2013/5/4 | 投稿者: konkichi

よく聞く話ですが、どうでしょう?
ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは公益株の中でも高配当利回りの企業を選別して投資しており、現時点では毎月安定した分配金が支払われています。さらに3月、6月、9月、12月には基準価額の水準等を勘案し分配金が多く支払われています。ちなみに2006年の分配実績は1万口あたり年間で2140円です。
ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドでは、欧米の公益株を中心に高配当の銘柄を選び出し、ボトムアップ方式により業績を分析してポートフォリオを構築しています。毎月の分配金は1万口あたり月30円で、さらに3月、6月、9月、12月にはボーナス分配が上乗せされています。ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドの投資対象となっている公益株とは、電力、ガス、水道、電話、通信、運輸、廃棄物処理、石油供給など日常生活に必要なサービスを提供する企業の株式のことです。公益株は好景気のときにも不景気のときにも比較的株価が安定しています。
ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドの投資対象となっている公益株とはどのような株なのでしょう。公益株とは電力、ガス、水道に代表される我々の日常生活に不可欠な公共サービスを提供する企業の株式のことを指します。ディフェンシブ株とも呼ばれ、不景気のときにも株価は下がりいくいという特徴を持ちます。マザーズ指数とは、新興株式市場であるマザーズ市場の成長・拡大とともにマザーズ市場全体の値動きを表す指標に対するニーズが高まったことを受けて、2003年9月より東証(東京証券取引所)が導入した指数であり、マザーズに上場している株式を対象とした時価総額加重型の株価指数です。
だって。
これは私としてはどうかなと思っているのですが。
0

2013/5/4 | 投稿者: konkichi

そういえば最近こんなことをよく聞くのですが
マザーズ指数とは、2003年9月より導入された東証マザーズ市場全体の値動きを表す株価指数です。マザーズ指数は東証株価指数(TOPIX)等と同様に時価総額加重型の株価指数であり、資産としての株式の価値の変動を示す指数です。
マザーズ指数は2003年9月から導入された、東証マザーズ市場の時価総額の変動を表す株価指数です。日経平均株価が株価平均型の株価指数であるのに対し、東証株価指数(TOPIX)やマザーズ指数などは時価総額加重型であり、資産運用の評価基準として利用するのに便利です。ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドのリスクとしては株価変動リスクや為替変動リスクなど挙げられます。ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドの販売手数料は上限3.675%、信託報酬は年1.155%です。これ以外にも投資対象となっているファンドの手数料が必要です。
ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドの投資対象はほとんどが海外の株式となっており、株価変動リスクや為替変動リスクがあります。ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドは証券会社や銀行で購入することができ、販売手数料は上限3.675%、信託報酬は1.155%です。投資信託の手数料はバランスが必要です。そして、バランスを重視するにしても、手数料を比較するのも結構大変ですね。価格.comの投資信託サイトでは、投資信託の比較がお手軽にできます。買いたいと思っているファンドが決まっている場合には有効活用ができます。
投資信託の手数料はバランスが必要です。そして、バランスを重視するにしても、手数料を比較するのも結構大変ですね。そんな中で、これは、便利というサイトがありました。ファンドは、さまざまなものがあり、どれがよいと一概に言えないものです。手数料についても、比較はむずかしい。しかし、ここではそれが一覧表になっています。
いろいろな利用の仕方があるんですね。クレジットカード海外旅行保険比較表
0




AutoPage最新お知らせ