2012/1/11 | 投稿者: じょぷりん

百人一首の65番目の作品は、相模(さがみ)の作品です。

相模は、生没年:998年頃〜1061年以降の歌人です。

源頼光(みなもとのよりみつ)の娘もしくは養女と伝えられています。

中古三十六歌仙、女房三十六歌仙に名を連ねています。

10代で、橘則長(たちばなののりなが)の妻となりますが離婚。

その後、大江公資(おおえのきんすけ)の妻となり夫の任地、相模国に随行。

相模と呼ばれるようになったようです。

しかし、またもや離婚。

64番でご紹介した権中納言定頼と恋愛していた時期もあったようです。

多くの歌会に参加した記録が残っています。

・賀陽院水閣歌合(1035年)
・一品宮歌合(1038年)
・源大納言師房家歌合(1038年)
・弘徽殿女御生子歌合(1041年)
・六条斎院(禖子内親王)歌合(1048年)
・内裏歌合(1049年)
・前麗景殿女御延子歌絵合(1050年)
・祐子内親王歌合(1050年)
・内裏歌合(1051年)
・皇后宮寛子春秋歌合(1056年)






相模が百人一首に残した作品は、、、

♪ 恨みわび ほさぬ袖だに あるものを 恋に朽ちなむ 名こそ惜しけれ

です。

読みは、


♪ うらみわび ほさぬそでだに あるものを こいにくちなん なこそおしけれ

となります。

この歌は相模が実らぬ恋を悲しんで詠んだ歌です。

1句「恨みわび」は、何を恨んでいるのかと言うと、

相模の想いが届かず、冷たい仕打ちを受ける恋の相手を恨んでいます。

「わび」は「気力を失うこと」です。

「恨みわび」で「恨む気力も無くなって」という意味になります。

2句「ほさぬ袖」とは、「涙で濡れて乾く暇もない着物の袖」をあらわします。

「だに」は、「〜でさえ」という意味で、

「ほさぬ袖だに」で「涙で濡れて乾く暇もない着物の袖でさえ」という意味です。

3句「あるものを」は、下の句の「恋に朽ちなむ 名こそ惜しけれ」を先取りした表現で、

「惜しいのだから」という意味になります。

4句「恋に朽ちなむ」は、相模の失恋の噂で朽ちてしまうことを表します。

何が朽ちてしまうのかと言うと、5句の「名」です。

つまり相模自身の「名」→「評判」が朽ちてしまうと言っています。





恨みわび   (恨む気力も無くなって)
ほさぬ袖だに (涙で濡れて乾く暇もない着物の袖でさえ)
あるものを  (惜しいのだから)
恋に朽ちなむ (失恋の評判に朽ちてしまう)
名こそ惜しけれ(私の名は、もっと惜しいわ)



「涙で濡れて乾く暇もない着物の袖」のことを「ほさぬ袖」と表現しているのは、興味深いですね。

いつも涙を拭いているから、着物を干す暇がないのでしょうね。


0
タグ: 百人一首 065 相模

2012/1/11 | 投稿者: じょぷりん

友人のブログに、書かれていたのを転載します。

http://blog.goo.ne.jp/chiba20110507/e/ac1f23b61e0e9f5156c0f6cf5de36727

恐ろしいです。
0

2012/1/10 | 投稿者: じょぷりん

百人一首の64番目の作品は、 権中納言定頼(ごんちゅうなごんさだより) の作品です。

権中納言定頼は、本名を藤原定頼(ふじわらのさだより)といいます。

生没年は、995年〜1045年です。

権中納言という役職に就いていました。

55番でご紹介した大納言公任(藤原公任:ふじわらのきんとう)の息子です。

中古三十六歌仙に名を連ねています。

みなさん、覚えてらっしゃいますか?

この権中納言定頼は、60番で触れましたが小式部内侍(こしきぶのないし)を

バカにして「お母様の代作の歌は届きましたか?」とからかった人物です。

権中納言定頼の挑発に対し、小式部内侍は、即興で

♪ 大江山 いくのの道の 遠ければ まだふみも見ず 天の橋立

と歌を詠み、権中納言定頼を撃退しました。

今日は、その権中納言定頼の歌をご紹介します。




権中納言定頼が百人一首に残した作品は、、、

♪ 朝ぼらけ 宇治の川霧 たえだえに あらはれわたる 瀬々の網代木

です。

読みは、

♪ あさぼらけ うじのかわぎり たえだえに あらわれわたる せぜのあじろぎ

となります。

「網代木」とは、網の代わりに竹や木をあんで魚を捕るしかけのことです。

権中納言定頼が宇治川のほとりを歩いていて詠んだ歌です。

朝ぼらけ   (夜がほんのり明け始める頃)
宇治の川霧  (宇治川の川面の霧が)
たえだえに  (途切れ途切れに晴れていく)
あらはれわたる(あちこちに現れてくる)
瀬々の網代木 (浅瀬の網代木だ)




宇治川の冬の早朝の情景を詠んだ歌です。

権中納言定頼は、小式部内侍をからかうような軽薄な面もありますが、

作品は素晴らしいですね(笑)



0

2012/1/9 | 投稿者: じょぷりん

昨日に引き続き、休む間も無く、今日もライブに出かけました。

今日は昼間のライブです。

ライブ・ハウスは、外苑前の「青山月見ル君思フ」です。

会場に到着すると「高橋涼子」さんという女性の演奏中でした。

ピアノ弾き語りです。

透き通るような歌声で、声量も豊かです。

http://www.youtube.com/watch?v=o261k5I4qIU



帰りに高橋涼子さんのCDを買ってしまいました(笑)





次に登場したのが、友人のTさんです。

Tさんに会うのは2回目となりました。

以前も書きましたがTさんの歌声は、

切々と訴えかけるような語りかけるような素敵な歌声です。

@ おぉ、シャンゼリゼ(替え歌)

A 素敵な唄うたい

B 秘密の宝箱

C ねえ、パパ覚えている?

D あの家(うち)へ

E 平和の鐘の音(ね)

A〜Eは、とこたんさんのオリジナル曲です。

「ねえ、パパ覚えている?」や、「平和の鐘の音(ね)」など、素敵な歌ばかりです。

高橋涼子さん・Tさん、共にしっとりと聴かせてもらい、

良いライブでした。

0
タグ: ライブ

2012/1/9 | 投稿者: じょぷりん

新年、最初にライブを見に行ったのは、

「The Apple Honey」(The Beatles トリビュート・バンド)です。

昨日、1月8日は、友人のライブ情報が3つもありました。

ライブ・ハウスは、下北沢の「BREATH」です。

店長さんで友人さんのMさんが、

僕を覚えていてくれて、温かく出迎えてくれました。

最初のバンドが驚きでした!!

「For Sales」という The Beatles トリビュート・バンドでした。

小学生くらいの少年がヴォーカルとギターを弾いて

@ One After 909

クリックすると元のサイズで表示します

A Yer Blues

B Day Tripper

C Till There Was You
  →少年のギター・ソロが上手かったです

D Dizzy Miss Lizzy

E She Said, She Said

F I Feel Fine

G I Saw Her Standing There
  →少年のギター・ソロが上手かったです

この少年、ただ者ではないです!!

後で聞いたら、小学2年生だということでした。

2月19日に大塚の「Welcome Back」でライブをやるそうなので

今から楽しみです。





次のバンドは、「White Wind」でした。

アコースティック・ギターとフルートのデュオで The Beatles を演奏しました。

@ Black Bird

クリックすると元のサイズで表示します

A Yesterday

B You've Got To Hide Your Love Away

C All My Loving

D Let It Be

後半は、Disney の歌になりました。

E A Whole New World

F I See The Light

G 美女と野獣

H You'll Be In My Heart






最後のバンドが「The Apple Honey」でした。

このバンドには友人の

・Jさん(ヴォーカル&ギター)
・Pさん(ヴォーカル&ベース)
・Hさん(ヴォーカル&ドラム)
・Cさん(キーボード)

が参加しています。


@ Birthday

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

A Yer Blues
  →Jさんの歌い方は、表情と言い、仕草と言い、メチャクチャカッコイイです!

B Baby It's You

C All My Loving

D In My Life

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

E You're Gonna Lose That Girl

F Nowhere Man
  →ハーモニーがとても綺麗でした。

G Drive My Car
  →Cさんのキーボードがカッコ良かったです。

H Taxman
  →ライブではなかなか聴けない曲。
   難しいギター・ソロもバッチリ決まってました。

I Back In The U.S.S.R

アンコール

J A Hard Day's Night




演奏が終わるとHさんにハグされてしまいました。

幸せ〜

0
タグ: ライブ




AutoPage最新お知らせ