇所を何点か・・・。

・神姫が怪力
木彫りの熊を持ち上げたり、ダンボールをブチ破ったり等、多分にそう感じるのはフィギュアとしての神姫ばかり見てきた(自重で関節がヘタれる)からだと思うのですが。そう言ったメタ的な視点を除いたとしても、神姫は魔法で動いている人形ではなくてロボットなので、あの小さな関節に組み込まれたモーターはどれくらいの馬力なのか・・・とかいろいろと誤魔化しておいた方がいいような事まで考えてしまいましたね。

・武装の手順
武装神姫の武装は、マスターの手で装着されるハズ(それとこれと関係があるのかはわかりませんが、メイド服は手動で装着していました)なのですが。「ハァッ!!」と気合を入れるとピカッと光って武装が装着されるという方式になっていました。話の流れの都合もあるので、そうせざるを得なかったと思うのですが、いくらなんでもその技術は一体どこから・・・。

・半分凶器
第1話Bパートで、アルトアイネスとエウクランテがストリートファイトをはじめるのですが、エウクランテがボレアス(ビームマシンガン?)を撃った時に、流れ弾がアーンヴァルの持っていた手紙をかすめるのですが。かすめた箇所が焦げてしまうんですね。これには少し驚きました。

神姫は、仮想空間の中だけで戦うハズ(実際第1話のアバンタイトルでも仮想空間で戦っていました)なので、現実世界での武装は飾り物だったと思うのですが。これは最早、自我を持ったライターでは無いでしょうか?気性の荒い神姫が八つ当たりで紙類に射撃をしようものなら、火災の危険性も大いにありえるでしょう。神姫の居る世界が、決して明るいだけの世界ではないのだと思いました。


いろいろとツッコミたくなる箇所もありましたが、それは一重に、私が神姫の事を大好きだからでしょう。私の好きな神姫により多くの出番が与えられる事を祈りながら、第2話を心待ちにしたいと思います。
0

2012/10/7

第1回 ブログ始めたったwww  ニチアサ

皆様、はじめまして。
この度、気まぐれでブログを始める事となりました。

年齢故か、過去の自分と現在の自分を比較して思い悩む事が多くなった為、
未来の自分がまた同じように悩んだ時に、過去を振り返られるきっかけを設けたいと想い、
このようなブログを作成するに至ったのです。

さて・・・。
本日は日曜日ですし、私が毎週楽しみにしている日曜朝の子供番組、通称ニチアサについて
語ってみましょう。

 特命戦隊ゴーバスターズ 第33話「モーフィン! パワードカスタム」

メサイアとの戦いを終え、宇宙刑事ギャバンとの共演を経て開始された第2部の序章と言った感じでしょうか。
バックアッププログラムから復元されたメサイアのカードが各地に散らばり、時限式に活動を始めるという面白そうな展開を見せましたね。
それに加えてゴーバスターズは、バディロイドをアーマーに変化させるカスタムバイザーが登場、派手な戦闘シーンが展開されました。

1エピソードの内容としても、亜空間に消えたセンター同様に消滅しかけた学校を元に戻し、バラバラになった生徒同士を再会させるという、これまでの話のおさらいと言った感じで面白かったですね。

 仮面ライダーウィザード 第6話「キレイな花には」

好意を利用して人を騙す女性を主軸としたエピソードでしたね。
恥ずかしながら私もつい最近、好意につけ込まれて(結果的に)騙された経験をしたので、かなり観ていて痛い内容でした。ニチアサは狙ったかのように、自分の直面している悩みに似たような事を放送するので、いろいろと参考になります・・・。

ファントムのデザインがよかったですね、最初はヒトデだと思っていたのですが、調べてみると「ノーム」でした。

戦闘シーンも面白かったですね。
噴水があるからウォーターに変身するのかと思いきやハリケーンで空中からソードガンを撃ったり、ノームが土の中に潜って逃げた時もランドに変身せずにユニコーンで偵察させるなど、少し捻った使い方で関心しました。

次回に語られる、今回ゲストの女性のバックボーンが気になりますね。

 スマイルプリキュア 第34話「第一致団結!文化祭でミラクルファッションショー!!」

文化祭と言えば、私はクラスのはぐれ者だったので嫌な記憶しか無いですね(笑)
みゆき達が好意を持って豊島くんに接しているのはわかるのですが、中学生時代にそういう感じだった人からすれば、ああ言った好意はおせっかいでしか無いんですよね。今になってみれば、気にかけてくれるだけありがたかったとも言えるのですが・・・。

 もっとも、私は最後の方になると見放されていましたけどね(キリッ

ラストのファッションショーの場面は2年前のハートキャッチプリキュアでの文化祭を彷彿とさせますね。作画・演出ともにハートキャッチの方に軍配が上がりますが、スマイルではクラスメート全員が主役という豪華さもあって、どちらが良いと一概に言えないところがまた面白いところでもあります。

次回予告には驚かされましたね。
巨大ロボは、プリキュア5で5人編成になり戦隊ヒーローのようになってきた頃から期待されていた事だったのですが、流石に誰も本当に出すとは思っていないので、意外でしたね。
個人的には嬉しい反面、やってはいけない事をやっちゃったような気もするので、非常にソワソワしている次第です。


さて、本日はこれくらいにして、また次の更新でお会いしましょう。




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ