2009/10/6

ジャガイモと出会い  


☆★☆★☆★☆★☆★
セフレが欲しい♪Hがしたい♪
[i][s][ez]
☆職業別・地域別・年齢サーチ☆
出会い/童貞/逆援
人妻/ナース/OL
☆★☆★☆★☆★☆★


日本では単に「芋」セフレというとたいていの人がジャガイモ、サツマイモ、サトイモのいずれかを思い逆援浮かべるほどポピュラーな食材であるため、呼び名も様々ある[1]。

「ジャガイモ」という呼び名逆援[2]は、これが16世紀末、出会いオランダ人によって日本にもたらされた当時のジャカルタが「ジャガタラ」と呼ばれていたため、「ジャガタライモ」と呼ばれたことに起因する。これが変化して現在のジャガイモという童貞呼び名になった[3]。その他の説としてはジャワ島の芋の意味のジャワイモが変化した[4]、天保の大飢饉で、ジャガイモのおかげで餓死を免れた事から呼称された「御助芋」が転じたもの[4]など諸説がある。

「馬鈴薯」(ばれいしょ)という呼び名[5]もよく用いられる。これは中国での呼び名のひとつと漢字が同じで、童貞応援中国語で読むとマーリンシュー(ピン音 mǎlíngshǔ)となる。18世紀に近所近所日本人の小野蘭山が命名したといわれているが、中国名をそのまま輸入したものなのか、新しく付けた名前がたまたま中国名と同じだったのか、それとも小野蘭山の命名が中国に伝わったのかは明らかではない。一説には、ジメル友ャガイモの形が馬につける鈴に似ているという事からこの名前になったという[3]。また、「マレーの芋」という意味からこの名前が付けられたという説もある。なお、中国ではほかに「土豆」(トゥードウ)、「洋芋」(ヤンユー)、「薯仔」(シューザイ)などの呼び方もある。

地方名として、「きんかいも」アイドル待受とも呼ばれる(「きんか」とは金柑転じて禿げのこと)。また、1年に2〜3回収穫できることから「にどいも(二度芋)」「さんどいも(三度芋)」とも呼ばれる[6]。「南京イモ」「ごしょいも[7]」と呼ばれる事もある<[4]。

痩せた土壌でも栽培しやすく、ビタミンやデンプンが豊富に含まれている上に、茹でる等の簡単な調理で食べられ、加熱してもビタミンがメル友壊れにくいジャガイモは、江戸時代に幾度となく発生した飢饉の際に、サツマイモと同じく主食である米等の穀物の代用品として食べられ、ジャガイモによって飢餓から救われたという記録が残っている。このために「お助けイモ」と呼ばれた事がある[8]。また、飢饉の際にジャガイモ活用を勧めた代官の名を取って、「善太夫芋[9]」「清太夫芋[10]」と呼んだ地方もあった[8]。

そのほか、オランダ語のaardappelからきた「アップラ」「アンプラ」「カンプラ」という呼称も存在する[1]。

英語のpotatoの語源は、タイノ族の近所近所言葉でさつまいもを意味するbatataがスペインのスペイン語のpatataに変化したものによる[11]。なお、ケチュア語や中南米スペイン語ではpapaと言うが、この単語はそのままスペイン語でも使われている。スペインのスペイン語でbatataがpatataに変アイドル待受化したのはこのpapaの影響であると考えられている[12]。
歴史 [編集]
0

2009/10/6

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ