松田翔太の“傷だらけ過ぎるポスター”にJR東日本が「NO」

2011/11/9 | 投稿者: naro

俳優・松田翔太(26)が主演する映画「ハードロマンチッカー」(26日公開)の“傷だらけすぎる”ポスターが、JR東日本と東京メトロから掲出不可と審査されたことが7日、分かった。松田の傷だらけの顔面が交通広告としてふさわしくないという理由で、宣伝用ポスターが貼れない異例の事態に。幻の広告となるのを防ぐため、配給の東映は“草の根活動”でのPRに乗りだし、個人への掲出を呼び掛けた。

 若手イケメン俳優の傷だらけの顔面に、「待った」がかかった。

 問題となったポスターは、松田が傷を負った自身の顔を鏡でにらみつけるショットに、血を塗りつけたようなデザイン。

 ドコモ「iモード」のロゴデザインなどを手がける人気クリエイター・ナガクラトモヒコ氏によるもので、暴力社会に生きる青年の姿を描く作品のイメージに合わせた。しかし、掲出にあたってJR東日本と東京メトロから「顔が傷だらけな部分がNG」という審査が下った。

 東映はこれを受け、ポスターの掲出を取りやめ、用意したポスターが「貼れない」異例の事態となった。

 傷だらけの人物写真を使用した交通広告には、利用者から多数のクレームが入るケースが増えているという。

 配給の東映は「大変反応のあったポスターですので、映画館以外で掲出出来ないのは残念」とコメント。現在はポスターの“お蔵入り”を防ぐため作品の公式サイト、ツイッター、フェイスブックなどウェブ媒体で掲出可能な個人や店舗を募る草の根PR活動が行われており、作品の舞台である山口・下関を中心に集まっている掲出希望者への発送作業が行われている。

 また、ポスター画像に自身の写真を合成して松田のような傷だらけ気分が味わえるiPhoneアプリも、11月中旬に発売が予定されている。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ