ジョギングに効果的なフォーム。  


ジョギングのフォームを意識せずに走ると自分の思った効果が得られないばかりか
怪我の原因にもなるので正しい知識が必要です。

特に初心者のランナーにありがちなのが重心が前へ前へ移動しているパターンです。
やはりまだまだ体力も少ないので何かに寄りかかりたくなるので
フォームが崩れてしまって居る状態ですね。

そしてこのフォームだと前足が着地すると同時にストップをかけている状態になります。
これは大変足首〜膝の関節に悪いフォームと言えるでしょう。
最悪の場合、体重が関節に乗ってしまい下半身のどこかの関節を痛める原因になります。

ジョギングで異様に疲れる人もこのフォームが影響している可能性が高いと言えます。
一番良いとされている重心の持って行き方は前へ前へよりも
体の真っ直ぐ下を意識する事です。

このフォームを保つ事で無駄な体力を浪費せずにすいすい走れてしまうので、
要するには遅筋を使った走り方になっていると言う事なんですよ。
遅筋は鍛えても肥大化しないと言う事は幅広く知られている事ですが、
速筋は鍛えれば鍛える程肥大化するのでせっかくスリムな体型を目指して
ジョギングを始めたのに重心の違いだけで鍛えられる筋肉が変わっていくので
注意が必要ですね。

ジョギングは基本的に有酸素運動です。
有酸素運動で使われるのは主に遅筋なんです。
遅筋を使ったエクササイズはやはり過度の疲労は無いんですね。

何か負担が異様に高いと思った場合は速筋に頼った無理な走り方を
していると考えてみるのも大事な事ですよ。

心肺機能の負担は初心者の頃は大きな負担となりますが、
足の筋肉へのダメージがあまりに大きすぎる時はフォームをしっかり気にする事で
自分が求めている効果的なジョギングに方向修正してみましょう!
0

ジョギングとウォーキングの違いとは?  

クリックすると元のサイズで表示します

ジョギングとウォーキングは足を使って移動すると言う事で似ていると
思われがちですが、競歩とマラソンが違う競技と認定されている様に実は
全く違う競技で使っている筋肉も全く違うと考えられています。

大きな違いはやはり両足が地面についているか離れているかと言う事ですよね。
ではこの二つって体脂肪消費や筋肉増強にも全く違った効果があるんですよ。

ジョギングつまり走ると言う事はウォーキングの歩くと言う動作よりも
様々な筋肉が鍛えられると言う事になるんです。
まぁ疲労感も走った方が上なので当然と言えば当然なのですが。

振り子運動であるウィーキングと比較して収縮運動ののちにバネ的な
弾性の力を使うランニングではやはり運動量や使われる体の部分に差が出るのは
仕方が無い所ですね。

しかも走る事でバネの様な弾力性が必要になる事で筋肉は足の腱を引っ張ったり
縮めたりする動作を繰り返す事で腱は固くなるのに弾力性が高まります。
そしてジョギングを継続的に続ける事で脚の筋肉は強くなる上に
腱も強くなり弾力性も増すと言う事で怪我をしにくくなると言うメリットもありますね。
0




AutoPage最新お知らせ