日田天領水 世界中の奇跡の水の正体  

世界には、奇跡の水と呼ばれている、泉や鉱泉があちこちに存在しています。

それらには、古い歴史を持つものもあり、飲む事によって、
体の様々な病が治癒されたというような奇跡が伝えられています。


では、これらの奇跡の水には、どのような成分が含まれているのでしょうか?

或いは、これらの奇跡の水には、
共通して含まれている成分でも存在しているのでしょうか。

そのヒントになるものとして、活性水素という物質が注目を集めています。

この活性水素は、体に発生して、
ガンのような病気を引き起こすとされる活性酸素を撃退するとされているのです。

活性酸素は、生命活動の為に体内に取り込んだ酸素の中の2%が
変化を起こして発生します。

本来の目的は、免疫機能で体内に入ってくる異物を攻撃して撃退する働きをします。

しかし、異物が無くなると、
今度は正常な細胞に攻撃を仕掛けて破壊するという悪さを引き起こすのです。

活性酸素に攻撃されて傷ついた細胞は、細胞分裂をして細胞数を修復していきます。

ですが、細胞とは、一生の間に分裂出来る回数が50〜60回と決められていて、
分裂すればするほど機能が低下します。

これが細胞の衰えという現象で、人間としては老化現象になるのです。

また、分裂を繰り返す間に、細胞はエラーを起こしやすくなります、
このエラーこそがガン細胞なのです。


水素は一般にH2と書かれていますが、これは水素分子です、
水素原子であるHは還元作用が強力です。

この活性水素が体内で、活性酸素と出会うと化学反応を起こして
H2Oつまり「水」に変化します。

こうして活性酸素は、尿や汗として、体外に排出されてしまうのです。

奇跡の水を継続して飲んでいる人々は、年齢の割に、体が若々しく、
ガンのような病気に罹りにくいと言われています。


活性水素は今風に言えば、アンチエイジング、
昔風なら不老長寿の水の素になる成分と言えるでしょう。

日本にも、日田天領水という活性水素が豊富に含まれている天然の湧き水があります。




0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ