田舎暮らしは魅力たっぷり!  田舎暮らし基本

田舎暮らしがひそかなブームとなって続いています。

専門雑誌や経験を書いた本、テレビ番組なども田舎暮らしを取り上げています。それはどうしてでしょう?今の日本では、特に大都市や地方の中心都市では、必要なものは近いところで何でもそろえられますし、一日をどう過ごそうか、あるいは暇つぶししようかと予定の決まらない休日であっても、レジャー施設や娯楽施設がたくさんあります。

お腹が空けばファーストフードの店や、コンビニなどもすぐ近くに、しかも複数の競合店がそう遠くない間隔で立ち並んでいるので便利です。鉄道、地下鉄、バスなど交通の種類と本数も恵まれています。

携帯電話が登場してますます便利な世の中になっていますね。さらにこうした文明の利器はどんどん進化しつづけ、それを求める人間の要求もとどまることなくもっともっとと、便利さや進化を望み、追求していくことでしょう。ただ、こうした快適さや利便性とは距離を置いて、もっと人とのふれあいや時間のゆとり、のんびりと静かなライフスタイルを望んでいる人も確実にいます。

それが、田舎暮らしに代表されるスローライフを求める人達でしょう。特に団塊の世代の方たちは「田舎暮らし」というより、そのうち4割は定年退職後は「ふるさと暮らし」を希望していると聞きます。サラリーマンとして戦士として猛烈に働いた人に多いようです。

豊かな自然に囲まれ、ゆったりとした時間の中で、金銭や便利さよりもメンタルな充実を求めているからです。

「ふるさと回帰」「2地域居住」「定年帰農」などがキーワードになってもいます。団塊世代の大量退職に伴い、地方では行政が上げて田舎暮らしの支援をする企画なども生まれています。田舎暮らしがライフスタイルの一環として定着しそうな気がします。

PR
東京の安いホテル じゃらん
0

 

田舎暮らし検討〜関西編  田舎暮らし地域情報

慌ただしい都会の喧噪から離れて田舎暮らしをしてみたい。ゆっくりと時間の流れるスローライフを楽しみたいと思っている方は多いことでしょう。

テレビ番組でも都会での生活を切り上げ、田舎暮らしを楽しむ熟年夫婦の日常を紹介する「人生の楽園」が人気になっているようです。都会から離れてのスローライフや田舎暮らしは、都会では得ることの出来ない多くのものを得る事が出来ます。

関西も田舎暮らしの人気スポットの1つです。「関西」の指す範囲は、大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県の2府4県を指す場合が多いようです。その中から、和歌山県の田舎暮らしについて紹介します。

和歌山県は大きく紀北地方、紀中地方、紀南地方に分かられます。紀北地方は紀の川があり昔から川の恵みを受けて人々は生活していました。平野が殆どで、近距離に関西国際空港があります。紀中地方は温暖多雨で、紀州みかんや梅が盛んに栽培されています。

海岸部にはリアス式海岸があり海水浴や釣りを楽しむことが出来ます。紀南地方は和歌山県の中でも温暖な地で、雄大な森林地帯があり木の国としても有名です。和歌山県の田舎暮らしのおすすめは、紀中地方ならばマリンスポーツも楽しめますし、車で少し走れば山もあります。

温泉もありますから仕事や趣味で疲れた体を癒せます。主に海でのんびりと余生を楽しみたい人には最適な土地です。高原の大自然に包まれて暮らしたいなら県立自然公園生石高原がおすすめです。

生石高原は別名関西の軽井沢と呼ばれていて、高山植物はもとより小動物なども見ることが出来る自然環境に恵まれた環境にあります。


0

 

田舎暮らし検討〜福島編  田舎暮らし地域情報

熟年夫婦の田舎暮らしを紹介する「人生の楽園」というテレビ番組が人気となっていますが、ストレスの多い現代社会では、都会の喧騒を離れて、のんびり田舎暮らしを楽しみたいと考えている方も多いことでしょう。

福島市は福島県の北東部に位置し、県の中心猪苗代湖から北東へ約50km、東京から北へ約260kmの距離にあります。


古来より奥州街道と板谷峠経由の米沢街道や茂庭経由の羽州街道との分岐点であり、交通の要衝として栄えた土地です。現在でも国道13号の起点であり、。鉄道では、東北新幹線と山形新幹線の分岐点となっています。

また、福島県は、首都圏からの距離も比較的近く、全国3番目の広い県土に、バラエティに富んだ自然が広がっており、多様な田舎暮らしが実現できる県です。

温暖な浜通り、四季鮮やかな中通り、歴史と伝統の会津地方。福島県は、地域によって個性ゆたかな様々な表情を見ることができます。四季折々に表情を変える自然の中では、「ちょっと住む」のも、都会と福島を行ったりきたりして「ときどき住む」のも、定住して「ずっと住む」のも、どんなスタイルでもお好みのままです。

温かな人情と語り部が伝える多くの民話。安全安心な食材で作られる郷土料理や、昔から変わらない穏やかな暮らし。

水質日本一の猪苗代湖(4年連続)や荒川、世界遺産の調査が入ったブナ林、広大な森に抱かれた阿武隈高地など、福島の美しい自然に抱かれて暮らす人々の風景は、いつの日も変わらずに訪れる人々を迎えてくれます。



0

 

田舎暮らし検討〜愛知編  田舎暮らし地域情報

熟年夫婦の田舎暮らしを紹介する「人生の楽園」というテレビ番組が人気となっていますが、ストレスの多い現代社会では、都会の喧騒を離れて、のんびり田舎暮らしを楽しみたいと考えている方も多いことでしょう。

愛知県は、太平洋に面し、大きく分けて、尾張地方、西三河地方、東三河地方の3地域より構成されています。


特に尾張と西三河の2地域は、江戸幕府の開祖である徳川家康を初めとして、多くの戦国武将を出した地域としても有名で、なかでも西三河には、トヨタ自動車などの自動車産業が集積立地しています。

気候は、太平洋岸気候区に入り、暖候期は高温・多雨、寒候期は小雨・乾燥するという特徴があります。田舎暮しを始めたものの、新しい土地に馴染めないという場合も考えられます。移住前に土地の様子を知るために、短期、長期のツアーを組んでいる自治体もあります。

愛知県では、同県出身者を中心に自然や文化の豊かな県南部で三泊四日過ごしてもらう「移住体験モニターツアー」を実施しています。

気軽に田舎暮しを体験できるということで、移住を促進するだけでなく、移り住む側にとっても無理のない定住が期待できます。また、花祭りの里・東栄町では「田舎暮らし のための 体験 講座」を開催しています。

将来田舎暮らしをしながらブルーベリーやキノコ栽培など農業を楽しんだり、山遊び、川遊び、祭りへの参加など自然な生き方を求める人々を対象にした、定住のための体験講座です。


0

 

田舎暮らし検討〜京都編  田舎暮らし地域情報

慌ただしい都会の喧噪から離れて田舎暮らしをしてみたい。ゆっくりと時間の流れるスローライフを楽しみたいと思っている方は多いことでしょう。

テレビ番組でも都会での生活を切り上げ、田舎暮らしを楽しむ熟年夫婦の日常を紹介する「人生の楽園」が人気になっているようです。都会から離れてのスローライフや田舎暮らしは、都会では得ることの出来ない多くのものを得る事が出来ます。

スローライフとはゆったり豊かに暮らすことではないでしょうか。忙しい日常の中でもほんの少しの時間と工夫で心を癒し、たとえ効率的でなくとも自分が満足できる時間を過ごすこと。

それがスローライフな暮らしの第一歩です。京都は田舎暮らしの地として人気があります。京都は、淀川とその支流の流れる平野に発達した、桓武天皇が784年(延暦3年)の長岡京に続いて、794年(延暦13年)平安京に遷都したことに始まる1200年の歴史を有する平安の古都です。

「文化財や景観が損なわれるなら、ビルやマンションなどの建設は行うべきでない」という意見は、府民全体の75%もあります。


しかしその反面、「暮らしの中に新しいことを積極的に取り入れたい」という、新旧文化のバランス感覚が京都の県民性です。京都の中で田舎暮らしにピッタリの地域は次のようなところです。

@山城地区/中世以来の寺社や近世の特徴を伝える町家、北山杉と竹林、宇治茶を生産する茶畑、点在する石仏群など。A丹波地域/レンガ建造物群、山村集落と棚田、盆地に広がる水田など。B丹後地域/舟屋、機織りの音が響く丹後縮緬の里、日本三景の一つ天橋立、海を見下ろす棚田など。


0

 

田舎暮らし検討〜外房編  田舎暮らし地域情報

熟年夫婦の田舎暮らしを紹介する「人生の楽園」というテレビ番組が人気となっていますが、ストレスの多い現代社会では、都会の喧騒を離れて、のんびり田舎暮らしを楽しみたいと考えている方も多いことでしょう。

温暖な千葉県外房での田舎暮らしは、都心にも近く田舎暮らしには、数少ないとても好条件なエリアです。


千葉県外房は、太平洋に面した海洋性気候の温暖な地域で、冬暖かく夏涼しく、一年を通してすごしやすい地域です。66kmにも及ぶ九十九里浜は、海岸線や砂浜を活用してマリンスポーツや観光漁業などの海浜レクリエーションを年間を通じて楽しむことができます。

また、房総丘陵の豊かな森林資源や美しい渓谷に囲まれた中で、豊富な農林産物に恵まれている地域でもあります。

千葉県外房は、自然に親しみ、自然の良さを体感でき、また、温泉や秋の紅葉なども楽しめます。海と花のイメージの南房総は、南国の明るい風光と温暖な気候とに恵まれた地域で、早春または厳冬のころでも色鮮やかな花々によって彩られています。

千葉県外房なら、釣り・マリンスポーツ・海水浴・潮干狩りなどを楽しみ海のそばで暮らしたい海派の方にも、菜園・ロッジ・ログハウス・自給自足もチャレンジしてみたい山派の方にも、時間がゆつくりと流れるスローライフを楽しむことが出来ます。

また、千葉県外房エリア茂原市、長生郡市では、200を超える医療機関があり、診療科目も充実しています。夜間の対応も各市町村で当番医療体制を整えており安心です。


0

 

田舎暮らし検討〜岡山編  田舎暮らし地域情報

慌ただしい都会の喧噪から離れて田舎暮らしをしてみたい。

ゆっくりと時間の流れるスローライフを楽しみたいと思っている方は多いことでしょう。テレビ番組でも都会での生活を切り上げ、田舎暮らしを楽しむ熟年夫婦の日常を紹介する「人生の楽園」が人気になっているようです。都会から離れてのスローライフや田舎暮らしは、都会では得ることの出来ない多くのものを得る事が出来ます。

岡山県は、「山陽道」のまん中の位置にあり、中国地方・四国地方の交通の要として、重要な位置にあり、古代から大和地方と並ぶ「吉備の国」発祥の地として栄え、多彩な産業・経済・文化を盛んにする大きな役割を果たしてきました。

田舎暮らしの地として人気の高い岡山県は、一年を通して雨が少なく温暖な気候で住みやすいことから、「晴れの国」と呼ばれています。また、岡山県は、温暖な気候、豊かな自然、歴史などに裏付けられた観光名所がたくさんあります。

中でも有名なのが、白壁の町並みが残る「倉敷美観地区」、花と緑と水辺のやすらぎ空間「倉敷チボリ公園」、西日本屈指の高原リゾート「蒜山(ひるぜん)高原」、中国山地のいで湯「美作(みまさか)三湯」、日本三大名園の1つ「岡山後楽園」などです。

岡山県は、中北部の大半の市町村では過疎化・高齢化が進んでいます。その対策として、岡山県と県下の市町村では、田舎暮らしを希望する団塊世代・中高年の方々を対象に、さまざまな移住(iターン)支援制度を用意しています。


0

 

田舎暮らし検討〜那須編  田舎暮らし地域情報

熟年夫婦の田舎暮らしを紹介する「人生の楽園」というテレビ番組が人気となっていますが、ストレスの多い現代社会では、都会の喧騒を離れて、のんびり田舎暮らしを楽しみたいと考えている方も多いことでしょう。

那須(なす)は、栃木県北東部、那珂川上流一帯の地域名です。現在の行政区画ではおおよそ大田原市、那須塩原市(旧黒磯市・西那須野町・塩原町の新設合併により発足)、那須烏山市(旧烏山町・南那須町の新設合併により発足)、那須郡(那須町、那珂川町)にあたります。

東京から東北新幹線で那須塩原まで約70分、東北自動車道浦和ICから那須ICで約120分。全国一の数を誇る別荘地として有名ですが、那須は開拓時代からの牧場や田畑が広がる、のどかな農村地帯でもあります。落ち着いた自然と適度な利便さを兼ね備え、ペンション・店舗や私設美術館などを始める永住者も多く、様々なスタイルで田舎暮らしができるエリアです。

スローライフとは、スピードや効率を重視した現代社会とは対照的に、ゆったりと、マイペースで人生を楽しもうというライフスタイルを意味します。スローライフは、大量生産・効率化といった考えとは反対に、時間的に余裕を持ってゆったりと生活しょう、という生活様式を意味します。

例えば、都会を離れ、地方の市町村で農業を営んで生活するというライフスタイルがこれにあたります。山間の町村では過疎化に悩んでおり、都会から移ってくる人を歓迎することも多くなってます。林業を営む山村では、若年の夫婦の移住を優遇するようなところまであります。


0

 

田舎暮らし検討〜長野編  田舎暮らし地域情報

慌ただしい都会の喧噪から離れて田舎暮らしをしてみたい。ゆっくりと時間の流れるスローライフを楽しみたいと思っている方は多いことでしょう。

テレビ番組でも都会での生活を切り上げ、田舎暮らしを楽しむ熟年夫婦の日常を紹介する「人生の楽園」が人気になっているようです。都会から離れてのスローライフや田舎暮らしは、都会では得ることの出来ない多くのものを得る事が出来ます。

美しく豊かな自然に抱かれた日本の原風景長野県「信州」。野県(ながのけん)は、本州中部に位置する、日本において、内陸側に位置する数少ない県です。長野県は自然が豊富であり、地域医療への関心も高いことから平均寿命も長い長寿県です。かつての信濃国にほぼ相当するので、一般に「信州」(しんしゅう)と呼ばれることが多く、特に観光ガイドでは「信州」と呼ばれています。

「信州」で住む・働く・遊ぶ…といった田舎暮らしを夢見ている方は多いことでしょう。八ヶ岳の高原に広がる原村は、移住者が絶えない田舎暮らしの人気スポットになっています。

この原村の取り組みを、TBS系全国ネットで放送される「来た!見た!泊まった!田舎暮らし最前線」という番組で紹介されます。

2008年12月23日(祝)午前9:55〜10:50 TBS系列にて放送予定です。移住者の実績(人口は毎年50人増加)が物語る原村の暮らしやすさの秘密や、「住んでみたい」「住んで良かった」「住み続けたい」という、その魅力が紹介されます。


0

 

田舎暮らし検討〜静岡編  田舎暮らし地域情報

静岡での田舎暮らし、静岡での定住、移住は人気があります。各自治体が「田舎暮らし」のための情報発信に力を入れるなか、静岡や長野など中部エリアの地域は、アクセス件数において上位にランクされています。

その中でも、気候温暖で富士山や半島を擁して風光明媚な静岡県・伊豆は、田舎暮らしに憧れる人々にとっての人気エリアです。静岡県の気候は温暖であり、平野部では雪が降るとニュースになるほどです。

北部には富士山や赤石山脈といった三千メートル級の山々がそびえ、ここから幾つか大きい河川が流れています。東部は火山が多く、西部には台地が見られます。熱海市から伊豆半島にかけてや富士山近辺には観光の名所や温泉が数多くあります。

茶(静岡茶)やみかん・高級メロン・温室イチゴなどの農産物の生産もが盛んです。伊豆の中でも、例えば西伊豆町は、静岡県伊豆半島の西側に位置していますが、平成17年に「夕陽日本一宣言」を行い、奇岩と海岸の地形、美しい海とのコントラストがすばらしい町として有名です。

海水浴場も多く、海岸地形は複雑でな堂ヶ島は「伊豆の松島」とも呼ばれ、堂ヶ島温泉をはじめ、温泉も豊富です。静岡、なかでも伊豆の田舎暮らしの楽しみは、こうした自然、景色と温泉、そして人とのふれあいにあるでしょう。

また、静岡県では、各市町村で団塊世代、シニア、中高年のための Uターン、Iターンで田舎暮らしをしたい・希望している方に向けて、さまざまなイベントを行っていますので、そうした情報の収集も怠らないで下さい。


0

 

田舎暮らし検討〜千葉編  田舎暮らし地域情報

千葉は、いろいろな理由も重なって田舎暮らしの候補地として人気が高い地域です。千葉は、なにより東京に近く生活に便利で気候も温暖なことから田舎暮らしの人気スポットとなっています。

千葉の海が一望できる家・山間の家・古民家・農家住宅・注文和風住宅・別荘・リゾート物件など、田舎暮らしの魅力を満喫させる要素が豊富です。千葉の田舎暮らし候補の中でも、やはり房総が一番人気のようです。

千葉県は、三方を海に囲まれ、県土の大部分が房総半島に含まれます。起伏の少ない県であり、関東平野の一部である北部は、海岸(東京湾・太平洋)や河川(利根川・江戸川など)沿いの低地と下総台地とからなっています。

南部側は丘陵地帯ですが、標高329mの鋸山や鹿野山など、観光地化されているところも多くなっています。

平地の割合が大きく、可住地面積が広いことや、東京に隣接しており首都圏の一角をなすことなどから、古くから住宅開発が進められてきました。房総半島南部は太平洋に接し、黒潮海流の影響で気候は温暖です。

夏には多くの海水浴場が開設され、冬には避寒地として多くの観光客たちが訪れます。千葉県では、各市町村でさまざまな取り組みを行っています。

その1例として、「千葉県鴨川市田植えオーナー制度 募集!」というものがあります。内容は、基本的に進んで田んぼに入り、積極的に米つくりに取り組む姿勢のある方を募集すると言うものですが、田舎暮らし体験につながるので面白いと思います。 


0

 

田舎暮らし検討〜房総編  田舎暮らし地域情報

熟年夫婦の田舎暮らしを紹介する「人生の楽園」というテレビ番組が人気となっていますが、ストレスの多い現代社会では、都会の喧騒を離れて、のんびり田舎暮らしを楽しみたいと考えている方も多いことでしょう。

千葉県房総のうち半島である部分を房総半島と呼び、現代ではこの部分のみを単に房総ということが多く、東部は九十九里浜が延び、九十九里平野が広がり犬吠埼が最東端になります。

南部は房総丘陵が広がり、南房総国定公園に指定されています。最南端は野島崎です。気候は温暖な太平洋側気候を呈し、特に南房総と呼ばれる半島南部は、菜の花で有名な観光地帯となっています。

東京より特急で安房鴨川までは約2時間。東京湾横断道路も開通し、交通アクセスの多様化による千葉県・南房総の新しい時代がやって来ました。千葉県は海の観光地として有名ですが、少し内陸に入れば、のどかな農村地帯が広がり、海と山、街と里がほどよく調和しています。

海の幸・山の幸を同時に楽しみたい方には、絶好の田舎暮らしを楽しむことができるエリアです。都会で生活する人にとって、「田舎」は癒しのキーワード。海・山・森・川などの自然に学び、自然の中で暮らす「田舎暮らし」のライフスタイルは人間本来の姿なのです。

季節の花々に囲まれ、鳥のさえずりで目を覚ます「田舎暮らし」。身の回りに自然を感じて暮らしたいと考えている人は確実に増えています。千葉県南房総では、四季折々の楽しみが残る住みやすい場所です。一度訪れた人がまた訪れたくなる場所でもあります。


0

 

田舎暮らし検討〜北海道編  田舎暮らし地域情報

熟年夫婦の田舎暮らしを紹介する「人生の楽園」というテレビ番組が人気となっていますが、ストレスの多い現代社会では、都会の喧騒を離れて、のんびり田舎暮らしを楽しみたいと考えている方も多いことでしょう。

北海道は、かつてはアイヌ(日本とロシアにまたがる北方先住民族)が住む土地で、アイヌ語で「アイヌモシリ」(人間の住む土地)と呼ばれていました。日本人はアイヌを蝦夷(えぞ)、北海道を蝦夷地(えぞち)と称していましたが、明治時代「北海道」と名づけられました。

北海道では、素材、食材そのものがおいしいので、家庭内において、日常的においしいものが食べられるのが最大の魅力です。それは、第一次産業が中心であること、豊かな大地と自然のおかげでしょう。

北海道は農業大国です。広い大地を生かして、畑も広々としており、大規模農業が主です。北海道の代表的な農作物と言えば、米、麦、とうきび(とうもろこし)、ジャガイモ、かぼちゃ、豆類、ビート(てんさい)、メロン、サクランボなどが有名ですが、キャベツや白菜、葉物、トマトやナス、キノコなど様々な種類の農産物が生産されています。

北海道の各市町村では、様々な移住定住施策が用意されています。内容は以下のようなものです。住宅や土地取得のための助成・農業漁業等への就業支援・単身勤労者向け賃貸住宅の建設・空家情報の収集と提供・就業のための情報提供・移住体験ツアーやショートステイ実施などです。

0

 

田舎暮らし検討〜岡山編  田舎暮らし地域情報

熟年夫婦の田舎暮らしを紹介する「人生の楽園」というテレビ番組が人気となっていますが、ストレスの多い現代社会では、都会の喧騒を離れて、のんびり田舎暮らしを楽しみたいと考えている方も多いことでしょう。

岡山県は、南は瀬戸内海をはさんで四国に、北は山陰地方に接し、東は兵庫県、西は広島県に接しています。

昔から中四国地方の交通の要衝として重要な位置にありました。県南部では穏やかな瀬戸内海とそこに浮かぶ多くの島々が美しい自然を形成し、県北部では緑豊かな山々と美作三湯として全国的に有名な温泉に恵まれています。

春は高原でのんびり、夏は海で涼しく、秋は紅葉狩り、冬は雪山でスキーや温泉…と四季折々で地域の特色を満喫できます。また、温暖な気候や豊かな自然に恵まれ、昔から美味しいものがいっぱいです。

岡山県では、岡山県に興味のある方、田舎での生活に興味のある方に向け、県内観光情報や県内の豊かな自然の情報、農林漁業体験ができる施設の情報などを、具体的に定住を検討している方に、生活・就業をサポートする施策・研修などの情報を提供しています。

UIJターン希望者へ、各市町村の定住支援に関する制度を紹介します。くらし・住まいのサポート。定住時の大きな負担の1つが住まい探しです。住宅建築費や家賃の補助などを実施している市町村もあります。就職・就農のサポート。


Uターン就職セミナーや、就農体験研修などを実施している市町村もあります。教育のサポート。子育て支援のために出産祝金や通学補助などを実施している市町村もあります。


0

 

田舎暮らし検討〜広島編  田舎暮らし地域情報

広島での田舎暮らしに付いて調べてみました。広島県は日本の本州の西端の中国地方に位置し、瀬戸内海に面した県です。

瀬戸内海には大小合わせて約140個の島があります。広島都市圏を中心とする工業(主として自動車産業)・商業を中心に、海、山の豊富な自然にも恵まれ、農業・漁業も盛んです。また、安芸の宮島と原爆ドームの二つの世界遺産があり、国際的な知名度も高いのが広島です。

広島県が一昨年末、県内への定住を促進するためのポータルサイト「広島暮らし」を開設しました。

これは、広島での田舎暮らしを実現するには大いに役に立ちます。不動産関係団体と協定を結び、広島県内の空き家や分譲・賃貸物件情報を紹介しているほか、県内23市町の定住相談窓口、定住体験談などを掲載し、広島県と全市町の定住・交流情報を網羅しています。

県は一昨年4月から、県外から広島県に定住をすすめる取り組みを始めています。県の交流・定住促進の取り組みは、少子高齢・人口減少時代の到来、中山間地域で人口減少と高齢化が加速していることなどのほか、団塊の世代の大量退職で労働力人口の急激な減少が見込まれる一方、

地域で交流や定住のための受け皿を整備し受け入れることは、地域の活性化に役立つことが期待され、都会の喧騒を離れて、のんびり田舎暮らしをしたいという人が増えているといった、新たなライフスタイル志向の高まりを受けてのものです。


このように受け入れ態勢が整っていると言うのは、田舎暮らしの生活をスムーズに始めるのに大きく働くことでしょう。


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ