2013/2/22

胃潰瘍の方が多い  

胃潰瘍と十二指腸潰瘍はよく似ています。
空腹時に痛むのが胃潰瘍で、食後に痛むのが十二指腸潰瘍ですが、この二つは原因もよく似ています。
胃で消化された食べ物は、胃酸の力もあり、強い酸性を持っています。その度合いが十二指腸の持つ防御機能よりも強い場合に、潰瘍が出来ます。
胃潰瘍の方は防御機能が弱まっている場合に起きることが多いので、逆といえば逆ですが、胃潰瘍でも胃酸が強すぎて侵食することは十分にあります。
ちなみに患者はいずれも男性が多く、二つを比べると胃潰瘍の方が患者数は多いです。

胃潰瘍の真実
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ