2011/11/8

オリンパス損失隠し 社長陳謝  

光学機器メーカーの「オリンパス」は、過去の企業買収を巡る調査の過程で有価証券の投資などで生じた損失を隠していたことが明らかになった問題で、高山修一社長が記者会見を開き、「大変不適切な処理をしていたことは事実だ」と述べて、陳謝しました。
オリンパスは、平成20年にイギリスの医療機器メーカーを買収した際、仲介役の投資助言会社に対し報酬などとして600億円以上を支払ったことや、平成18年から20年に国内の企業3社を734億円で買収したことを巡って、法外な支出で問題だといった指摘が出され、弁護士などで作る第三者委員会で当時の経緯などについて調査しています。その結果、1990年代ごろから有価証券の投資などで生じた損失を隠していたことが明らかになったということです。さらに、1000億円以上に上る一連の買収資金などが、複数のファンドを通すなどの方法を使って、こうした損失の穴埋めなどに使われていたことも明らかになったということで、これまで、一連の企業買収は適正だとしてきた会社側の主張は全面的に覆りました。オリンパスの高山修一社長は、8日午後0時半から記者会見を開いて「ロレックス レディース 大変不適切な処理をしていたことは事実だ。損失隠しと言われてもしかたがない」と述べて、陳謝しました。そのうえで、1990年代ごろから損失隠しが始まった経緯について「円高の進行で売り上げや営業利益が減少するなか、当社も含め多くの日本企業が財テクに走った。そのころから始まった」という見方を示したうえで、「損失が大きく、これを処理すると会社に影響を与えると考えたのではないかと思う」と述べました。そして、今回の損失隠しの責任者について「菊川剛前社長と森久志副社長、それに山田秀雄常勤監査役の3人と認識している」と述べたうえで、3人を刑事告発するかという質問に対し「第三者ロレックス コピー 委員会の結論を待つ。必要があれば考える」と述べました。また、菊川前社長に一連の会計処理について違法性の認識があったのかという質問に対し、「あったと思う」と述べました。一方、これまでに発生した損失の規模や損失隠しの手法については「委員会の調査を待たないと現時点で申し上げることができない」と述べるにとどまり、上場廃止の可能性については「そうならないよう全力を挙げて努めていく」としています。オリンパスは8日付けで、有価証券の損失隠しに関わっていたとして森副社長を解職したほか、山田常勤監査役が辞任の意向を示しているということです。



Ref.16610b 青サブ-ロレックス SUS316L 最新カレンダー改良版 2836-2

ブランドコピーRef.16610b 青サブ-ロレックス SUS316L 最新カレンダー改良版 2836-2

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ