2012/8/1

巻き方によって酒落ては見えるが  


もうひとつの伝統的なマフラーは、175センチ、43センチ幅だ。丈の長いオーバーコートによく似あう。カジュアルなスタイルでも、巻き方によって酒落ては見えるが、巻き方を間違えると野暮になる。


175センチは英国人の平均身長よりやや低い。データは少々古いが、1998年の3月に発行された「TIMES」紙(英)に「英国の若い男性の平均的身長は176?6センチ」だとりっ一文がある。175センチをニつ折りにすると、膝のあたりまで垂れる。クラシックなオーバーコートの裾丈は、膝下l5-l8センチ程度が、もっともバランス良く見えると、第l5章で述べた。


コートのボタンをはめずに、このマフラーを下に垂らすと、実に格好が良い。上背がマフラーの長さ同様か、それ以上であれば、なお格好良く早える。長いマフラーを下に垂らす場合は、必ず自分の身長を老慮に入れることだ。

0

2012/7/9

店舗自体も広告媒体といえるし  

こうしたクッキングの場は多岐にわたる。ルイ?ヴィトンも非常に多くのツールを駆使しているようで、とても全ては挙げられないが、例えば新聞に広告を打っこともある。新店舗開店の際や折々に催されるパーティーやイべントも、ルイ?ヴィトンのイメージを形成する強力なファクターだ。


斬新なファサードが印象的な六本木ヒルズ店のように、店舗自体も広告媒体といえるし、パーティーを彩りメディアにルイ?ヴィトンを露出させるセレプリティも、顧客とブランドをつなぐ重要なコミュニケーションのツールであるだろう。

クリックすると元のサイズで表示します
インハウス、あるいはダイレクト?コミュニケーションと呼ばれる、顧客に直接届けられる『LE MAGAZINE』(数年前までは『LOUIs VUITTON NEWS』の名で発行)といったフリーマガジンは、ルイ?ヴィトンの製品の背景にある精神や世界観を言葉で語る。


ヨットのルイ?ヴィトンカップや、ロボットによるサッカーイべント「ロボカップ」での協賛など、ひと癖もふた癖もあるメセナ活動も、ルイ?ヴィトンのイメージにアクセントを加えている。最近では、世界共通の公式ホームページ(httP://www.louisvuitton.com/))も、早く、新しい情報を発信し、店舗連動型、サービス体感型の新しいコミュニケーションを提供するツールとして整備されている。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ