2013/2/12 | 投稿者: js8gjus3f6

MACD(マックディー)という指標は、市場のトレンドを測定するのに有効ですから、ぜひ利用したいところです。
基本的に順調に積み上がってきたプロフィットも一瞬で失い損失を出してしまうリスクがあるからFX は大変な取り引きでもあるわけです。


MACD(マックディー)というテクニカル指標は、FX市場の勢いを測るのに効果的ですから、
ぜひ活用したいところです。

テクニカル指標によるトレードにはFXのシステムトレードも取り入れていきたいところです。

基本的にコツコツと積み上がってきた利益も一取引で失い負けを出してしまう損失リスク
があるからFX取引は大変な取り引きでもあるわけです。
0

2013/2/11 | 投稿者: js8gjus3f6

ポンド円(GBP/JPY)はボラティリティーが激しい通貨ペアですから、利益の拡大に
結びつきやすいですが、損失リスクも激しいので用心が必要です。
FXのシステムトレードを効果的に利用していきたいです。

金利の高い国の通貨を維持しているとスワップポイントでリターンを狙うことが可能ですが、カントリーリスク
が非常に高くなるので留意すべきです。
0

2013/2/10 | 投稿者: js8gjus3f6

これも、大切なので理解しておいて欲しいのですが、通貨ペアの傾向として金利が上昇すば通貨ペア
も上がるという癖を持っています。
ポジションを決済した後にさらに外国為替証拠金取引市場が上がり続けた場合、さらに稼ぐことができたのに、と
後悔してしまうことがありますが、
損をするよりは良かったと頭を切り替える事が大切です。
FXのシステムトレードの場合は、そういった感情に左右される必要はありません。

0

2013/2/10 | 投稿者: js8gjus3f6

基本的に、運用はFX初心者でも上級者でも、順張り運用での損失を少なくしたトレードが
FX取引の基本といえるでしょう。
FX取引とは、ある程度損失リスクとマイナスをコントロールすることによって、儲けを得る
勝率も高まります。
こうした損失リスクのコントロールにはFXのシステムトレードが最適です。
0

2013/2/9 | 投稿者: js8gjus3f6

レバレッジを統制することで、 損失や利益の分岐点を調整すること
が相場 では重要な手段です。
FX取引が上手にいかずに、徐々に損失が増大していくのを見るのは難儀な
ことですので、あまりにもボラティリティーが大きい時にはFX初心者のかたは下手をして大きく失敗を出すと心配ですから、ポジションを持たないのが最良です。
どうしても判断に困る場合にはFXのシステムトレードを使うという手もあります。
0




AutoPage最新お知らせ