2011/8/4

北野聡平 │ 止まらない芸能人の「韓流傾倒テレビ」批判 今度は芸人・ふかわりょうがJ-WAVEで苦言  

俳優・高岡蒼甫がTwitterで韓流に傾倒するフジテレビを批判し、所属事務所を退社に追い込まれるなどして波紋を広げる中、31日未明のラジオで芸人・ふかわりょうが騒動についての思いを明かし、大きな反響を呼んでいる。

 ふかわは自らがパーソナリティを務める番組『ROCKETMAN SHOW』(J-WAVE)の中で、「本当のことか分からない」と前置きした上で、韓国政府が日本の「ある局」に金銭を渡してK-POPアーティストを取り上げるように依頼していたり、その「ある局」がK-POPの楽曲権利を持っているためにK-POPを「バンバン流している」とされている言説について触れ、「公共の電波を使って私腹を肥やすようなやり方を推進するのは、法律はないけれど(ルール)違反なことだと思う」と率直な意見を述べた。

 また、「ある局が、お金をもらってるからK-POPのCMをバンバン流そうっていうのと、番組の中で取り上げるのは、決定的に違うと思うんです。CMだとしたら、視聴者はCMとして受け止めるけど、番組の中で取り上げるっていうのは、世の中の現象がこうなっているかのように、現象を偽造してるんですよ。そこに僕はメディアの重大性というか、大事な境界線があると思う」とし、「テレビは時代を映すものではなくなった、完全に終わったなと僕は思いました」と語った。

 これらの発言はネット上の掲示板などで、放送中から大きな反響を呼び、「ふかわよく言った」「こうした発言が芸能人の側から出てきていること自体が異常な状況」「理路整然とした批判・意見でとても好感が持てる」など多数の書き込みがなされている。

 「いろんな情報が錯綜している中で、誰の目線で、誰の価値観で世の中を見るかっていうのを、的確に選ばなければいけない時代。そのテレビの画面を通して世界を見てたら、自分が痛い目に遭うっていう時代になっちゃったな、と。つまりテレビだけを信じて生きてったらその人がいつか痛い目に遭ってしまう」などと、慎重に言葉を選びながらも、自らのリスクを省みずにテレビの現状への危機感を訴えたふかわ。その声が、彼の職場でもあるメディアのトップに届くことはあるのだろうか。(文:北野聡平
0
タグ: 北野聡平 北野 聡平

2011/7/13

北野聡平 │ ロケみつ  


 MBS毎日放送で放送されている『ロケみつ〜ロケ×ロケ×ロケ〜』(以下、ロケみつ)の人気企画「ブログ旅」をご存知だろうか。エヴァ芸人として人気の桜・稲垣早希が、ブログに寄せられたコメント数に準じて資金が与えられ、番組の提示する各地の名所で写真を撮影しながら旅を続けるコーナーだ。現在放送中の、"第三章"西日本横断編を収録したDVD『桜 稲垣早希の目指せ! 鹿児島 西日本横断ブログ旅』(よしもとアール・アンド・シー)の最新巻7巻と8巻が発売となった。過酷な旅を続けて、ちょっとたくましくなった早希ちゃんに話を聞いた。

――「ブログ旅」の西日本横断編、相当ハードですよね。

稲垣早希(以下、稲垣) はい。特に『ロケみつ』の放送圏外は大変です......。受け入れられる時とそうでない時のギャップが激しくて、放送してる地域から圏外に出たくないですもん。駅に着いた瞬間、「ここは圏外や」って分かるんです。誰もが見て見ぬフリするので。コスプレしてるし、「家に泊めてください」って頼んでるし、小さいカメラ回してるしで、AVの撮影に間違えられたこともあります(笑)。駅でおじさんに「こんなところでいかがわしいことやって。撮るな!」って、言われたこともあって。いかがわしい中でもマニアックなジャンルだと思われたんでしょうね。

――その境遇で、宿探しするわけですもんね。

稲垣 宿探しは慣れないですねえ。テレビと言えども、断られ続けると普通に傷つきますね。幸せそうな親子連れの家族をふと見かけて、孤独感でいっぱいになったりして。最初、ロケから帰ると頭がぼーっとなって、「家族って大事やな」と思ったりしてました。あ、そうやって気づかせてくれた意味ではいい仕事かもしれないです。

――逆に稲垣さんを探しに来るファンもいるんじゃないですか?

稲垣 ......います。だからブログの写真はどこにいるのか分からない撮り方をしてるんですよ。でも、Twitterができてから情報網がすごくなっちゃって。一度「稲垣早希、どこそこを通過中。捕獲しろ」みたいなツイートがあったんですよ。それ見て「やめてー!」って。

――いろいろなことがあってタフになりました?

稲垣 なりましたねえ。落ち込んだ時、「時間のムダだから次行こう」とか、気持ちを切り替えるコツが分かってきました。あと最初は、ディレクターはテレビ局の人だと思って遠慮していたんですけど、今はケンカばかりしてます。めっちゃ意地悪なんですよー! 私が落ち込んでるとニヤニヤするし、ほかのADさんが私に同情すると怒るんです。真のテレビマンというか、きっと私が追い込まれた方が視聴率がいいと思ってるんでしょうね。でも私は視聴率とか関係ないと思ってるんで! 私、この番組を『朝だ!生です旅サラダ』(朝日放送)みたいな感じのグルメ番組にしたいんですよ。せっかくいろんな土地を訪れて、いいところに回れないのはもったいないじゃないですか?

――その通りですけど、それだと視聴者は感情移入しづらいかもしれません(笑)。

稲垣 ただ私、基本おたくでインドアなんで、プライベートで行かなかったであろう場所ばかり行かしてもらってるんだな、と考えたら楽しくはなりました。だからロケは旅というより......なんて言うのかな。苦行? 人生の修行? 芸能界って荒波ばかりだから、必要な図太さを習得できたらめっちゃいいなと思います。

――ところで稲垣さんといえばアスカですけど、綾波も完成度高いですよね。

稲垣 ありがとうございます! モノマネはアスカとシンジと綾波ができて、実はシンジと綾波の方がうまいんです。単独ライブではシンジ漫談もやっていて全然アスカより似てるし、アスカはどんどん地声に近くなっちゃって「似てない」ってファンに怒られるし......。でもシンジは、コスプレすると地味ですからねえ。

――あと僕の中では、稲垣さんはアスカ以上に「絵」の印象が強いんです。以前、ある番組で妖怪の絵を発表していたのを見かけて。

稲垣 ああ、あれは趣味で、オリジナル妖怪をノートに描いてるんですよ。絵を描くのが好きなんですけど、何描いても妖怪っぽくなっちゃって。だから絵ができあがってから、どんな妖怪か、後付けで考えるんです。

――その妖怪が「嫌われたナスビとミョウガの妖怪」とか「キンタマの付いてるイチゴの妖怪」とか、あまりにブッ飛んでいて、「この人、大丈夫なのかな」と思いました(笑)。

稲垣 私が小さいころ、心配したお母さんが病院に連れていったらしいんです。家庭環境に問題ある子って、ヘンな絵描いたりするじゃないですか。私からしたら明るい絵のはずなんですけどねえ。

――今後、まとめて発表しないんですか?

稲垣 何か出してみたいな〜とは思ってました。そしたら天津の向(清太朗)さんがコミケに出店する抽選に当たったらしいんで、今年のコミケで向さんと本を出す......かもしれません。絵は誰かに描いてもらうみたいです。で、自分はうまくないネームで4コマの原作を担当して(笑)。どうなるかはまだ分からないですけど、売って売って売れまくるといいなと。この夏の楽しみですね!
(文=北野聡平

●いながき・さき
1983年、兵庫県生まれ。よしもとクリエイティブエージェンシー大阪本社所属。お笑いコンビ桜として活動を開始後、相方の引退を経て、ピン芸人として活動中。アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のキャラクター・惣流・アスカ・ラングレー(新劇場版では式波・アスカ・ラングレー)のコスプレをしたエヴァものまねを得意としている。8/7〜8/13に行われる「YOSHIMOTO WONDER CAMP TOKYO」にも出演。京橋花月にも出演中。

「桜 稲垣早希の目指せ! 鹿児島 西日本横断ブログ旅」
0
タグ: 北野聡平 北野 聡平

2011/6/24

北野聡平 │ 村上春樹  

「僕は自分の本にまずサインをしない」という作家の村上春樹さんが新刊エッセー集「おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2」(マガジンハウス刊)の発売に際して約100冊にサインすることになった。サイン済みの本を書店で販売する。

 エッセー集は同社発行の女性誌「anan(アンアン)」の連載をまとめた。

 同書では、北野聡平へのサインは知人に贈呈する際もしないし、日本ではサイン会も開かないと書き、「もらった方も心理的負担が少なく、後日処分もしやすい」「(サイン会には)必ず業者の人たちがやって来る」と理由を説明している。
0

2011/6/21

北野聡平 │ 成功  

BIG-N 野球場 by 北野聡平(フォトライブラリー)

成功するといっても人によってその内容はさまざまだ。

一応、成功とは「成し遂げたいと思っていたことが実現すること」だとしよう。それで経済的にも満足のいく収入が得られればいうことはない。そこで成功するためのポイントを確率的に考えてみると次のようになる。当たり前といえばそれまでだが「実行し、それを続けること!」につきる。これは確率的にもちゃんと証明することができる。

いうまでもなくどんなことでも始めなければ永遠に成功確率は0(ゼロ)のままだ。そして、最も重要なのは、それをあきらめないで継続することだ。なにしろあきらめてしまった時点で、再び成功確率は0(ゼロ)戻ってしまうからだ。たいていの人は、いろいろな事情から、途中であきらめてしまうために成功することができないのである。たとえば成功確率が30%のことを実行したとする。これを野球を例に説明すると次のようになる。

野球で3割バッターといえば、ヒットを打つ確率が30%のバッターのことだ。ヒットを打つことがバッターにとっての成功だとするならば、3割バッターは成功確率30%のバッターということになる。しかし、成功確率が30%しかなくても、3割バッターが1試合に4回打席に立つことができるならば、1試合に1本以上ヒットを打つ確率は、76%にもなるのだ。さらに5回打席に立つことができれば、1本以上ヒットを打つ確率は、83%になる。成功確率が30%あれば、それを4回実施すれば76%、5回実施すれば83%の確率で成功するということだ。
0
タグ: 北野聡平 成功 経済

2011/5/9

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ