2013/7/2 | 投稿者: jbm5bj5k

通信教育 誰にも負けません!自分未来アソシエき...
自分未来アソシエきょういくが「勉強が苦手。その克服法とは?」



初めまして!こんにちは、自分未来アソシエきょういく です。
勉強は難しいですね。
どんな事をして勉強をしたらいいかわからない人の為に今回は語ります。
自分未来アソシエきょういく がさまざまな勉強に関する事について紹介をします。

「勉強が苦手。その克服法とは?」


一言で勉強が苦手といっても、年代によって対策法はまちまちです。
小学生や中学生といった「子供」の年代は、親御さんや周囲の協力によって、子供は勉強のやる気を出します。

しかし高校生や大学生、社会人にもなれば、自力で勉強の苦手意識を克服するしかありません。いい先生に恵まれたり、いい本に出会ったりということも、もちろん大切です。

また勉強自体が嫌いというわけではなく、数学や国語は好きだけれど、英語や歴史、古文が苦手だ、という人もいるでしょう。あるいは理解は得意だけど、暗記ものは苦手だという人もいるでしょう。

まず、なぜ勉強が苦手なのかを考えてみたいと思います。
勉強嫌いになる原因としては以下のようなものがあります。

勉強すると疲れるから
勉強しても楽しくないから
勉強しても目に見えて成果が現れないから
なんのために勉強するのか腑に落ちていないから


まず当然のこととして、勉強というものは疲れます。かなりの労作業です。
教科書や参考書、問題集などに一定時間、意識を集中させるので、脳が疲れてしまいます。その間、体もじっとさせていなければなりません。子供の場合、そんな労作業をして疲れるよりも、友達と外を思い切り駆け回って遊んだり、好きなゲームに没頭するほうが、よっぽど楽しいしラクでしょう。だから、どうしても勉強に対する苦手意識が芽生えて遠ざかってしまうのです。

また勉強嫌いになる原因として、「勉強内容が楽しくないから」というのも挙げられます。「疲れるから」と似ているようですが、教科書に書かれていることは無味乾燥なことが多く、子供にとっては面白みに欠けます。ゲームや遊びのようには楽しくないのです。

これは大学受験を目指している高校生や、難関国家資格試験を目標にしている社会人のかたでも同様ではないでしょうか?勉強というものは、疲れるし面白くない。だから、いやいややったり、苦手意識が芽生えるわけです。


どうでしたか?
覚えて勉強を頑張ってください。
自分未来アソシエきょういくでした。

[関連記事]
07/01のツイートまとめ

[関連タグ]
自分未来アソシエきょういく 教育 自分未来アソシエきょういく 勉強 自分未来アソシエきょういく 復習 自分未来アソシエきょういく 学習 自分未来アソシエきょういく 予習 自分未来アソシエきょういく 知識 自分未来アソシエきょういくレポート 自分未来アソシエきょういく 教科書 自分未来アソシエきょういく 講師 自分未来アソシエきょういく 塾 自分未来アソシエきょういく 通信教育 自分未来アソシエきょういく 生徒 自分未来アソシエきょういく 教育機関 自分未来アソシエきょういく 家庭教師 自分未来アソシエきょういく 学び

[PR]
「AGA治療」なら専門病院のAGAスキンクリニック 東京 大阪 名古屋 福岡
0

2013/6/25 | 投稿者: jbm5bj5k

自分未来アソシエきょういくレポート 誰にも負けません!自分未来アソシエき...
自分未来アソシエきょういくが「右脳を開発するトレーニングをはじめよう!」



初めまして!こんにちは、自分未来アソシエきょういく です。
勉強は難しいですね。
どんな事をして勉強をしたらいいかわからない人の為に今回は語ります。
自分未来アソシエきょういく がさまざまな勉強に関する事について紹介をします。

「右脳を開発するトレーニングをはじめよう!」


右脳開発について述べるまえに、大前提となることを確認したいと思います。
大脳は中央にある大脳縦裂によって、左脳と右脳に分かたれています。左脳は論理的な思考や文字、言葉を担当しているのにたいして、右脳はイメージ、想像、直観といったものを担当しています。

その意味では、右脳は幼少のころのほうが優位であり、年齢とともに左脳が発達していくといえます。
右脳はイメージを司っているので、毎日に彩りをあたえ、楽しいものにしてくれます。それにたいして左脳は、論理的なことは得意なのですが、そればかりに偏っているとストレスがたまって、毎日を味気ないものにしてしまいます。

もちろん左脳だけとか右脳だけというように、どちらか片方だけを使う芸当など誰にもできません。中央では脳梁という連絡管によって、お互いにつねに連携しあっているからです。

受験生の勉強方法というと、テキストや教科書、受験参考書、過去問、単語帳などと向き合うことを余儀なくされます。つまり文字や文章、単語・・・こういったものばかりに接することになるわけです。冒頭で書いたように、文字や文章、言葉というものは左脳で処理しています。毎日、このような試験勉強ばかりをやっていると、どうしても左脳偏重になってしまい、気づいてみるとストレスがかなり溜まって、煮詰まってしまうということになりがちです。

もちろん受験勉強中であっても、英文や古文、現代文を読むときにイメージを使いますから、まったく右脳を使わないわけではないでしょう。しかし、どちらかというと左脳に偏った学習になります。右脳がさび付いている可能性があるわけですね。


どうでしたか?
覚えて勉強を頑張ってください。
自分未来アソシエきょういくでした。

[関連記事]
自分未来アソシエきょういくが「右脳を鍛える効果的な方法とは?」 教育

[関連タグ]
自分未来アソシエきょういく 教育 自分未来アソシエきょういく 勉強 自分未来アソシエきょういく 復習 自分未来アソシエきょういく 学習 自分未来アソシエきょういく 予習 自分未来アソシエきょういく 知識 自分未来アソシエきょういくレポート 自分未来アソシエきょういく 教科書 自分未来アソシエきょういく 講師 自分未来アソシエきょういく 塾 自分未来アソシエきょういく 通信教育 自分未来アソシエきょういく 生徒 自分未来アソシエきょういく 教育機関 自分未来アソシエきょういく 家庭教師 自分未来アソシエきょういく 学び

[PR]
【楽天市場】厳選された食材やコスメをお届け!こだわり宅配便イースマイル
0




AutoPage最新お知らせ