| 投稿者: SUMIKO

整体の予約が取りにくくなっています。
教室が重なっていることもあり、特に金曜日、土曜日の予約が取りにくくなっています。
ご予約はカレンダーでご確認の上、前日か前々日が確実になります。お願いいたします。

また授業中は固定電話、携帯ともに受けることが出来ません。
留守録にお名前、電話番号をおっしゃって下さい。授業終了後連絡いたします。

ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いします。
0

2017/6/13 | 投稿者: 院長

この日は橋下千春先生をはじめ細川雅美先生や北田洋三先生たちもお見えになり、活気あふれる会となりました。
中心となる講師は奈良操体の会の北田翰男先生です。
先生はいつも手づくりで独自の道具を使って分かりやすい説明をしてくれます。
この日はどのくらい歪みが是正されたかがわかるレーザー測定器を使っての実験をしました。
被験者本人の内部感覚もさることながら、第三者の目からもハッキリ分かるので、全員感嘆の声。
被験者の動きへの抵抗は操者の手を使うだけでなく、クッションなど道具を使うことも場合によっては必要ということも皆の知るところです。
何も使わないようでも床や自身の体重が抵抗になっていたりします。
そこで私が考案したヒモ操体を少しご披露しました。もちろんヒモが抵抗の役目をする方法です。
なんと、千春先生や、他の先生方にもいい方法だと認めていただき自信がつきました。
動きの基本をマスターすれば操体はどんどんアイデアが浮かんできます。
これからますます楽しみな操体の世界です。熱く語れる場はそう多くはありません。今回は大阪で盛り上がりました。

クリックすると元のサイズで表示します
手狭な会場は熱気溢れて。
クリックすると元のサイズで表示します
手作りの計測台とレーザー測定器で歪みが一目瞭然。
0

2017/5/30 | 投稿者: 院長

5月26日に予定の樹林気功は残念ながら雨のため中止。
いつもの教室(東金中央文化会館)で智能功・「光の瞑想」の練功となりました。
チベット密教の流れをひいたこの気功は「環性補脳」と言って、もっとも強い性エネルギーを仏性の花に変えて脳のエネルギーとして補うことができます。
天からの光が掌を通過するとき、細かい光の粒子となって霧雨のように体に降りそそぐイメージは最高です。
終了後、お弁当での昼食がナシになってしまったのが諦めきれない私たちは「リトルチャイナ豊」のランチに行きました。
光の瞑想では仏性の花が咲きましたが、ランチでは会話に花が咲きました。

樹林気功は9月22日に延期しました。
 場所未定(再度ブログ等でお知らせします)
0

2017/5/17 | 投稿者: 院長

気功教室では毎年5月か6月に樹林気功を開催してます。

私たちは日常、仕事でも生活でもたくさんの情報を取り込んだり、処理したり、脳の前頭葉をフル回転で働かせています。
ヒートアップ寸前です。樹林気功で、大自然と一体になった感覚を味わい脳を休めてみませんか?
何かが変わるかもしれません。
興味のある方。気功教室未参加の方も是非体験してみませんか。
お弁当持参でおいでください。

日時/5月26日(金) AM10:30
場所/八鶴湖畔の谷児童公園
※初参加希望の方石塚まで電話ください。(090-3003-3129)

2010年6月11日大網市内の公園にて

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/5/16 | 投稿者: 院長

季刊誌「春ぴあ」で、「ムーミン列車」のことを知りました。
いわゆる「ラッピング列車」なんですが、千葉県の房総半島の中腹をのんびり走るローカル線「いすみ鉄道」で、大原駅〜上総中野駅の26.8kmを結んでいます。
ちょうどいすみ方面に用事があったので、ラッキー♡♡♡とばかり乗ってきました。
ムーミンのおなじみのキャラクターが線路に沿って置いてあってムーミン谷のようだということでしたが、版権の問題でほとんど撤去されていました。 ちょっと残念。
でも車窓を」流れる景色は夢のようで行きも帰りも運転席隣の先頭に陣取り、ずっと立ち詰めでしたが充分満喫しました。
まるでムーミン谷の中を走っているようでしたから。
電車の外装は楽しいムーミンたちのキャラクター。車掌さんもフレンドリー。
国吉駅の小さなムーミンショップで大好きなスナフキンの水筒やハーブティーなど小物などたくさん」買ってしまいました。
昼食は国吉駅近くの喫茶カトレアでパスタのランチ。
壁にはムーミンの声優さんのサインがふたつばかり。
気さくなスタッフとのおしゃべり。私の若き日のアニメーター話になったら色紙にムーミンを書くことに。
ちょっと太めのムーミンななったけど、オーナーも喜んでくれたから、ま いっか。

いすみ鉄道のムーミン列車。機会があったら皆さんも乗ってみたら。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/4/13 | 投稿者: 院長

イベントなどがある日に悪天候でやる気をなくしたこと、ありませんか?
中止にならない限り、私はめげずに出かけます。
何故ならそんな時にいい出会いが多いからです。
そんなイベントで知り合った人たちって
めげないタイプ、しっかりタイプ、個性的なタイプ、しっかりタイプが多いです。
残念な天気だったからこそです。
かといってわざわざ悪天候の日を選んでの危険な挑戦はしないでください。
それはアブナイ人たちのすることです。
0

2017/4/6 | 投稿者: 院長

今更ですが、話題の「君の名は」出先で時間が余ったので見てきました。
あらかじめ聞いてたので「男の子と女の子の心が入れ替わる」というある意味定番のラブストーリー。夕焼けや空のシーンがとても美しかったこと。
ところが話が進むにつれ、時間と空間が交錯してくる展開は新鮮でした。
話が進むにつれて段々ハラハラする展開になんだか東日本震災当時のことが私の中で重なってきます。
映画は一応ハッピーエンドでしたが、時空間の交錯や心の入れ替わりの理屈の設定がほとんどスルーされているのが物足りないかなぁ。
シン・ゴジラほどではないけど東日本大震災の衝撃への創作する立場からの回答かな?
0

2017/1/3 | 投稿者: 院長

酉年、あけましておめでとうございます。
皆さんは観覧車に乗って下を見たとき、自分が鳥になって下界を眺めているような気がしませんか? 上がるにつれて景色が段々小さくなってゆくのは見ていて楽しいですね。
もし鳥になれるとしたら何になりたいですか?
カナリア? 大ワシ? 私は火の鳥になってみたいです。火の鳥は時間の流れを旅する鳥です。過去や未来へ行って、その時代に生きた人々の心模様をジッと見守る鳥です。
昔、手塚治虫の「火の鳥」を読んで何てスケールの大きい物語だろうと衝撃を受けました。火の鳥になって異次元を飛んでみた時、何を目にするだろうか。
生命の本質を垣間見たりするのだろうか。生命の本質を垣間見たりするんだろうか。トリとめもなくこんなことを考えてしまいました。今年も、気功や整体で皆様と楽しく過ごしたてゆきたいと思います。よろしくお願いします。

ロータスヴィラ新聞 平成29年 新年号から転載)
0




AutoPage最新お知らせ