会計事務所って?  

合格率が申し込み者2%〜3%の狭き門。
特に年齢・学歴に制限はありませんが、大学卒業レベルの学力が無ければ厳しいと言われています。
収入上としては一般サラリーマンと同程度。
独立すればまた話は違います。



【司法書士になるためには?】
1.司法書士試験に合格する(合格後は、先輩の事務所で数年修行を積む)
2.日本司法書士会に登録する(独立開業する場合)
3.事務所を置く管轄の司法書士会に所属する



門戸としては広く誰でも受講できるため、「本当になりたい!」という熱意が一番必要な資格なんですね。



【司法書士って何ができるの?】
司法書士の取扱業務については、司法書士法第3条で詳しく規定されておりますが、簡単に言うと、司法書士の業務の中心は登記・供託手続きにおける代理手続き、裁判所・検察庁・法務局に提出する書類の作成を業とするとなっております。



不動産を買ったときに名義を書き換えたり、不動産を担保に銀行からお金を借りるときに抵当権の設定登記をしたりするのが不動産登記業務。
株式会社の設立やNPO団体など、法務省に起業登記の登録を行う、商業(法人)登記業務、など。



またもう一つの柱として司法書士の業務の中で、訴訟代理業務というものがあります。
従来、裁判言えば弁護士がするものとった世間一般なイメージはありますが、法務大臣の認定を受けた司法書士に関して、簡易裁判所に限っては訴訟代理業務を行う事が出来、弁護士さんと同じ事ができるようになりました。



財産分与や民事訴訟など、少額(140万以下)の事案であれば、訴訟手続の代理業務を行えるようになったわけですね。



生活から法人まで、お金に関する事などの申請や、手続きを代行してくれるのが司法書士。
弁護士や税理士と同じように考えてしまう方がおおいですが、できる事がまた違ってきますのでご注意下さい。



税理士法人についてのブログ
0




AutoPage最新お知らせ