2013/6/26

ゴルフ用品 激安といえるように思います  

球もあがりやすくて、とてもイージーです。すごく敷居が低いアイアンだと思いました。『安定性』という点でも、このキャビティ形状をフルに使った寛容さがあると思います。

 そして、『構えやすさ』が、より易しさに拍車をかけているのだと思いました。やや軽量ではあるのですが、1球目からミスをすることもなく、いい感じで打つことができました。『飛距離性能』という点でも、ゴルフ用品 激安かなり優れています。『フォージドアイアン』というと、一般的には『飛距離』よりも『距離感』を重視した物が多いように思いますが、このアイアンは明らかに『飛距離系アイアン』といえるように思います。

 アイアンには軟鉄のフィーリングの良さと、キャビティの易しさを求めつつ、人気ゴルフパター >飛距離にも妥協したくない。という方にはピッタリのアイアンといえるのではないでしょうか?『操作性』という点では、まずまずでした。易しさが強く感じられるアイアンですが、扱いやすさも失われていないと思いました。それは、やはり比較的オーソドックスな形状による構えやすさが大きな要因なのかもしれません。テーラーメイド ロケットブレイズ アイアンという点が全て及第点以上のアイアンだと思いました。

 今の多くのゴルファーがアイアンに求める性能を全て持ち合わせているように思います。人気ゴルフパターメーカーとして名高い、ミズノらしいアイアンといえるようにも思いますが、正直、これまでのJPXフォージドアイアンとどこが大きく違っているんだろう?と試打しながら考えていました。
0

2013/6/21

ゴルフ用品 激安賢い選択とは言えないのである  

 ピンがグリーンのセンターではなく、右サイドや左サイドに立っている時に、グリーンへのショットをピンのあるサイド (右図のようにピンが左サイドにある場合は左側のラフやバンカーなど) に外した時、ゴルフ用語ではショットをショートサイドに外す言う。

通常、そうしたショットを ショートサイドに外せば、英語で良く言うところの not much green to work with (カラーからピンまで距離が短く、ゴルフ用品 激安使えるグリーンが少ない) という状況で、ラフが深く、下りのラインが残る砲台グリーンなどでは、特に、デリケートな難しい寄せのショットが残り、寄せワンの可能性は極めて低くなる。

 そこで、そうしたピンを狙うショットを考える場合、常に 考えるべきことはピンゴルフクラブグリーンを外した時にアプローチのショットがどうなるかと言うこと、そして、次に、難しいパットや 3パットになる可能性の高いグリーンのエリア (通常は 下りのライン) はどこか と言うことである。

例えば、右図 (1) のように、r1ドライバーピンの位置がグリーンの左サイドで且つグリーンの高い方 (ハイサイド) にある時にショートサイドにショットを外せば、アプローチのショットは下りのラインになるばかりか、テーラーメイド r1 ドライバー場合によってはグリーン上で大きく曲がるショットになることもある訳で、上手く寄せられる確率は極めて低くなるから、通常そうしたホールでピンを狙って攻めるのは 賢い選択とは言えないのである。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ