本心を探る事から  

実際に会った、めぐみさんの印象を、クニヒロさんに聞くと、
「小柄で、可愛い女の子。
しかし、シビアな面として、ダメものはダメという白黒はっきりしているところもありますから、別れるときはすっぱりという人が多いようです。

はちきんがいくら「強い」「サバサバしている」と言っても、女らしい部分はちゃんとと持ち合わせています。
女性は西部の女性よりも控えめで、考え方も堅実。

秋田県内には玉川温泉や乳頭温泉郷の鶴の湯など素晴らしい温泉がたくさんあります。

ただし褒める際に京都を出しては×!奈良と京都はライバル視していますから、京都の「き」の字を出そうもんなら一気に冷めてしまうかも・・・。
東京都民のおよそ半数は神奈川や静岡、新潟や北海道など他県から来た転入者で、あの下町のキャラクターを代表する寅さんも、実は地方の出身という設定であるという話もあります。
ですから、栃木県の女性と出会った場合、焦らずゆっくり攻めるのがポイントです。

クニヒロさんは、援助交際というと、ただ会って、業務的に肉体関係をこなして、というような、淡々とした関係をイメージしていましたが、めぐみさんは本当に楽しくフレンドリーで、まるで自分まで若いころに戻ったような、錯覚に陥ったそうでした。

●本心を探る事から
駆け引きで攻めてくるので、どうしても本心が分かりづらいところがあります。
0




AutoPage最新お知らせ