江ノ島トレジャー  ブログ


約10日ぶりに学校へ復活した長女は、[保健室たより]をはじめ、学年便りや月末の器楽の発表会のプログラムに、その注意などと一緒に、「これ、行きたい。」と、江の島トレジャーの案内を広げて渡してきました。

江の島トレジャー、参加賞には先着でオリジナルコインが貰えるのですが、大人が1日がかりでも大変な謎解きイベントなんだと知っているので、根性無しで病み上がりの長女に、出きるのかと思ってしまいました。
既に仲良し3人が、一緒に行く約束をしているのだそうです。もう、高学年になるので参加したいなら許可は出せますが私と兄弟の予定もあるし、真ん中は水疱瘡の警戒中ですが、この週末はうつるでしょう…。
ここ数日、真ん中はボーッとしているしあまり食べられないみたいです。

長女が学校へ出て、今朝、台所の江の島トレジャーの注意事項に、[小学生以下は、保護者と参加してください]と、ありました。
…となると、今週末は真ん中の病気に人が来る予定がありアウト。来週は器楽クラブの演奏会でアウト。
幼稚園のお別れ会とかその他が落ち着くのは、3月2週以降の土日かな?
(1日がかりで行くなら、私はヒント探しに手伝って、スタンプや景品を目当てに行くのは子ども部隊…と分かれた方が、効率良いかも?)と、思案中です。

まわりに無料アダルト動画観光地が近いって、良いことですね。
参加する友達と、うまく約束が作れますように…。
寒い12月から、友達となかよしを買いに行きたいと予定しはじめて2ヶ月経ちました。
こうした経験や、思い出が今後もずっと、皆と沢山作れますように…。
0

いざ計画をたてるもの  ブログ

昨年の年末にブログ記事として1年の計は元日にあり。
と、執筆してその今年が本日幕を明けた。

できることを1年の計画としたためたのだが、さて何を上げたらいいのか実際悩む。

悩んだ挙句、ひとつのことに突き当たった。
「朝の挨拶」「夜の挨拶」が私の場合欠けている。
そう気づいた。

家庭がおもしろくないとかではない。
小さい頃から挨拶はしない方だった。

親の躾ができていなかったと言えばそうかも知れないが、親ばかりのせいにするのもおかしいように今になって自分で思う。

今まで言わなかった家族への挨拶がこれを機にできるだろうか。
気恥ずかしさと照れくささが入り混じる。

本当に簡単なことなのだろうけれど、できてもいない者が即言うと言うのは思っている以上に口や態度に出ないものだ。

かなり勇気がいりそうだ。
いくつかの挨拶のうちひとつ、「おはよう」だけでもはっきり言えるようにならないといけない。

普通に言えてることが言えずにいたことは常識から外れていたとも言える。何でこんな言葉に今更振り回されるのか。
情けない思いである。

1年の計は・・・と偉そうなことを言った自分が恥ずかしくなる。
人間どんな簡単なことでも、以前よりしていないことをいざ志そうとするには勇気がいると言うことを改めて知らされた。

意識すればするほど口に出し辛くなる。
意識せずに言えたら苦労はない。

独り言のようにつぶやいて、その場を素早く離れることにしよう。
そのとき家族の誰かが珍しく挨拶したわ。
そう言われても気にすることなくその場を立ち去ろう。

そのうち自分がつぶやいている挨拶が、何回として行くうちにすんなりと口から出るようになるであろう。
そんな期待を自分にかけているのである。
0




AutoPage最新お知らせ