2013/6/6

かに鍋レシピはこれで決まり!  

かに鍋は高級な料亭の味、というイメージがあるかもしれません。
けれども、かにさえあれば、自宅で、手軽に味わうことができます。

かに鍋のだしは、かに本来の味を引き出すために、基本的には薄味にします。
基本の昆布・かつおだしに、みりんと酒、薄口しょうゆ少々で味付けします。

かには、冷凍でもいいのですが、ボイルではなく生を使います。
ボイルがには「調理済み」であるため、鍋にせずそのまま食べるのに向いています。

むき身は料理が簡単で食べるのも手間いらず、というメリットがあります。
けれども殻からの出汁もおいしさの要素なので、むき身よりも殻付きの方がいいでしょう。

鍋に入れる野菜は、白菜、長ネギ、シラタキ、水菜を中心に、お好きなものを。
生しいたけやえのき、しめじなどは、だしにもなります。

かに鍋に、かに以外の具材を入れるのは邪道、というわけでもありません。
ホタテやタラなど、淡白な味の魚介類を加えてみると、贅沢なかに鍋になります。

食べ終わった鍋のだしには、かにの風味もしみこんでいます。
雑炊やうどんにして、最後まで味わいつくしましょう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ