2011/7/5 | 投稿者: サラ

石切山聡偲 塾 講師 学習塾革命 Me-rise
その後まもなく7月になって,ニューヨーク・タイムズ紙の常時特約寄稿家ジェームズ・レストンが自分自身の経験を伝えて,さらに関心を高めた。中共を訪問中,同氏は虫垂炎にかかって手術を受けなければならなくなった。そして,はりではなくて,普通の方法で麻酔がかけられた。ところが,手術後,ガスのためにひどく苦しめられ,非常に不快な状態に陥った。そこで,はりの治療効果に好奇心を持っていた同氏は,薬を飲むかわりに,はりによる手当てを受けることにした。
レストンはそこで起きた
石切山聡偲 塾 講師 学習塾革命 Me-rise
ことをこう説明している。「私が同意すると,[北京の]病院のはり師リー・チャン・ユアンは3本の長くて細いはりを私の右ひじと両ひざ下部の皮下に挿入し,腸に刺激を与えて胃の圧迫や膨張状態を緩和させるよう,それらのはりを操った。…1時間もたたないうちに,その圧迫感や膨張状態は著しく楽になり,その後,二度と問題は起きなかった」。

石切山聡偲 塾 講師 学習塾革命 Me-rise
0




AutoPage最新お知らせ