小銭を毎日入金して仕送りへ

2015/6/1 
大学生の子供には仕送りをしなければならないので大変ですが、少しでも負担を軽くする方法として、毎日小銭あるいは千円札をを郵便局のATMに預け入れして「ちりもつもれば」を実践しています。通帳には連日、おびただしい入金額が記帳されています。この金額は、子どもが毎日使う生活費を日払いしているような感覚かもしれません。超低金利の時代、小銭も通帳の中では立派な存在だと思っています。子どもはキャッシュカードを持ち、親が通帳で使い方をチェックするのと入金に手数料がかからないようにするようにしています。今までも毎月定額を入金するのではなく、結構まとまった金額を入金して3〜4か月これでやりなさい、と任せています。自分が大学生の頃は、親が毎月決まった月末に定額を振り込んでくれていました。この経験では、最初は無駄遣いしてあとはなけなしのお金でやりくりすることの繰り返しでした。いくら計画的にと思っても「くせ」になってしまうとお金の使い方は変わりませんでした。自分の子供には「考えてお金を使う」ことを身につけてほしいので、このようにまとまったお金を渡してみた結果、もう4年生になりますが、不審なお金の使い方もなく毎月同じような額を自分で管理して使っているように思えます。お金があると友達に貸したりする心配もありましたが、そのようなこともありません。また、こちらも残額が減らないよう、毎日コツコツと入金しているので、子どもがアルバイトで稼いだ分のお金はプラスとして残っていきます。このアルバイト代は就職の際に軍資金として渡してあげたいと考えています。キャッシングとその歴史
0

貯金箱の神秘

2015/3/10 
毎回思うことなのですが

なぜ貯金箱はなかなか貯まらないのか。

私は途中で使ってしまうからです。

使ってしまう人は多いと思いますが、

貯まったら嬉しいけど、ついつい手がでてしまいます。

蓋が開くタイプの貯金箱では簡単に取り出してしまいますが、

缶切りを使わないと開かないタイプのを購入しても

お金を入れる穴に定規などをいれて工夫してお金を出して

しまいます。全身脱毛 広島

出しているのは自分なのに貯金箱の中身が空になると

すごくショックを受けてしまう自分がいます。

これは貯金箱の神秘だと思います。
0



AutoPage最新お知らせ