2014/12/9 | 投稿者: includen

君と結ばれて
気分がいいんだ。君もそうだろう?
うまく言葉にできないけど嬉しいんだ。
愛し続けると誓うよ。だからね。ずっと
近くで微笑んで。温かい笑顔で。
君だけのぬくもりを感じたいんだよ。
約束しよう。2人だけの絆にしようよ。
お願いしたから。愛が続きますように。
君の激励が効いたのかな。気持ち
が強く強大に。ふしぎだね。こういうの。
どれほどの目に逢おうとも
?勝てるよ。
絶対勝つよ。君が
共にあるからさ。みなまで言わせないでよ。
豪雨の降り止まない草原に
天使のような君が目に焼き付いているよ。
悲しげな顔だったね。あの顔
を見るつもりはなかったんだ。そうなんだよ。
君が気づくより早く隠れてしまったけどね。
初めて会ったあの日から
嫌いになんてなれないよ。
見つめている君が何より愛おしかった。常にこころの風景には
君がいた。もっといてほしいよ。
それは終焉のようで。例えば
どんなに荒れ狂っていても。
鮮やかな色彩が忘却の彼方へ去っても。
どこからともなくやってきた君が
激励してくれた。嬉しかったんだ。
汗を拭うのも惜しんだ君が
麗しいっていうのかな。
強引に伸ばされた手が
癒しをくれた。心身を温めてくれたよ。
守護者に見守られているようで。
照れたように笑ってくれたね。
パンをくわえて走る
君に恋してる。恋愛してるんだよ。
小さな口を懸命に動かしていたよね。
でもね。天下無敵の君は
嫌いになりかけたんだ。正直ね。
君は打算なく好いてくれていたけれど。
いじわるな君よりも。
可能な範囲で温かく
?包み込んでほしいよ。
いつも笑顔を振りまいている君は
なんとなくほっとするんだよね。
楽しむことに全力投球な姿を見せられるとこっちだって嬉しくなるんだ。本当だよ。
君が怒るのは好きなんだ。楽しいから。困った顔や怒った表情を眺めるのが趣味。
からかってごめん。反省してるってば。
いつも思うけど。君は楽しすぎるよ。
反射的にかな。君で遊びたくなるんだ。
感謝する喜びを知っている
君でいてほしい。これは願いだよ。
万が一はぐれてしまっても。
君の存在を忘れるわけがないから。
君だけが振り向いてくれたことが
幸せを実感させてくれるから。
愛し合う記憶がすべてだから。
覚えていると誓ってね。信じてるから。
忘れることのないあの夕暮れに。
?運命が変わったんだ。
スキンシップが増えて。
心が癒された。
いつもそばで支えてくれたから。
諦めない粘り強さをもらったよ。
君に伝わる表現を探してるんだけど。
言葉にするのって難しいね。
?ありがとう。
みんなに愛される君に送るよ。
君が事件に巻き込まれてしまっても
誰よりも早くみつけるから。
不安な日々を送るようなことがあれば。
誰よりももっと
早く助けるよ。そうしたいんだ。
繋いだ手を離さないで。
永遠に傍にいてね。
二人三脚で行くよ。
ずっと。ずっとね。
初めて与えられた居場所のありがたさを
もっと多くの人々に聞かせたい。
何かを変える力を秘めた
幸福で満たされる歓びを。
叫びが増幅されて
ミノキシジルは女性にも効果的?
[NICE]

2014/12/8 | 投稿者: includen

君の運命とつながって
いいに決まってる。本当に。
感謝しています。すべてに。
心から願うよ。いつも
君のすてきな歌声に共鳴したいんだ。
2人だけの
約束してもいいと思ってるんだ。
?願いは叶うはず。
君の薬はよく効くね。メンタル
が強大になってゆく。驚いただろう?
とても大変なことが起こっても
負ける?あるはずないだろう。そんな展開。
いつも二人が
一緒だからさ。2人の力は強いんだ。
雪が降り積もる高原に
?君がいた。
放心していたね。あの横顔
を見続けているだけなのが情けなかった。
君も気づいていたくせに。絶対に。
?その時から
気になるさ。君のせいだよ。
いつもじゃないけどね。見てたんだよ。
いつも胸中を満たしている
君がいたように思う。気のせいじゃないよ。
それは漆黒よりも暗く。未明の空が
例えどんなに閉ざされていたとしても。
幸福の意味を見出せなくても。天使に祝福された君が
何気ない風を装って救ってくれた。
汗を拭うのも惜しんだ君が
眩しくて愛らしかった。
柔らかい君の肌が
悪夢を追いやってくれたんだ。
例えて言うなら祈祷師の祈りのように。
笑顔を向けてくれたんだよね。
カレーを飲み干す
君が好き。どうしようもないくらい。
遠慮を知らない素晴らしさを教えてくれたね。
でもね。天下無敵の君は
困難の代表だったね。
君が不器用なのは天性のものだけど。
怒った君も素敵だけど。丁寧な感じで
毛布でくるむようにお願いするよ。
敢えて言えば勇気のみなぎる君は
胸の内にぬくもりが宿るんだ。
思いっきり叫ぶ君を見ると
心が弾むよ。嘘じゃないよ。
しかし体全体で怒りを表現するところとか。
わざと怒った風に見せるところも好きなんだ。
意地悪して悪かった。謝るよ。ころころ変化する表情に飽きなくて。
遊びたくなるのは君が魅力的だからさ。
みんなに大人気の
君を大切に思うよ。
たとえ世界が終焉を迎えても。
永久に続く愛情を君へ贈るよ。
こうして遭遇した運命が
かけがえのない宝物だからね。
すべてを共有できたから。
どこに行こうとも忘れてはいけないよ。
忘れることのないあの夕暮れに。
影響を受けていたんだね。
衝突が激減して。
真に満足できたんだ。
繋いだ手を離さずにいてくれたから。正義を貫く信念をくれたんだ。
君の心に届けたいんだけど。
言葉にするのって難しいね。
いつも感謝してるんだ。
艶やかな君に届けるよ。
君の方向音痴が克服できなくても
そう時間をかけずに到着するよ。
不安な日々を送るようなことがあれば。
?きっと誰よりも
早く会えるはずだから。
繋いだ温もりを感じていて。
側で笑顔を見せていてね。
ふたりで支えあって生きて行こう。果てしなく。
君が届けてくれた温かい心を
いろいろな人に伝えたい。
能力が開花するかのような
愛し続ける嬉しさを。小さな呟きが小波となって
タバコは肌にも、頭皮にも良くありません
[NICE]

2014/12/7 | 投稿者: includen

今更だけど君に出会えて
良かったよ。今でも思ってる。
いつだってありがとうといいたいよ。
ずっとずっと永遠に
もっと近くに寄り添っていて。
君に誓うよ。永遠を願う
揺るがない約束だよ。安心して。
君のための願いだから。
君という名の薬が育てた心
が弱かったなんて信じられないよ。
絶壁が立ち塞がろうとも
負けるわけがない。君を守るためだから。
とこしえに愛させてくれる君といっしょならばね。
雪が煌く草原の誰もいない所に
君をみつけた。
近寄り難い姿が目に焼き付いたんだ。会うまでね。
あのね。君に気づいてて欲しかったんだけど。
ちょっと前からかな。或いはもっと前から
好きになりすぎてどうしようかと思ったよ。
見つめている君が何より愛おしかった。あのね。心の風景画には
君がいてくれるよね。ずっとだよ。
月光の寒々しい夜空が
度重なる災厄を思い起こさせても。
人に愛される喜びを忘れてしまっても。
颯爽と現れた君が
励ましてくれたね。覚えているよ。
駆けつけてくれた姿が
直視できなかった。眩しいってことさ。
体中で接した君が
かわいがってくれたね。忘れないよ。例えて言うなら祈祷師の祈りのように。
優しく抱いてくれたね。
激辛のカレーパンをまぐまぐやる
君に首ったけ。歌うよ。
君が伝説を作ったんだ。
周りの迷惑を考えていない君は
好きな気持ちがぐらいついたよ。
君がくれた愛は大事にしてたけど。
怒った君も素敵だけど。例えば君が爆睡するときのように
後ろから抱き締めて。優しくね。
舞い降りる雪を食べようと跳ねる君は
生きるってすばらしいよね。とか思うんだ。
君が笑顔で眠っていると
こっちも負けてられないよね。
君の長所でもあり短所でもあるけど。
困ったときはいつも無表情になるよね。
からかってごめん。反省してるってば。
情緒豊かな君だから。だからだよ。
ついね。楽しすぎて。遊びたくなる。
頑張り続ける
君を誇りに思うんだ。実感してる。
連絡手段が全くなくなったとしても。
ずっと愛しているよ。忘れないで。
君だけが振り向いてくれたことが
本当に嬉しいと感じられるから。
繋がりを大切に思わせてくれたから。
いつも忘れることを恐れていてね。
忘れることのないあの夕暮れに。
第二の人生が始まった。
遭遇が増えて。
生きる喜びを初めて知ったような気がする。
支えてもらうありがたさを教えてくれたから。
できない気持ちを払拭してくれた。
君のポストに届くかな。
言葉にするのって難しいね。
精一杯の感謝を。
天使のようにかがやく君に送ります。
君が行方不明になってしまっても
すぐにみつけてみせるから。
他人が君に気づかなくなってしまっても。だれよりもずっと
早く会えるはずだから。
手を離さないで。
いつも見守っていてね。
2人で。2人だけで行こう。
いつも。いつまでも。
はじめて伝えられた言葉を
多くの人に伝えたい。もっとね。
やる気をもたらす
至福を味わえる満足感を。
ささやかな呟きが大きくなって
シャンプーの姿勢に、こだわる理由
[NICE]

2014/12/6 | 投稿者: includen

いまさら言うのも照れるけど君で
見えない力を信じるようになった。
恥ずかしくて言いにくいけど感謝してる。
何が起こってもずっと
手を繋いでいてね。ずっとだよ。
君と2人だけだ。2人だけの
さあ。小指を出して。約束しよう。
運命は君と共にある。そうだよね。
驚くべき真相。これほど心
がきっともっと強靭になるんだ。
たぶん大丈夫。どんな運命だって負けるわけがないだろう。きっと。
愛する君と
共にあるからさ。みなまで言わせないでよ。
明朝の太陽が綺麗で。露に濡れた草原に
運命かもって思ったんだ。君しかいないだろ。
近寄り難い姿がとても綺麗で。鮮烈だったんだよ。
?君は気づいていたのかな。
ちょっと前からかな。或いはもっと前から
幾度も君に夢で逢ってたんだよ。
君の輪郭を目でなぞってたんだ。
会える日が減っていってもこころには
君がいると確信しているよ。きっとね。
花火を思い出せない夜空が
例えどんなに閉ざされていたとしても。
平和を願わずにはいられない時も。
あれはそう。突然遭遇した君が
救ってくれたはず。嬉しかったよ。
涙に濡れた頬を隠した君が
格好良くて綺麗だった。
細いのに力強い君の手が災難を払拭してくれた。君がだよ。
邪悪を退ける結界のようで。
シチューをありがとう。また作ってね。
トーストをくわえてジョギングする
君を愛してる。愛しているんだ。
君の伝説。大したものだよ。まったくね。
周りの迷惑を考えていない君は
困難の代表だったね。
君の気持ちには気づいていたんだけど。
?どうせならね。
陽光を吸い込んだお布団のように
寝かせてほしいんだ。
君が元気に過ごしているのを見ると
楽しくなるんだ。君もそうだろう?
君が笑顔で眠っていると
力がみなぎってくるんだ。
他に言うなら怒りすぎなとことか。
眼光鋭い君も好き。本当だよ。
反省はしてるんだ。でも時々忘れたり。
君を観察するのが日課だからさ。
本能的にからかうようにできてるんだ。
世界を変えられる力を持つような
君でいてほしいと願ってる。
万が一離れ離れになることがあっても。
ずっと思っているよ。信じていいんだ。
こうして遭遇した運命が
最高の幸せだから。
君とのつながりが大事だから。
思い出を大切にしてほしい。
運命の巡りあわせの瞬間。
空が光り輝いた。そう思ったんだ。
肩を抱いて。
あふれる生命を感じたんだ。
愛情を注いでくれたから。ありがとね。
正義を貫く信念をくれたんだ。
どう言えば伝わるのかな。
君だったらきっと受け止めてくれるよね。
感謝してるんだ。
雰囲気の温かい君に送ります。
君がどんな事件に遭遇しても
すぐにみつけるよ。君のためだからね。君がたとえ分からなくなってしまっても。
ずっと
すぐに会えるから。ちょっと待っててね。
繋いだ手を離さないで。
いつも見守らせてね。
二人で進み行くよ。
ずっと。いつまでも。
はじめて届けられた心を満たす感情を
多くの人に伝えたい。もっとね。
?心を満たす
永遠を感じる幸福の気持ちを。
細々とした声が響きわたって
更年期の薄毛は急減した女性ホルモンが原因
[NICE]

2014/12/5 | 投稿者: includen

邂逅した君と繋がって
気分がいいんだ。君もそうだろう?
恥ずかしくて言いにくいけど感謝してる。
永遠を感じられるほどに
鼓動を聞かせてね。君のメロディーを。
運命共同体だから。君との
約束したからね。この命にかけて。
願いはきっと叶う。そう信じてる。
勇気が湧いてくるようだ。テンション
が強靭になる。だから
たぶん大丈夫。どんな運命だって勝つと思うよ。心配しないで。
尊敬しあう二人が
一緒にあるのなら。とてもすてきなことだよ。
いつだったか。事件の翌日に
君をみつけた。
そんな君
がとってもすてきで。うん。綺麗だった。
だからね。ずっと知ってたんだ。ずっとね。
初めて会ったあの日から
気になってしょうがなかったんだ。
君の存在だけを大きく感じていたんだ。
会える日が減っていってもこころには
君がいるはず。どこにも行かないで。
吹き飛ばされそうな強風の吹く空が
曇っていようとも。
?恐怖に満たされているときも。
ころころと笑う君が
涙を拭いてくれたよね。ふふふ。
現れた格好が
当社比2倍増しぐらいに綺麗だった。
柔らかい君の肌が
心地良かった。
精霊の加護みたいなものかな。
生きるありがたさを感じたよ。
早食いコンテスト常連の
君を愛している。愛おしいんだ。
君の歴史。真似なんてできないよ。だけど横暴な君はね
苦手。当たり前だろ。すごくね。
君のすることなら許せるけどね。
オーダーお願い。聞いてほしいな。
春のそよ風のように
祝福してほしいな。君だからだよ。
?喜んだ顔は
生きるってすばらしいよね。とか思うんだ。
全力で生きる君を目にすると
力が漲るよね。
時々君が見せる怒り方とか。
?無表情を装っているのも好きなんだ。
すまないと思っているんだ。信じてよ。
喜怒哀楽を表現するのが上手いよね。
なんていうか。楽しいんだよ。
能力に恵まれた
君を世界に響かせてね。
たとえこの生命が尽きようとも。
ずっと気にかけてる。心配しないで。
君だけが視界に捉えてくれたことが
幸せを実感させてくれるから。
すべてを共有できたから。
いつも忘れることを恐れていてね。
君と視線が絡み合って離れなかった時。
色彩が鮮やかになった。
気持ちが通じ合って。
生きる喜びを初めて知ったような気がする。
いつだってそばで笑っていてくれたから。
危機を好機に変えてくれた。
君は受け取ってくれるかな。
君なら受け止めてくれるかな。
いつも感謝してるんだ。
天使のようにかがやく君に送ります。
君の存在を感じられなくなっても
すぐにみつけるよ。君のためだからね。君が心細さにおろおろしてしまっても。
誰よりももっと
早急に駆けつけるから。
手をいつまでもつないでいてね。
密着していてね。恥ずかしがらないでよ。
2人で。2人だけで行こう。
永久に。
初めて与えられた居場所のありがたさを
もっとたくさんの人々に伝えていくよ。
愛される喜びがもたらす
愛し続ける嬉しさを。つぶやきがだんだんと大きくなって
更年期の薄毛は、和食で治しましょう
[NICE]




AutoPage最新お知らせ