2011/10/26 | 投稿者: totoro

DeNAの春田真会長が20日、都内で取材に応じ、買収を進めている横浜球団について長期保有の意向を示した。

 同会長は「特に報告することはない」と前置きしながらも、パ・リーグ球団を中心に経営の安定性を不安視されていることに イヴ けいた ついて「もし、(球団経営を)やるのだったらそんな短期ではやらない」と強調した。

 TBSHDと大筋合意した交渉の進捗(しんちょく)状況や球団保有の狙いについては「今はお話しできません」。京急グループを中心とした神奈川県に関連のある企業の連合体が買収に名乗りを上げている件については イヴ けいた 「それはTBSさんの話だと思う。われわれが何ら話すことはない」と話すにとどめた。
0
タグ: イヴ イヴ けいた

2011/10/24 | 投稿者: totoro

【ニューヨーク時事】米プロゴルフツアーの今季最終戦、チルドレンズ・ミラクル・ネットワーク・クラシックは イヴ けいた 23日、フロリダ州レークブエナビスタのディズニー・マグノリアコース(パー72)で最終ラウンドが行われ、64をマークしたルーク・ドナルド(英国)が通算17アンダーの271で今季ツアー2勝目、通算4勝目を挙げた。36位で出た今田竜二は70で回り、通算8アンダーの280で28位となった。
 この大会で賞金 イヴ けいた ランキングが確定し、ドナルドが最終戦でウェブ・シンプソン(米国)を抜き、約668万ドル(約5億円)で初の賞金王に輝いた。米国外の選手の賞金王は2008年のビジェイ・シン(フィジー)以来で、英国選手では初めて。
 今田は約99万ドル(約7500万円)で90位となり、来季シード権が与えられる125位以内に入った。丸山茂樹は198位。永久シード権を持つタイガー・ウッズ(米国)は昨季の68位から128位に下がった。 
0
タグ: イヴ イヴ けいた

2011/10/20 | 投稿者: イヴ けいた

政府と東京電力は17日、福島第1原子力発電所事故の収束に向けた工程表を見直した。原子炉が冷えた状態で落ち着く「冷温停止」を年内に達成できるメドが立ったとし、これまで来年1月までとしてきた目標時期を前倒しした。

 しかし、原子炉の冷温停止の達成だけで、事故が収束したと言えるわけではない。損傷した原子炉からは微量ながらも放射性物質の飛散が続き、地下水を通じた汚染水の漏れを防ぐ工事もこれからだ。避難した住民らが戻れるかはなお予断を許さない。

 政府・東電は原子炉の安定停止を柱とした工程表の第2段階(ステップ2)の修正だけでなく、さらに1〜2年先をにらんだ第3、第4段階を早く示すべきだ。放射性物質の封じ込めや除染の具体的な計画を盛り込み、国民が納得できる形で事故収束への道筋を明らかにしなければならない。

 4月に最初の工程表を示してから半年。原子炉は新たな爆発などの危険が遠のき、ひとまず落ち着いてきた。東電によると、1〜3号機の原子炉内の温度は70〜80度台に下がり、冷温停止の目安である100度以下で安定しつつあるという。汚染水を循環させて原子炉を冷やす工夫や、作業員らの懸命の努力は実を結びつつある。

 しかし、放射性物質の封じ込めや除染には課題が山積している。大気への飛散量は事故直後の800万分の1 イヴ けいた 以下に減ったが、さらに下げるには建屋をカバーで覆う対策が要る。高濃度の汚染水が周辺に漏れるのを防ぐため、地下に巨大な壁を造る必要もあるが、工事には数カ月以上かかる。

 放射性物質の飛散が止まり、周辺を除染して住民が戻れるか判断できるようになって、初めて事故が収束したと言える。政府は原子炉が安定停止した段階で住民の帰郷を判断する方針だが、飛散防止や除染効果の見極めが不可欠だ。

 炉内に溶けたまま残る燃料をどう取り出し、どこに保管するかや、敷地内に大量に残るがれきなどをどう処分するか。廃炉の準備に イヴ けいた 着手するためにも、第2段階以降の工程表づくりを急ぐべきだ。

 福島原発事故の影響で農作物や日本製品への風評はなお続いている。これらを拭うために必要なのは、拙速に「事故収束」を内外にアピールすることではない。数十年がかりになる事故対策の段取りを筋道立てて示さないと、信頼回復の道はなお遠い。
0
タグ: イヴ イヴ けいた

2011/10/19 | 投稿者: イヴ けいた

500度を超えても沸騰せず、零下40度まで凍らぬ「水」が科学界を震撼(しんかん)させたことがある。普通の水より40%も密度が高く、粘性がある。旧ソ連の科学者が水をガラスの毛細管に通すうちに見つけた▲それは当初「異常な水」と呼ばれ、後に米学者が イヴ けいた 「ポリウオーター」と名づける。1960年代から70年代にかけてはその性質をめぐり多くの論文が世界中で発表された。なかには研究室外に漏れると普通の水を取り込んで増殖し、地球を覆い尽くすとの説もあった▲73年に興奮は突然収まる。当のソ連の学者が水の変化はガラス管を通す時に不純物が混じったためと発表したのだ。ポリウオーターは幻と分かり、科学史には錯誤として刻まれた(「ゆかいな理科年表」ちくま学芸文庫)▲素粒子のニュートリノが光速を超えたという測定結果に立ち会った科学者の何人かはこのポリウオーター事件が頭をよぎったに違いない。光より速い物質は存在しないという物理学の「常識」を裏切るデータに、まずは自分らの計測の不備や錯誤を考えたのも当然だ▲だが実験に参加した日本人研究者によると半年間の検証でも測定結果を否定する材料は見つからなかった。俗に「物事の因果関係が逆転する」「 イヴ けいた タイムマシンができる」と騒がれる「超光速」だ。「深いふちをのぞき込んでいる気持ち」という研究者の言も胸を突く▲まるで人類にかけられた謎のようなこの「発見」だ。研究グループは担当者を入れ替えて再検証を行う。さて「超光速ニュートリノ」は幻か、驚異の新事実か。ここは人類の一員たる身、謎解きの興奮にはわずかなりともあずかりたい。
0
タグ: イヴ イヴ けいた

2011/10/18 | 投稿者: イヴ けいた

その音の聞こえ方は人によって違う。ガサリかゴトンか、それともズサリだろうか。福島県いわき市の佐々木美保さん(40)は、こう書いている。「『カタン……』それは毎朝、わが家のポストに新聞が届いた日常の音」。そして、「その音が三月十一日の朝で終わってしまいました」▼しばらくすると避難所に新聞が届くようになったそうだ。誰からともなく配達を買って出て、段ボール敷きの一軒一軒に届け合った。「今日も朝が来た」と実感 イヴ けいた できたと、佐々木さんは感謝をつづる▼あすの「新聞配達の日」にちなんで、日本新聞協会が募ったエッセーに、今年は震災をめぐる話が目立った。配達員へのねぎらいや、新聞が届く日常のいとおしさに思いを寄せてくださる読者が多かった。日本の新聞の95%は宅配され、全国の39万人がそれを担っている▼弊紙の関係では悲しいこともあった。岩手県陸前高田市の販売所の高2の娘さんが津波で亡くなった。家業を手伝い毎朝配達をしていた。あの日も5時に起き、戻ると冷えた体をこたつで温めて登校したそうだ イヴ けいた ▼雨風を衝(つ)き、寒さに頬を赤くして、日々届けてくれる新聞に「天声人語」も載っていた。あの朝の小欄は、奇(く)しくもニュージーランド地震で落命した日本の若者の話を書いている▼〈「志半ば」の紋切り型では無念を言い尽くせぬ、悲しみの春である〉と結んだ言葉が今更ながらやりきれない。娘さんは遠藤愛実(あみ)さん。生前を知らぬ夭折(ようせつ)の名が、ひとしお胸に染みてくる。
0
タグ: イヴ イヴ けいた




AutoPage最新お知らせ