はじめに  回想録


プログラマ(PG)、システムエンジニア(SE)という肩書きの元、二十余年。
業務に勤しむ毎日を、特に不自由なく送ってきたつもりでしたが、
この度、自身の人生観を一変させる出来事に遭遇し、考え、悩んだ末、
業界から身を退き、新たな人生を歩む決意を致しました。

その結果、現時点で、住所不定ではありませんが無職。
次の仕事を考えるべきところなんですが、
経歴が経歴だけに、他の業界への転出も(条件的に)難しく。
このご時世、そんなに旨い話があるわけでもなく。
コネもなく。

使わず(使えず?)終いで、それなりに貯め込んだ貯蓄があることですし、
無理に再就職を焦ることもないか、と開き直ったことで、
いろいろ首を突っ込んでみたいことに使える時間も増えましたので、
ここで今までの自分自身を振り返ってみることにしました。

コソコソと自己満足に浸りながらチラ裏(ノート)に書くのもありですが、
IT業界に籍を置きながら、実はSNS、ツイッター、ホームページ開設は未経験、
ブログですら流行り始めの頃に齧っ(てすぐやめ)たことがある程度。

まずは勉強がてら、一度は立てたブログ再び。
過去を回想しながらの日記を残すことにしました。
それで、自分自身に対する新たな発見があれば儲けもの。

でも、個人を特定されたり、元業界が業界だけに
情報守秘義務に引っ掛かったりすると大問題ですので・・

このブログに記述されることは「ほとんど」フィクションです。
特定の人物、団体等には「ほぼ」関係はありません。

では。
0

2012/2/11

反省  回想録


自分の中で過去を整理するためと思って書き始めてはみたものの、
書きたいことの時系列や出来事の相関がもう無茶苦茶で、
どうしていいか分からなくなってしまいました。

たった3日しか書いてないのに。
疲れてんのかな。

しばらく間を置いて、うまく書けるようにちょっと頭の中をまとめます。
0

2012/2/6

カセットビジョンの登場  回想録


次に現れたのは、カセットビジョン。
1台の機体で、複数のソフト(カセット)を差し替えることで
いろいろなゲームが楽しめる、というもので、
当時は画期的、テレビCMも流され、正に夢のようなおもちゃでした。

ドットの粗さは相変わらずでしたし、今となっては「与作」くらいしか
ゲーム内容も思い出せないのですが。

近所の「おもちゃ屋」(ゲームショップにあらず)にデモ機が置かれていて、
私も含め、大勢の小学生が入れ代わり立ち代わりで遊びました。
なぜか、私の周囲には購入した友人がいなかったのですが。

で、ブロック崩しのときと同様に父にねだりましたが、
残念ながら、買ってもらうことはできませんでした。

本(漫画や雑誌は除く)をねだれば、ほいほいと買ってくれたんですが、
ゲーム機はダメでした。
親として、子への躾けとしての考え方があった、ということだったんですが。
0

2012/2/5

コンピュータへの興味の発端  回想録


いちばん「それらしい」ものということで。
小学校低学年から中学年の頃。
友人宅にあったテレビゲームで遊ばせてもらったことですね。

その友人の家庭は裕福で(父親が社長さんだった)、家も巨大。
さすがにお手伝いさんや、メイドさんや、執事さんはいませんでしたが。

その友人は引っ越してしまい、連絡先も分かりません。
後日書くことになりますが、こういう人との繋がりが大事ということが
全く分かっていないことが私という人物の欠点です。

話がずれました。

テレビゲームですが、ファミコンではなく、
もっと前にあった「ブロックくずし」。
テレビに映ったもの凄く粗いドットで描かれたバーを
ダイヤルで左右に動かし、もの凄く粗いドットを打ち返す。
そんな単純なゲーム。

ゲームモードはいくつかありましたが、壊すブロックの配置が変わるか、
常にドットが貫通モードになってるとか、それくらいの違いだけ。

それでも夢中になって遊びました。
全てブロックを消したときの爽快感は今でも忘れません。

帰宅後、父にねだりましたが、
彼の家とは比べてはいけないほど収入に差がありましたので
残念ながら、買ってもらうことはできませんでした。

懐かしい思い出です。
今、その旧友はどうしているのか。
父親の会社の名前すら聞きませんでしたので・・
子供同士で遊ぶのに、親の仕事など関係ありませんでしたから。
後を継いで無事、社長業をなさっているのかもしれません。
0

2012/2/4

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ