さあ、FXを始めよう!  FX

メンズTBC フェイシャル

ファッションレンタル










v私に4日間くれたら、あなたを行動力のみなぎる人間にかえてみせます。それをノーリスクで証明させてください。

クリス岡崎MOVEコーチング認定講座



■なぜ今日本のFX(外国為替証拠金取引)投資は駄目なのか?

行政の過剰介入と進行する取引所取引業者化

公設取引所と税制上、明確な差別が行われているだけならまだ良かったのですが、FX本来のメリットでもあるレバレッジにまで規制がかけられてしまったことで、スワップやスイングトレードがメインという人を除けば、FX投資の魅力はほとんどなくなってしまったと言っても過言ではないでしょう。

日本のFX投資がなぜここまで駄目になってしまったのか、それはあまりにも行政が介入しすぎているからです。

今後はレバレッジ規制にとどまらず、スプレッドの競争にまで規制がかかると言われています。

スプレッドの自由競争は、FXサービスの利用者にとっての大きなメリットにつながるものでもあり、規制の対象となること自体が意味不明です。

こうしたやりたい放題を続けていれば、自分たちの天下り先でもある公設外国為替取引所を温存させるための布石だと受け取られても、仕方がないのではないでしょうか。

2010年の8月に入ってから、急激に円高傾向が強まっているのも、FXのレバレッジ規制の影響が絡んでいるという見方もあるようです。

もちろんそれだけが全てではないでしょうが、ちょうどこの8月から最大でも50倍のレバレッジ規制となり、2011年の25倍という最終段階への最後の予備期間に突入したわけですから、全く関係のない話ではないでしょう。

いずれにしても、これが日本のFX投資の現状なのです。

そのことに批判を加えても何もかわるものではありません。

行政の方も、これがベストだと思ってやっているわけではないでしょう。

○○保護政策を盾にして、自分の立場を有利に運ぶことも彼等の仕事だからです。

いずれスプレッドだけでなく、スワップポイントまで規制がかけられるはずです。

そして店頭FXのサービスのレベルを公設取引所参加業者と横並びにするのが行政の仕事でしょう。

横並びになったら、今度は信用リスクの低さを謳い文句にして取引所FXに顧客を呼び込み、市場での力関係を逆転させるまでやるのではないでしょうか。

すでに店頭取引FX業者の中に、取引所取引に加盟したところ、また現在しようとしている業者が出始めています。国の目論見通り、店頭取引業者の取引所取引業者化は、すでに始まっているのです。





0
タグ: FX 儲ける 初心者

株式投資の真実  

バンタンデザイン研究所 

転職サイトDODAで求人探し

日経225






ジャパンネット法務事務所

MATRIX TRADER

みんなのFX
■株式投資とは?

株式投資とは、企業が発行した株を売り買いすることをいいます。

企業には、資金が必要です。資金は、莫大な額に上るので、会社の人間だけでは、調達できるものではありません。

そのため、企業は、株式を発行して、社外の投資家に、発行した株式を買取ってもらって、資金を調達します。

で、その資金を元に、会社の運営をします。

株を買った=企業に出資した投資家は株主になり、企業が利益を上げてくれれば、その企業の株の価値は上昇していきます。

そうすると、買取った時の金額以上の価値が出てきます。

その、株式が高くなった地点で、買った株を売れば、儲けられます。

儲けは、買取金額と売却金額の差額になります。

株式投資の利益を生み出すメカニズムは、簡単に言うと、これだけの話です。

しかし、それ以外の事項について、説明していくと話は複雑になります。

基本的に、株式投資の利益には、キャピタルゲインとインカムゲインがあります。

キャピタルゲインは、株を買って、株価があがったタイミングで、売って、その差額の利益を稼ぎます。

インカムゲインは、配当によるものです。

配当は、企業が株主に払う配当金です。

一株につき30円などです。当然、企業の業績がいいほど、多くなります。

あるいは、配当金自体がない企業もあります。

加えて、株主優待もあります。

株主に、自社製品やサービスがあります。

株主優待も、実施している企業としていないところがあって、上場企業の25%、だいたい1000社になります。

株主優待は日本にしかなく、海外では、ほとんど聞きません。

人気なのは、クオカードや乗車券・ホテルの割引です。

たいてい、株式投資は、キャピタルゲインがメインでしょう。利益が大きいです。

配当金・株主優待のインカムゲインは、ごほうび的。例外的に、大株主の場合は、インカムゲインのが、大きい。配当で、不労所得を得ている人も、ごくわずかですが、存在します。

株の取引は証券取引所で行われています。東京証券取引所、大阪証券取引所、ジャスダック証券取引所など、6つの証券取引所があります。

また、証券取引所のなかでもいろいろな部署の種類があります。

東京証券取引所・大阪証券取引所は、一部二部に、上場の基準の違によって、分かれています。

上場したい企業は、株主数や流通株式数、時価総額、純資産、利益、設立年数などの基準を満たしていなければなりません。

まず二部に上場を申請し、認められれば、上場できます。

その後、業績が良くなって、さらに厳しい基準をクリアすれば、一部へ上場できます。

また、マザーズは、東京証券取引所の新興企業向けの株式市場。

ヘラクレスは、大阪証券取引所の新興企業向けの市場です。


クリック証券【CFD】




パソコンスクール

ひげ脱毛

富士青龍水

結婚情報










日経225

日経225
0

よりよい稼ぐ方法  FX

■FX(外国為替証拠金取引)投資からは卒業し本物の投資を実行する

FXは所詮、素人が手を出す類のシロモノではありません。

素人が手を出してしまえば、超ハイリスクの「ギャンブル」と何も変わらなくなってしまう類の投資だからです。

今こそ、本当の投資に目覚める必要があります。

例えば、この真田孔明さんの「生涯収入5億円投資倶楽部」。

期間限定の無料メール講座ですが、現役サラリーマンでありながら、日本やアジアを中心としたトップレベルの投資家達から、直接学びながらも投資を進め、結果を叩き出している真田孔明氏が、投資のマインドセット、ノウハウ、テクニック、10%を超える具体的な投資案件多数を全公開しています。

れからの時代を勝ち抜くための投資の神髄がギッシリと語られているメール集中講座です。

まずは、こちらの投資講座を受講されてから、今後のご自身の投資の方向性を探られることを強くお勧めさせて頂きます。

★利回り年10%以上厳選★
30日間集中投資講座
資産1.8億円稼ぐ方法期間限定無料プレゼント中!

→ http://www.5oku.com/toushiclub.html













0
タグ: FX 儲ける 初心者

システムは??  FX

■各社で差が大きいシステムの安定度

税制面でのデメリットほど致命的なものはありませんが、注意が必要なFXのデメリットとして挙げられるのが、システムの安定性に関して各社ばらつきが大きいという点です。

FXはインターネットを通してパソコンの画面から様々な注文を行います。

刻々と変化する為替状況を見ながら的確なタイミングで注文をしなければならないFX取引で、自分が利用しているインターネット回線に不具合が生じた場合、取引にによっては大きな損失を被る危険性があります。

不具合の原因が、利用者側の接続不備ということであれば、事前に手を打つことも可能ですが、サーバーのダウンなど業者側のシステムの脆弱性に原因があった場合は手の打ちようがありません。

そしてFXの場合、業者側のシステムに問題があって取引画面にアクセスできない、注文したレートで約定しないということが意外に多く、安定性において業者間でばらつきも多いというデメリットがあります。

ばらつきが多いと言うことは、もちろん堅牢なシステムで運営されている業者もあるということです。

こうした業者だと、緊急時にアクセスが集中してもスムーズにログインでき、約定率も極めて高いので、安心して利用出来ます。

しかし、その反対の業者だと、ログインすらできずに大きな損失を被った利用者も多数いたのです。

ちなみにFX業者は、システム上のトラブルによる顧客の損失まで保証しないことになっていますので、このことはあらかじめ覚えておかなければいけません。

安定したシステムで運営されている業者は、それだけの経費をかけられるということですから、財務上も健全な経営がなされていると考えられます。

スプレッドやスワップポイントも大事ですが、業者のシステムの安定度についてもしっかり情報をとり精査した上で取引する口座を決めておきたいものです。
0
タグ: FX 儲ける 初心者

デメリットの話  FX

■FX(外国為替証拠金取引)投資の本来のデメリットとは?

整備される見込みのない店頭FXの税制

FX投資本来のデメリットは、税制にあります。

FXは店頭取引業者と呼ばれる、私たちにとって馴染み深いFX業者以外に、「くりっく365」「大証FX」という公設取引所に上場している、取引所取引業者と呼ばれるFX業者があります。

この公設為替取引所とは、世界でも日本だけに存在するもので、2005年に外国為替証拠金取引が金融先物取引法の対象となったのをきっかけに公的な取引上証拠金取引が誕生しました。「くりっく365」はその愛称です。

大証FXは、大阪証券取引所が開設した取引所証拠金取引で2009年に誕生しています。

くりっく365のFX業者は基本的に国に守られている外為業者ですので、競争意識もあまりないためか、店頭取引業者と比較してサービスの面、取引コストの面で著しく見劣りします。

そのため本気でFXに取り組んでいる投資家なら、取引所取引を利用する理由を見つけることが非常に困難です。それほど市場競争力という点で劣勢の外為業者でも、唯一のメリットがあります。

それが税制面でのメリットです。

取引所取引の税制面での優遇ポイントは、

1)申告分離課税で一律20%の税率が適用
2)損失繰越控除が3年間適用
3)証券先物と商品先物との損益通算が可能

となり、大証FXも同様です。

店頭取引FXは総合課税ですから、最高50%の税率がかかってきますし、損失の繰越控除もなければ、他の先物取引との損益通算もありません。

同じFXで得た収益であるのにも拘わらず、店頭取引と取引所取引でなぜここまで差をつけなければいけないかは、少しでも思い巡らしてみれば分かってくると思います。

このような極めて荒っぽい環境下で投資を行わなければならないこと自体が、日本のFXの本来のデメリットだと言えるのではないでしょうか。

日経225



外為
0
タグ: FX 儲ける 初心者




AutoPage最新お知らせ