男性看護師  

以前は女性が看護婦、男性は看護士と呼ばれていましたが、男女雇用機会均等法を契機に様々な法律が改正され、男女関係なく、看護師という呼び名に統一されました。看護師になるプロセスも仕事内容も男女一緒です。看護師は元々、かなり肉体労働を伴いますので、男性看護師の需要は高くなっているのも事実です。データとしては古いのですが、平成18年の資料では男性看護師は、看護師全体の4.7%で約38000人だそうです。まだまだ少ない比率ですが、これから徐々に増えていくのでしょうね。旧「保健婦助産婦看護婦法」では、女性は「看護婦」、男性は「看護士」と呼ばれていましたが、「男女雇用機会均等法」が施行されたのを契機に、2001年「保健師助産師看護師法」として改正され、2002年3月から女性、男性関係なく「看護師」と呼称が統一されました
0

准看護師  

看護師には正看護師だけでなく、准看護師という資格もあります。正看護師と准看護師の違いは第3者からは意外と分かりづらく、仕事内容でもそれほど大きな違いある訳ではありません。ところが、実は正看護師と准看護師では実は大きな違いがあります。まず、免許に関してですが、正看護婦は国家資格ですが、准看護婦は都道府県知事の免許になります。そして仕事の差ですが、決定的に違う事は、正看護婦が自分の主体的な判断で看護活動ができるのに対して、准看護婦は、医師、歯科医師、看護師の指示によらなければ、看護活動が行えないと言う事です。その結果、給与の面でもかなり変わってくるのです。
0

医者にも気を使う  

医療の世界は、非常に古い体質です。医者同士はもとより、看護師同士でも非常に厳しい縦社会です。ましてや医者と看護師の関係となると言わずもがなです。もちろん医者の全てがおかしなプライドと権力を振りかざしている訳ではありません。素晴らしい医者もたくさんいますが、おかしな医者がいるのもまた事実です。看護師として勤めているところにそんな医者がいたら、不幸と言うほかありません。まともな事でも、医者に意見しようものなら、もう2度とまともな仕事をさせてもらえない事もあるようです。ですから、看護師と言うのは、常に医者に気を使わなければならないのが現状なのです。
0

上司との関係  

ほぼ女社会の看護師。直接の上司も女性ということがほとんどです。この人の人間性によって、充実した看護師生活になるかどうかが決まると言っても過言ではないでしょう。勤務体系の決め方、指示の出し方、相談に乗ってくれるか、医者との関わり、患者さんとの関わり、と全てにおいて、看護師の良きリーダーかどうかで変わってくるそうです。当然、いつも素晴らしいリーダーばかりではありません。保身しか考えない人、医者へ取り入るだけの人、逃げる人、文句ばかりの人、等々一般の会社の上司と同じですが、リーダーがよければ結果もついてきますから。しかしこればかりは運も必要ですかね・・・
0

夜勤のきつさ  

これはお医者さんも同じなのですが、看護師の夜勤に関しても、相当大変です。当然ながら、人数は昼間に比べれば少ないですから、患者さんが急変した時等の大変さは昼間の比ではありませんし、責任も大きくのしかかってきます。特に新人の頃は、このプレッシャーに押しつぶされそうになるそうです。また時間になったら、すぐお疲れ様というわけではありません。きちんと申し送りをして残務整理をしなければなりませんから、慣れていない時等はずるずる帰れなくなってしまう事もあるそうです。ですから、家族がある人等は、本当に大変ですね。パートナーやお子さんなどとの約束を破ってしまう事もあり、嘘つき呼ばわりされてしまうことも、一度や二度ではないとのこと。うわあ大変ですね・・・
0




AutoPage最新お知らせ