2011/9/9

asahi.com(朝日新聞社):成人にも基 準5倍超の投与 過剰被曝、病院「影響 ない」 - 社会  

CAT:気になる話題
印刷  基準を超える放射性物質(放射性同位元素)を投与した検査で子どもが過剰に被曝(ひばく)していた問題で、成人でも学会などの推奨する基準の5倍の量が投与されたことが甲府市立甲府病院への取材でわかった。病院は健康影響はないとしている。「医療の裁量」でどこまでの基準超えが許されるのか、実態はあいまいだ。  病院によると、2009年、成人2人が受けた腎臓の検査で、放射性物質「テクネチウム」の推奨投与基...
asahi.com(朝日新聞社):成人にも基準5倍超の投与 過剰被曝、病院「影響ない」 - 社会(看護師RSS)
0

2011/8/4

【話の肖像画】被曝者医療の真実(下) 国際被曝医療協会名誉会長・長瀧重信 - MSN産経ニュース  

CAT:気になる話題
■被爆国として世界に模範示せ −−今は放射線が危ない、怖いという話ばかりです 長瀧 原爆の被爆者とチェルノブイリ事故被曝(ひばく)者の調査にあたった経験から、福島県の被曝者の被害を最小にすることが何より大事と考えます。危ない、怖いだけでは、役に立ちません。住むところは、仕事は、学校はどうするのか。現実的に考えるべきだと思います。 −−関東など福島原発から離れた地域の人たちも放射線について心配してい...
【話の肖像画】被曝者医療の真実(下)国際被曝医療協会名誉会長・長瀧重信 - MSN産経ニュース(看護師RSS)
0

2011/7/29

お知らせ  

CAT:気になる話題
「助産師キャンペーンのお知らせ」[PDF145KB]を掲載しました。...
お知らせ(日本看護協会)
0

2011/7/20

時事ドットコム:アレルギー薬で劇症肝 炎の恐れ=「アレロック」服用後、2人 死亡−厚労省  

CAT:気になる話題
アレルギー薬で劇症肝炎の恐れ=「アレロック」服用後、2人死亡−厚労省 アレルギー薬で劇症肝炎の恐れ=「アレロック」服用後、2人死亡−厚労省 花粉症などに用いられるアレルギー用薬「アレロック」(主成分・オロパタジン塩酸塩)の服用でまれに劇症肝炎が起きる恐れがあるとして、厚生労働省は30日までに、販売元の協和発酵キリンに対し、医師向けの添付文書を改訂するよう指示した。投与後、十分に観察するよう求めてい...
時事ドットコム:アレルギー薬で劇症肝炎の恐れ=「アレロック」服用後、2人死亡−厚労省(看護師RSS)
0

2011/6/19

asahi.com(朝日新聞社):プルトニウ ム排出する薬剤承認へ 厚労省部会 - 東日本大震災  

CAT:気になる話題
体に入った放射性物質を排出させる薬剤2品が、7月にも医薬品として承認される見通しになった。1日開かれた厚生労働省の薬事・食品衛生審議会の部会で、意見がまとまった。 2剤は「ジトリペンタートカル」(販売名)と「アエントリペンタート」(同)。どちらも主に点滴薬として使われ、日本メジフィジックス社(東京都)が輸入販売する。 厚労省によると、原発事故などで放射性物質を大量に吸い込んだり、傷口から入り込...
asahi.com(朝日新聞社):プルトニウム排出する薬剤承認へ 厚労省部会 - 東日本大震災(看護師RSS)
0




AutoPage最新お知らせ