もう少し用語にこだわっておきたい。文字を持たない『万葉集』の時代は往時の現代語であった。平仮名の生まれた『古今和歌集』の時代は言文一致であった。十四世紀に入って「言」と「文」が二途に分かれる。この残影が「口語」(現代語)と「文語」(古典語)なのだ。言文一致運動が成果を上げていく近代にあって、こと短歌に関していえば守旧派の時代であった。ジュニア短歌が言文一致という内実において平安時代と軌を一にするとすれば、「シニア短歌」の「文語」(古典語)とは平安時代の外見を借りてきたにすぎない、いわば仮装の姿なのである。〜吉岡生夫〜

 

講師、承ります  王道をゆく

守備範囲は現代語短歌・ジュニア短歌・狂歌・夫木和歌抄です。実績は狂歌逍遥録の最下段「講演の記録」を御覧ください。




  短歌変質論

私は尋ねたい
いわゆる「文語体歌人」のあなたに
なぜ古典文法なのか?

口語歌の万葉集から
平仮名が生まれ
言文一致の古今和歌集へ

やがて時代は
古代語から近代語へ
その過程である中世語の時代において
言文は二途に開かれ

明治大正昭和を経て
再び原点に回帰した
−読み書き話す−

ところで
あなたの短歌は
その変質した時代の五七五七七を良しとするのか?
いわゆる「文語体歌人」のあなたに

私は尋ねたいのだ




狂歌とは何か、youtubeなら3分35秒、見え方が少し異なります



   
   狂歌と天明狂歌

俳諧の連歌の発句は五七五
後発の川柳も五七五
しかし俳諧と川柳の軌道が
接近することはなかった

狂歌は五七五七七
後発の天明狂歌も五七五七七
しかし狂歌と天明狂歌の軌道が
接近することもなかった

俳諧と狂歌の軌道は接近し
ときに交わることがあった
鯛屋貞柳と西山宗因
貞柳を信奉した
一本亭芙蓉花なら蕪村

朱楽菅江は川柳も作っていたらしいが
俳諧と天明狂歌の関係はどうだったのだろう
国語辞典で「天明調」を引くと
俳諧の頽廃俗化を嘆く、から
蕪村らの
清新にして壮麗な
云々が出てくる

五句三十一音詩としての狂歌と
戯作文学としての天明狂歌

片や
八雲立つ
出雲八重垣の時代から
受け継がれてきた詩型であり
片や
鳥がなくあづまぶりはわづかにはたとせばかりこのかた
しかも線香花火に終わった詩型

その差は発句と川柳以上に大きかったようである
0

2016/12/7

兄の面影  ジュニア短歌を読む

二〇一六年編纂 第二十九回 現代学生百人一首
  今年から相棒となった自転車の錆びた音には兄の面影
             北海道札幌厚別高等学校一年(北海道)吉野萌美

 気になったのは結句の「面影」である。「兄」は亡くなったのか。そうだとすると三句の「自転車」は遺品ということになる。迷ったが、兄は進学して下宿か寮で暮らしている、こちらを選択した。今年から高校生の「私」と入れ替わりに大学生になったのだ。そして「私」は御古の自転車で通学している。ちょっと大人になったような二句の「相棒」がいい。てっきり弟だと思ったが、名前からすると妹であろうか。四句「錆びた音」に勤勉な兄の声を聞いているのだろう。
0

2016/11/26

ハロウィン  ジュニア短歌を読む

31音 青春のこゝろ 2015 「SEITO百人一首」の世界
  仮装して魔女になっても席ゆずる心の中は仮装できない
             京都光華高等学校(京都府) 村井怜加 3年

 「仮装」という言葉を二度使って、巧みにそのコントラストを生かしている。中継地となっているのは三句の「席ゆずる」であろう。まず「仮装して魔女になっても席ゆずる」、次いで「席ゆずる心の中は仮装できない」となる。あるいは「魔女」としては失格であるかも知れない。しかし言葉の斡旋という点では「魔女」も顔負けのテクニシャンなのだ。その落差が初々しい仮装集団ないしはグループとして読んだ。コメントに「この歌を作ったのは、ハロウィンの時期でした。(略)。ある日、満員電車に乗った時、怖い魔女がいて、その魔女が笑顔でおじいさんに席を譲っていました」とある。「私」のことではなかったらしい。
0

2016/11/17

いつもありがと  ジュニア短歌を読む

31音 青春のこゝろ 2015 「SEITO百人一首」の世界
  母に向け覚えたばかりの手話使い口では言えない「いつもありがと」
             須坂東高等学校(長野県) 宮川恵里加 3年

 二句「覚えたばかりの」から、お母さんの怪訝な、しかし笑いながら「何よ」「どうしたの」「この子ったら」、そんなリアクションが想像される。四句「口では言えない」からシャイな娘さんの姿も浮かんでくる。さて何を結句「いつもありがと」なのか。母の日、お母さんの誕生日、あるいは「私」の誕生日、どれでも当てはまりそうである。素材としての「手話」が生き、「う」抜きの「ありがと」も新鮮に響く。コメントに「普段は思っていてもなかなか口に出して言えない『ありがとう』の気持ちを、母と私の魔法の言葉の手話で表現しました」とある。手話を始めようとしている「私」の背中を押してくれたらしい。
0

2016/10/18

高めに揺れる  ジュニア短歌を読む

31音 青春のこゝろ 2015 「SEITO百人一首」の世界
  新品の制服を着て学校へポニーテールが高めに揺れる
           早稲田佐賀高等学校(佐賀県) 京極明日香 3年

 上句から入学式に向かう「私」もしくはそれに近い日の高揚した気分が詠われている。ポニーテールは後頭部で高く束ねて垂らしたもの、それがことさらに結句「高めに揺れる」というのだ。表見が巧みなことは勿論だが、とにかく気合いが入っている感じなのである。学校への期待や夢あるいは誇りといったポジティブな要素が一体となって瑞々しい。ただ三句が言い止しになっていて、気になるところだが、ここは「登校の」とでもすれば解決する問題である。コメントに「期待半分、不安半分。それでも前に向かって進むぞ!という強い決意がいつもよりほんの少し高く結ばれたポニーテールに現れて」云々とあった。頑張れ!
0

2016/9/2


31音 青春のこゝろ 2015 「SEITO百人一首」の世界
  黒板の隅に書かれた「がんばろう」横に書き足す「みんな一緒に」
            近江兄弟社高等学校(滋賀県) 古株基喜 3年

 誰かが「がんばろう」と書いた。何に「がんばろう」なのか。クラスメイトには自明の理である。だが部外者は想像するしかない。体育祭か。文化祭か。私は受験シーズンを想定した。誰しも一人で立ち向かうものだが、だからこそ「がんばろう」と呼びかけたのだろう。一人ではあるが孤独ではない。黒板の隅からの呼びかけに答えなければならない。そして答えることによって落書きが落書きでなくなった。いいクラスなんだ、きっと。これが私の読みであるが、コメントは「穏やかに流れる高校での日々の中」「実際にそれを書き足したりはできなかったのですが」云々とある。その心残りが一首の中に凝縮したのであった。
0

2016/8/11

玉屋鍵屋  ジュニア短歌を読む

31音 青春のこゝろ 2015 「SEITO百人一首」の世界
  空に咲く玉屋鍵屋の大輪に心奪われカメラを置いた
           大阪信愛女学院高等学校(大阪府) 小林麗結 2年

 二句の「玉屋」も「鍵屋」も花火製造元の屋号である。時代は江戸、場所は両国、川開きの花火とともに上がる感嘆の「たまやー」「かぎやー」は時代劇で親しい。その歓声、誉め言葉を三句「大輪」の修飾語として現代に持ってきた。この挿入の仕方が巧みで「空に咲く(玉屋鍵屋の)大輪に」の二句は七音以上の効果を上げている。視覚と聴覚の相乗効果なのだ。そしてそれまで距離を置いていた「私」も観衆と一体となった。その証しが結句の「カメラ」となる。作者によると場所は「天神祭の船での花火鑑賞の時」、したがって舞台は大川となる。また「なんだか声をあげたくなるような思いになり」と二句を自注している。
0

2016/7/23

兵庫県高校文芸集(第4号)  ジュニア短歌を読む

クリックすると元のサイズで表示します

稲妻に驚く私知っている気遣う君も苦手なことを
          小野高等学校 2年 峰松美折

先生のシャツとネクタイの組み合わせかすかに家庭の匂いがするの
          御影高等学校 2年 池田美菜萌

僕は待つ静寂の中腕上げる指揮棒振り出し踊り出す音
          姫路西高等学校 1年 金澤和麿

走るたびリュックで揺れるキーホルダー「おそろいなんだ」と微笑む彼女
          姫路西高等学校 2年 水田知沙

泣く君を知らないふりで過ごすとき 背中もたれる わたしは地蔵
          明石北高等学校 2年 清水萌

そよ風もほのかに紙の香をまとう夏の景色のわが文芸部
          神戸高等学校 2年 松下優

暑い夜窓開けてみれば夜空にはきらきらと星がまたたいていた
          赤穂高等学校 1年 坂本瞳

携帯を開けば止まらぬ通知音相手をするたびつもるストレス
          赤穂高等学校 1年 中尾瑠華

衣替え鏡の中の自分から微笑まれて照れ隠し
          社高等学校 2年 田辺海里

ぼんやりと教室の外眺めてはチャイムの鳴るをただ待っている
          北摂三田高等学校 2年 中木かおり

【講評】

 最優秀の峰松美折さん。「稲妻」を素材に「私」を気遣う「君」(ボーイフレンド)を描いて爽やかでした。擬人化した銀杏に声援を呼びかける@も魅力で迷いましたが、Aの完成度というか、明解なところで選びました。@の結句「に」は説明ですから不要でしょう。Aは結句の旧態依然とした助詞「かな」に代えて「です」にでもすると他の二作品に引けを取りません。
 優秀賞の池田美菜萌さん。先生を登場させたところに新鮮な驚きを覚えました。しかも観察に女性ならではの細やかさが見られます。あこがれの先生なのでしょうか。@に比べるとAは結句が弱い。「気持ち」とは何か。Bも「命の重み」といってしまえばお仕舞いです。花の名も出す。具体を心がけましう。
 優良賞の金澤和麿さん。初句で切って簡潔に場面を提示しています。以下、指揮者のタクトが振り上げられて始まる音楽、それを待つ緊張と期待が見事に描かれています。配慮するならば「中」を平仮名にするとかの漢字とのバランスでしょう。
 優良賞の水田知沙さん。通学風景として読みました。三句までは遅刻しそうだとか、信号が変わりかけた、そんな場面。たまたま並走することになった「彼女」(隣のクラスでしょうか)の発見とリアクション、親友になるかも知れない一瞬です。
 優良賞の清永萌さん。結句は三句までを受けた擬人法、四句は背中を貸してあげる「私(地蔵)」の思いとして読みました。この歌に限らず@の喉に刺さった魚の骨や、Aの白髪と間違えて抜く黒髪など、素材の選択からして個性的な存在でした。
 入選の松下優さん。クラブの部室には、運動部と文化部を問わず独特の匂いや臭いがこもるものです。風にも「ほのかに紙の香をまとう」文芸部も、いずれ懐かしい青春の一頁です。
 入選の坂本瞳さん。初句は私たちの住む地上ないし下界、窓を開けてつながるのが天界ないし無窮、その対比が見事に描かれています。顧みれば有限の身、自ずからに厳粛な気分です。
 入選の中尾瑠華さん。携帯が登場するのも初めてかと思います。便利ではあるが、それ故に抱え込まなければならない問題のその一端を「止まらぬ通知音」が雄弁に語っています。
 入選の田辺海里さん。結句の五音が惜しまれます。〈照れ隠し 鏡の中の自分から微笑まれて今日ころもがえ〉と場所を変えれば収まります。逆転の発想に捨てがたい魅力がありました。
 入選の中木かおりさん。ぼんやりとしているときの、そのぼんやりとした自分を描いています。学校生活もさまざま、テンションに関わらず自分を客体化できるのは強みでしょう。
 昨年度に比して大幅な作品増と取材範囲の拡大を喜んでいます。全ての作者にコメントを出せないのが残念ですが、ご了解ください。いつでも、どこでも、ささいな気付きをメモしておくこと、それが短歌創作の機微かも知れません。ご健詠を!
                         歌人 吉岡生夫
0

2016/4/2

大阪歌人クラブ 春の大会  王道をゆく

【日時と場所】
  1.平成28年4月2日(土)午後1時〜
  2.エルおおさか(http://www.l-osaka.or.jp/

【講演と対談】
 上方狂歌の世界
  1.講演 吉岡生夫 「近世狂歌の世界〜ターミナルとしての鯛屋貞柳〜」
  2.対談 安田純生×吉岡生夫

※講演と対談は会員外も出席可ということですので多くの方のご来場をお待ちしています。
【講演の趣旨】
17世紀後半、談林俳諧と時を同じくして近代語を登場させた狂歌は鯛屋貞柳をターミナルとして、幅広く展開、近代短歌の誕生を後押しした。そのミッションは継続中であるが、それはこんにち流布する狂歌の常識を疑わない限り見えてこないものである。
【講演の方法】
パワーポイントで見せます(魅せたい)。プロジェクター等に慣れている方に参加して頂ければ心強いです。
【参考】
用語論〜近世狂歌と矮小化された「上方狂歌」〜
用語論〜鯛屋貞柳を狂歌師とは言わない〜
談林俳諧と近代語〜もしくは古代語からの離脱一覧〜
狂歌と歌謡〜鯛屋貞柳とその前後の時代〜
狂歌とは何か〜上方狂歌を中心として〜
0

2016/1/24

談林俳諧(宗因流)とジュニアたち  王道をゆく

 古典俳文学大系3『談林俳諧集一』(集英社)に収録されている『俳諧当世男(はいかいいまやうをとこ)』にジュニアの作者が登場します。
 その活躍振りを御覧ください。

【政陳(平野氏十才)】
 上下(かみしも)をぬいだ心ぞ今朝の春
 政はたがこころにしるや花の枝
 人心猿になりたり山ざくら
 郭公医者に見せたしそれならば
 夕立やたいこをうつて一通り
 ふじの雪爰(ここ)にたとへて地紙かな
 今朝の秋や障子の透間物あひを
 せせなげの水に音あるみみず哉
 紅葉山や時雨またなん御成道(おなりみち)
 風の通る道や木のはのはき掃除
 此(この)雪に釈(彩)色してやふじの雪
 嶺の松障子の引手(ひきて)冬籠(ふゆごもり)
 ※以下に付句
 なくやらんひねりもぐさに虫の声
 日本橋一本鑓に霧はれて
 唐がらしやつこが袖や冬支度

【憶丸(平野氏七才)】
 大こく(黒)や一にほ(穂)だはら(俵)ふまへたり
 徳利にも使(つかひ)はきたり花盛
 火消番や花見過行(すぎゆく)春の雨
 まくは瓜や水に涼しき夏の月
 かほ(を)る也小田原町のみなみ風
 朝顔の花見にいざやきせる筒
 人形や秋風めぐるにし(西)の宮
 唐人やよい事あれば一時雨
 目で時雨耳でこのはや二ツ三ツ

【清明(久保氏十一才)】
 硯箱や色を替(かへ)てもことば書

【勝女(西岡氏十二才)】
 ※以下、付句
 誰もかも恋のこがねを玉手箱
 き(消)えふ(う)物何ぞと人のと(問)い(ひ)し時


【参考】

談林俳諧と近代語〜もしくは古代語からの離脱一覧〜

「王道をゆく〜ジュニアと五句三十一音詩の世界〜」より「第2節 近代語」
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ