2011/11/7

除染のモニタリング調査開始  

放射線量が高く、すべての住民が避難している福島県の警戒区域と計画的避難区域で、環境省は、来年1月以降に本格的な除染を始めるのを前に詳しい放射線量のモニタリング調査を7日から始めましたロレックス ミルガウス

すべての住民が避難している東京電力福島第一原発から20キロ圏内の警戒区域と、年間の放射線量が20ミリシーベルトを超える計画的避難区域については、国が、直接、除染を行うことになっています。環境省は具体的な除染計画を立てるには詳しい放射線量を把握する必要があるとして、モニタリング調査を始めたもので、初日の7日は、計画的避難区域の飯舘村の測定地点の一つに環境省の担当者や東京電力の社員らおよそ30人が集まりました。調査では、無人のヘリコプターが高度50メートルでの測定を行ったほか、測定器を積んだ車による調査も行われました。モニタリング調査は、これまでの国の調査より細かい100メートルごとに行われ、来月中にロレックス パーペチュアルデイト 、いったん結果をまとめることにしています。環境省は、この結果などを基に警戒区域と計画的避難区域の本格的な除染を来年1月以降に始め、住民の帰還につなげたい考えです。環境省の関荘一郎除染担当審議官は「除染なくして福島の再生なしということを肝に銘じて、避難している10万人近い人たちが、一日も早く戻れるよう作業を進めていきたい」と話していました。





Ref.RXb115-ロレックス10ポイント/ダイヤベゼル/メンズ<br />

Ref.RXb115-ロレックス10ポイント/ダイヤベゼル/メンズ

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ