2013/2/18

大変大事なことでしょう。  

いろいろな意見がありますね。

さて以上のように銀行から住宅ローンを借りる場合、特にほとんどの人が当てはまる超長期(20年以上の返済期間)の場合は、無理の無い返済金額、期間を選択する必要があります。特に20年先のことなどだれにもわかりません。また、一戸建て住宅を購入するのか、マンションか、賃貸で済ませするのか、そういった根本的なところから見直す作業も必要です。
さて、住宅ローンを組むことを考えることは自分と家族の将来像を描くことでもあります。また自分のこれから先何十年もの間、住宅ローンを返済していくために働くような人生の人も出てくるかもしれません。そうした人生がいいのか、それともローンに縛られるのはいやなので別の道を探す、という人もいるでしょう。いずれにしてもローンの様々条件を検討する前に、自分の人生や家族との人生をもう一度見直すことは大変大事なことでしょう。

こんな意見もあるのですね。
0

2013/2/18

組む場合に検討の余地がある  

こんな記事見つけました。

住宅ローンの返済方法には毎月元利均等返済、元金均等払いがあります。毎月元利均等返済は全期間の元金と金利を合算して全期間月数で割った金額。全期を通して金額が同じになる。元金均等払いは元金を均等に払い続けるものです。従って最初の返済は金額的に大きいです。しかし、年月が過ぎるほど現金が減っていくので徐々に毎月の返済額も減っていきます。また全期間で返済総額を比べると、元金均等払いの方が少なくて済みます。
住宅ローンは返済が長期にわたります。未来には予想もつかないことも起きます。そういった危険を防止するのが保険です。例えばみずほ銀行で用意している保険に「ローン返済支援保険」というものがあります。これは勤務先が倒産して失業した場合や、自分が病気や怪我になった場合にローンの返済をサポートしてくれるものです。この保険はオプションですが、ローンを組む場合に検討の余地があると思います。また、一般の保険と同じように疾病に対する特約がついているものもあります。


こっちの方が私にはしっくりくるかな。ワーホリ保険について調べてみました
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ