流域ネットミニレター

2012/10/31  9:58

加古川河口域での清掃活動  イベント案内

国土交通省姫路河川国道事務所より加古川河口域での清掃活動の協力依頼が来ております。
下記のようになりますので、参加できる方はよろしくお願いいたします。



日時 平成24年11月4日(日曜日)午前10時〜12時まで(集合時間:午前9:30)
   (集合場所 加古川市側 山陽電鉄加古川橋梁の下流河川敷き)
             *荒天の場合は中止します。

当方リバークリーンエコ炭銀行の炭焼場に9:00過ぎに行って歩いて河口に行こうかと思っております。よろしくお願いいたします。
1
タグ: 加古川 流域 環境

2012/6/29  10:31

講演会のご案内  イベント案内

会員の皆様

加古川商工会議所が事務局をしております「加古川市環境保全研究会」様より
講演会の案内が届いております。

森は海の恋人〜リアスの海辺から〜
と題して畠山重篤氏の講演会です。

平成24年7月4日(水)15:00〜 加古川プラザホテル 2階 大ホール

関心のあられる方は参加されてはいかがでしょうか。
以下、チラシです。
http://www.kakogawa-cci.or.jp/kankyoukouen.pdf
0
タグ: 加古川 流域 環境

2012/6/10  20:15

SORAIRO-UMIIRO  

「かこがわカラー」の前田初代さんが、染め織り人として作品展を開催中です。
 
クリックすると元のサイズで表示します
 
場所は、高砂市阿弥陀町にあるとてもオシャレな古民家カフェ「ソレイユ(Le soleil et la lune)さん」。
西国街道沿い、正蓮寺東側
 
6月30日まで開催しています。
ワークショップではいつものように「水や空気がきれいだと染めもきれい・・・」というメッセージを発信中!
タケノコで染めた色もとても素敵でした。
 
一度行ってみてください。


クリックすると元のサイズで表示します
1

2012/4/30  17:54

加古川流域環境ネットの総会案内  イベント案内

前回の定例会で総会の予定を連絡していましたが、詳細が決まりましたので連絡します。

総会日時:2012年5月10日(木)19:00〜22:00の予定
     総会は1時間程度で後は懇親会となります
  場所:みとろ荘(加古川市上荘町井ノ口520、添付地図参照)
  参加費:1名5000円 宿泊希望の方は別途費用が必用です
  参加有無:参加・不参加を5月5日までに事務局まで連絡ください
  総会内容:2011年度活動報告および2012年度活動計画
       2011年度会計報告
       2011年度の会員名簿
       事務局の交代について
       年会費の徴収方法について
  みとろ荘の地図
  クリックすると元のサイズで表示します
その他連絡事項
 木縫の里山まつり
  日時:2012年5月3日(憲法記念日) 10:00〜15:00頃
  場所:西脇市住吉町 (木縫の里山王国)
  問い合わせ先:木縫の里山王国の絹川さん TEL :0795-22-8267
0
タグ: 加古川 流域 環境

2012/4/14  17:38

第4回定例会報告  活動紹介

2012年4月12日 19:00〜21:00
東播磨県民局内カコムで実施しました。

総会に向けて、本来は3月中に実施すべきでしたが遅れてしまいました。
2年前の総会では後の親睦会として、曇り川の桜ウオーキングを実施しましたが、
今年も今が満開です。

定例会記事
1.各団体の活動報告
  kakogawa color
小学校、公園等で主に藍染の体験学習を活発に実施しています。
特にきれいな水、空気で鮮やかな色に染色できることをアピールし、
自然環境の大切さを伝えています。
  藁の家をつくる会
   子供たちと一緒に葦の伐採から家つくりのイベントを実施しています。
  木縫の里山王国
   今年も5月3日に草木染体験を含むイベントを開催予定です。
  エコ炭銀行
   3月に兵庫県知事と東日本大震災のボランティア活動についての座談会を実施
   井戸知事からは、旅費は負担するので、継続的な活動を要請されました。
   同じく3月に神鍋への研修旅行を実施しました。
  三木自然愛好研究会
   欠席で報告なし
2.総会の日程調整
   総会は5月10日(木)19:00頃より みとろ荘で実施予定で後日詳細を
連絡します。総会後に懇親会を実施、宿泊希望の方は宿泊可能
3.事務局の変更について
   総会までに決定し総会で承認?
4.会費の徴収について
   会費の集まりが悪いので対策が必要
   会費を不要にしてはとの意見もあります。

クリックすると元のサイズで表示します
曇川両側に約1.6Kmの桜道
クリックすると元のサイズで表示します
川の中までせり出した桜の枝…そろそろ散り始めました
0
タグ: 加古川 流域 環境

2012/3/1  18:21

竹林管理研修会の案内  イベント案内

地球温暖化対策加古川流域協議会からのイベント情報です。イベント内容、場所の詳細は添付ファイルを参照ください。

イベント名:竹林管理研修会
日時   :2012年3月10日(土)13時00分〜16時00分
場所   :県立淡路文化会館
添付ファイル:c.pdf イベント案内
       cn.pdf 案内地図
0
タグ: 加古川 流域 環境

2012/2/24  17:50

シイタケ菌を植えよう  イベント案内

横山先生のご要望により、加古川流域環境ネットが参加している「地球温暖化対策加古川流域協議会」の活動状況やイベントについて、今後ブログにて連絡いたします。
今回は添付のように「シイタケ菌を植えよう」と言うイベントが3月11日(日)に開催されますので連絡いたします。
詳細は添付のワードファイルを見てください。
at.docx
0
タグ: 加古川 流域 環境

2011/11/4  16:51

三木自然愛好研究会の活動  活動紹介

11月3日(文化の日)は毎年、三木自然愛好研究会と地元の増田自治会主催の増田ふるさと祭りです。当日は少し曇り空でしたが、雨もなく野外の活動にちょうど良い天候でした。
今年は加古川流域ネットからは模擬店を出店しなかつたため、里山の自然を満喫しました。
祭りは10:00から始まり、まず参加者全員による、増田ふるさと公園を歌った「里山の春」から始まり、童謡、里の秋、赤とんぼ、オモダカの唄を合唱しました。
来賓の皆さんや三木自然愛好研究会の会長の挨拶のあとは、地元、豊地小学校3年生14名の1年間の環境学習の発表会です。絶滅危惧種や希少種の植物、魚、昆虫などの調査の発表です。子供たちは1回1.5時間程度の現地体験を6回したそうです。みなさん元気に上手に発表していました。指導された先生や三木自然愛好研究会の皆さんご苦労様でした。
発表会が終わると、模擬店の開店です。まず腹ごしらえをしてから次のイベントへと思い、おにぎり弁当と天ぷらを購入、特に公園内の池で採れたレンコンの味は最高です!!
腹ごしらえをすませ、「公園クイズ」に挑戦です。愛好会メンバーの指導・案内人と一緒に公園内を一周しながら約1時間かけて、10問のクイズの正解探しです。案内人の方からクイズ以外の公園内の色々な説明をしていただき、どっぷりと自然に浸かった感じです。今日は改めて、三木自然愛好研究会の実力(行動力、努力)を見せていただきました。

**三木自然愛好会の活動はこの増田ふるさと公園(里山)を昔の状態に戻すために、植物や昆虫、魚類の意絶滅危惧種、希少種の保存及び再生をされており、特に水中生物の保全のために徹底して外来種の駆除、特にアメリカザリガニを駆除しておられます。今年は6月から9月までに8000匹以上を駆除したそうです。今後とも三木自然愛好研究会の活躍を期待しています。
**公園内ではサンショウモ、ヒメコウホネ、シャジクモ、アサザ、マルバオモダカ、ミズオオバコ、トチカガミ、クロモ、等20種類以上の絶滅危惧種、希少種などの水生植物や、ニッポンバラタナゴが産卵するドブガイ類が繁殖できる環境作りなどが行われていました。

クリックすると元のサイズで表示します
三木自然愛好研究会の会長挨拶
クリックすると元のサイズで表示します
エレクトーン伴奏による大合唱
クリックすると元のサイズで表示します
会場の前景(参加者は延べ150名ほどかな?)
クリックすると元のサイズで表示します
豊地小学校3年生の発表風景
クリックすると元のサイズで表示します
公園内に生息するヒメタイコウチ(成虫になるまでに5回脱皮する)
クリックすると元のサイズで表示します
案内人の方による絶滅危惧種、希少種の保全・育成状況の説明
クリックすると元のサイズで表示します
会長と一緒に腹ごしらえです
クリックすると元のサイズで表示します
公園クイズの一コマ(コブナグサは草木染として黄色を出します)
クリックすると元のサイズで表示します
カヤネズミの巣を発見(ススキなどの枯草で巣を作ります)
0
タグ: 加古川 流域 環境

2011/10/27  19:42

あかね染め体験  活動紹介

10月26日、草木染めグループのKAKOGAWA COLORの皆さんの親睦会を兼ねた、アカネ染め体験が西脇の木縫の里山王国で行われました。幸い天候にも恵まれ楽しい1日でした。

午前11時過ぎに約20名の会員や関係者が集合しました。
さっそく染料の「あかね」の炊き出しです。前田さんが準備したインドあかねと西洋あかねの2種類がありました。時間も昼に近く、染料の炊き出し時間が必要なため、並行して昼食用のピザ作りです。
昼食後、染料液へのクロスの染めこみです。染め上るまでの間に木縫の里山王国に自生している非常に珍しい日本あかねの採集です。スコップを使用し根元を掘り起こします。この根元に染料が含まれているそうです。そして自生して3年以上たったものが良いそうです。
今年は昨年より多く収穫できました。今日収穫しあかねは11月のイベントで使用するようです。
染料液から取り出したクロスは、すぐそばを流れる畑谷川で水洗いしました。これは初めての体験だそうです。水洗いしたクロスを乾燥させて完成です。きれいな「茜色」に仕上がりました。
ピザの準備をしていただいた木縫の里山王国の絹川さんありがとう、KAKOGAWA COLORの前田さん及びメンバーの方々ありがとう!!
クリックすると元のサイズで表示します
ピザのトッピング中
クリックすると元のサイズで表示します
石釜から取り出した焼きあがったピザ
クリックすると元のサイズで表示します
あかねの炊き出し
クリックすると元のサイズで表示します
あかね染液への浸け込み
クリックすると元のサイズで表示します
川でのクロスの水洗い
クリックすると元のサイズで表示します
クロスの乾燥、きれいな茜色です
クリックすると元のサイズで表示します
日本あかねの自生している様子
クリックすると元のサイズで表示します
収穫した日本あかね
1
タグ: 加古川 流域 環境

2011/10/15  8:19

加古川流域環境ネット第3回定例会  活動紹介

2011年10月14日 19:00〜21:00
東播磨県民局内のカコムで実施しました。


1.エコ炭銀行の東日本大震災にかかわる、援助活動の報告
活動内容は既にブログで紹介していますが、ボランティアセンターや被災現地で地域の人との交流があまりなく残念だったと思います。唯一、竹炭を床下にいれた家の家族との交流があり、現地の方の我々に対する”もてなす心”を感じたのは幸いでした。

また今回の活動はバンバンテレビで連続放映されており、第1回は本部での竹炭袋詰めなどの準備作業、第2回は無償提供した「炭焼機」を現地の「ひころの里」に設置している内容です。まだ3回以降も続くそうです。バンバンテレビが見える方は見てください。

この報告に対して、被害にあった場所にまた家などを新築するのだろうか?放射能問題はどうだろうか?今後のエネルギーの問題などの話であっという間に時間が過ぎてしまいました。
なかでも福西さんは仕事柄現地に行かれることがあり、個人としての放射能の内部被ばくに注意しているとか、また放射能のホットスポットからの作物が心配とか・・・

2.各団体の活動報告
  各団体とも環境学習などを中心に活発に活動をされています。

エコ炭銀行
震災に関連して、残作業である炭焼機を使った炭焼き講習を11月19日に現地で行うため4名が再度現地に出発します。

KAKOGAWA COLOR
10月6日メンバー8名が講師で別府西小学校において子供たちが育てたマリーゴールドで草木染体験をしました。また染め上げた黄色は元気の色として、震災があつた東北に送るそうです。
10月26日はメンバーの親睦と珍しい日本アカネでの染色を兼ねて日本アカネがある「木縫の里山王国」で実施します。当日は12時前に集まりピザ焼きもするそうです。
11月1日は日岡山で3才児への草木染体験イベントも実施されます。
 連絡先:前田初代さん TEL 080-3800-1048

木縫の里山王国
特に近々のイベントはありませんが、双葉小学校と教育学習で作ったもち米が今年はたくさん収穫できたので、購入してください。400円/KGです。
連絡先:絹川武史さん TEL 090-8980-0561

三木自然愛好研究会
10月7日に吞吐ダム付近で従来どうり「きのこ狩り」を実施しました。
11月3日は三木市増田の町作りフェスティバルを従来どうり行います。
11月19日は北播磨県民局との共同事業として、三木市防災公園付近のビーンズドームで親子環境学習として「里山の手入れ」と「きのこ」の学習を行います。
連絡先:小倉滋さん  TEL 090-3495-0323

3.その他
横山先生より10月15日の「篠山市里山ふれあいセミナー」の案内がありましたが、直近のため参加は無理と思いますが、原発の問題に関連して今回のセミナーのように森のエネルギー(バイオマスなど)による地産地消の推進も重要な要素となる説明がありました。
0
タグ: 加古川 流域 環境

2011/9/18  17:12

東日本大震災現地ボランティア活動  活動紹介

リバークリーンエコ炭銀行では加古川市社会福祉協議会の協力を得て、東日本大震災の現地派遣ボランティア(復興炭配り隊事業)として宮城県南三陸町で二日間の活動をしてきました。
現地についてびっくりしたのですが、6か月経過した今でも、瓦礫処理がまだまだという印象です。犠牲になられた多くの方のご冥福を祈らずにはおられませんでした。
我々の活動は幸い雨も降らなかったので作業は予定通り完了しました。当初の予定では現地の方に炭化装置を使用した竹炭作り講習も行うはずでしたが、作業メンバーがまだ確定されていなかったため設置のみとなりました。後日現地の準備ができ次第実施予定です。
竹炭作りができなかっため二日目は一部のメンバーを除き、瓦礫処理作業を行いました。
ここ南三陸町で私たちが活動したところは漁師さんたちが多く、岩盤の土地なので地震そのもので被害はほとんどなかったが、津波でほとんど流されたと言われてました。
また現地では17日の朝に地震がありましたが、震度3程度で問題はありませんでした。
今回のボランティア活動では、地元の人々とのふれあい、ボランティアに参加されていた女性を含む外国人六人組、山口県から一人車で来た30代男性、地元宮城県から一人車で来ていた若い女性、、もくもくと一人でガレキ処理している人、大きなガレキを多人数で協力しながら処理している姿、ボランティアスタッフとして長期間活動されている若い人々など、多くの人々とのふれあいがあり、人間同士の絆を強く感じました。がんばれ!!東北

実施日   
 平成23年9月15日(木)〜18日(日)
参加メンバー
 リバークリーンエコ炭銀行関係者 19名
 加古川市社会福祉協議会      2名
同行取材メンバー
 BANBANテレビ記者      2名
持参物
 竹炭            2000KG
 炭化装置(1日の竹炭量24KG)  1台
活動内容
 8月15日 17:30 尾上町養田公会堂 集合
      18:15 福祉会館において出発式後に現地に向け出発(車中泊)
出発式には加古川市長をはじめ多数の方の激励を受けました。
 8月16日  9:00 南三陸町ボランティアセンターに到着し現地スタッフと調整
     10:00〜 炭化装置の移動と現地への設置及び今回使用しない備蓄用の竹炭の移動
     13:00〜 三軒の床下への竹炭の設置作業
     16:00  作業終了しホテルへ
 8月17日 9:00〜 ボランティアセンターでのオリエンテーション
          1軒の床下への竹炭設置作業と瓦礫処理作業
      15:00 ボランティアセンターに帰着
      15:30 加古川に向け出発
 8月18日 7:40 養田公会堂着
          
クリックすると元のサイズで表示します
 南三陸への標識、いよいよ現地です
クリックすると元のサイズで表示します
 建物の上の流されたままの車
クリックすると元のサイズで表示します
 津波でほとんど壊滅状態の町
クリックすると元のサイズで表示します
 防災対策庁舎跡の献花台で黙祷
クリックすると元のサイズで表示します
 ボランティアセンターに到着した、トラックとバス
クリックすると元のサイズで表示します
トラックより竹炭の荷卸し
クリックすると元のサイズで表示します
 無償提供した炭化装置の設置
クリックすると元のサイズで表示します
 軽トラを借りて竹炭の移動、前方の三陸鉄道の高架の右部分崩落
クリックすると元のサイズで表示します
 竹炭を設置した4軒中の一軒の大きな家
クリックすると元のサイズで表示します
 床下の設置したネットに入れた竹炭(一袋5KG)
クリックすると元のサイズで表示します
 海に面したホテルからの風景、津波が来る前にこの水が引いて海の底が見えたそうです
クリックすると元のサイズで表示します
 ボランティアセンターでの二日目のオリエンテーション、私たちも含め約100名
クリックすると元のサイズで表示します
 重機が大きなものを除去した後の人力による瓦礫処理作業
クリックすると元のサイズで表示します
 帰還途中に夕食のために立ち寄った松島の遊覧船乗り場も地盤沈下で約1m低くなり、今では満潮時に駐車場の一部は海水で浸水
4
タグ: 加古川 流域 環境

2011/8/27  18:06

東日本大震災への援助活動続報  活動紹介

東日本大震災の援助活動として、宮城県南三陸町に持ち込む竹炭2000KGの最終準備を8月27日りバークリーンエコ炭銀行本部と巴製缶(株)の協力を得て、巴製缶(株)の加西研修所において実施しました。
本日は約400KGの梱包です。ここ加西研修所には炭焼き体験をするための4台の炭化装置があり、その内2台が新型の丸型です。
南三陸町には9月15日夕方、加古川から約20名程度で出発することに決定しました。工程は下記の予定です。
 9月15日 夕方出発し車中泊 バスおよびトラック等
 9月16日 午前現地到着 仮設住宅の床下への竹炭の設置作業をし、夜は現地で宿泊
     また無償提供する炭化装置で現地の人に作業の研修予定
 9月17日 午前、午後 竹炭の設置作業、炭化装置の研修、夕方に現地出発し車中泊
 9月18日 午前 加古川に帰着予定

 クリックすると元のサイズで表示します
 巴製缶(株)加西研修所の研修棟と4台の炭化装置
クリックすると元のサイズで表示します
 新丸型炭化装置で焼いた竹炭
クリックすると元のサイズで表示します
 電動竹割機械
クリックすると元のサイズで表示します
 竹の節取り(人力)
クリックすると元のサイズで表示します
 5KG単位でネット袋に梱包作業
クリックすると元のサイズで表示します
 本日約400KGの竹炭を梱包
0
タグ: 加古川 流域 環境

2011/7/11  12:32

東日本大震災への援助活動  活動紹介

リバークリーンエコ炭銀行では東日本大震災の援助活動として、津波被害の大きな、宮城県南三陸町で、浸水した家屋の復旧に関連して、床下の湿気および悪臭対策として、竹炭を提供することにしました。現地との打ち合わせのため、播本会長他3名で7月2日より南三陸町に出向きました。
その結果8月末を目標に2000KG以上の竹炭を準備することにしました。このためエコ炭銀行の各支部や竹炭を作るための炭化装置を製作している巴製缶(株)殿の加西研修所の協力を得て竹炭作りを加速しています。1台の炭化装置1回で出来る竹炭は約20KGのため、約100回分に相当します。このため、エコ炭銀行関連以外でも広く皆さんのご協力を得ようと、本ブログに掲載しました。
協力要請内容としては、竹炭を提供していただければ一番ありがたいのですが、生竹(焼く前)でもかまいません、但しこの場合は竹の直径だ10cm以上で長さは50cmに切断したものを希望します。これは炭化装置で処理するための寸法です。
竹炭が準備できれば9月中旬頃に、バスとトラックで現地に出発する予定です。またこの時、竹炭と一緒に、炭化装置1台を持ち込み、現地で引き続き、現地の方で竹炭が作れるように指導及び炭化装置の無償提供をします。

リバークリーンエコ炭銀行への連絡先 Tel 090-1134-1825 播本会長までお願いします。
クリックすると元のサイズで表示します
 炭化装置と炭化前の竹
クリックすると元のサイズで表示します
 炭化装置から取り出した竹炭で、5KGをネット袋にいれ床下にいれます。
2
タグ: 加古川 流域 環境

2011/6/11  18:24

トライやるウイーク受入れ  活動紹介

2011年6月6・7および9・10日の4日間
リバークリーン・エコ炭銀行では「トライやるウイーク」として6月6日・7日の二日間は浜の宮中学2年生の4名受入れ、6月9日は加古川中学の18名、6月10日は8名を受入れ竹炭焼き体験をしていただきました。
エコ炭銀行播本会長をはじめ各指導員に従い竹割、竹の節取り、容器への詰め込み、竹焼き器への格納、火入れ・燃焼の管理、30分ごとの温度管理とデーター記録と色々の作業をこなしてもらいました。また焼きあがった竹炭の取出し、切断、磨き、袋詰め作業で完成です。
皆さん怪我などもなく作業を終了しました。
昼食時間は楽しいひと時です。4日間では焼き肉、焼きそば、ホルモン鍋・うどん等、やはり中学生らしく食欲旺盛です。校長先生や、先生、教育委員会の方なども一緒にワイワイガヤガヤ!
竹炭焼きだけでなく、仕事の合間には加古川河川敷の清掃活動やら、エコ炭の小田指導員から「自転車運転のルール」として交通ルールの勉強会などと、色々な社会体験もしてもらいました。ここでの体験を学校生活でも役立ててください。
最終日には長年トライやるウイークを受け入れたことに対する感謝状を加古川中学校より、播本会長がいただきました。
クリックすると元のサイズで表示します
炭焼き釜の燃焼・温度管理
クリックすると元のサイズで表示します
帯鋸盤による切断作業
クリックすると元のサイズで表示します
袋詰めした完成品(トライあるウイーク持ち帰り用の包装)
クリックすると元のサイズで表示します
昼食のホルモン鍋に舌づつみ
クリックすると元のサイズで表示します
自転車の交通ルールの勉強
クリックすると元のサイズで表示します
加古川河川敷の清掃
クリックすると元のサイズで表示します
浜の宮中学生、先生、エコ炭メンバー
クリックすると元のサイズで表示します
加古川中学生、先生、播本会長
0
タグ: 加古川 流域 環境

2011/5/5  16:17

「木縫の里山」まつり  活動紹介

2011年5月3日(火・祝日) 10:00〜15:00

今年も西脇市住吉町の木縫の里山王国で里山祭りがおこなわれました。
当日は雨の心配もありましたが、幸いに雨も降らず、風もなく穏やかな日和でした。
まつりには流域ネットのメンバーなども含め60人以上の方が集まりました。

里山王国の女王様の挨拶に続き畑谷川に設置している、水浄化用の竹炭の入れ替え作業です。約30分後に作業を終えて、まつり会場に帰ると親子ずれ、年配の方など様々な人々が集まっていました。

会場では、地元の方の食事準備、ピザの準備などが始まっています。我が流域ネットも植田先生を中心に明石名物のタコを使用したタコの天ぷら準備もはじまりました。

一方、参加者は川に探検に、山でのアスレチック体験など思い思いに自然を満喫しています。会場の鳥小屋に人だかりが?覗いて見るとそこには羽を広げたクジャクがいます。急いで写真をパチリ、さらに小屋の中をのぞくとクジャクの卵が3個ころがっていました。

人が群がっているテントがあります。覗いて見ると、廃材を使用した手作り椅子に挑戦している親子がトンカチを持って奮闘しています。

11時を過ぎるとピザ釜も温度が上がり、準備完了です。さっそく子供たちがピザの生地を伸ばし、生地にケチャプを塗り、野菜やハムなどを好みにまかせトッピングです。ピザ釜に入れて約5分程度で焼き上がり!!おいしそう!!またごはん三点セットも準備完了し販売開始です。これはお替りOKの食べ放題です。タコの天ぷらも人気です

12時近くになると腹も大きくなり皆さん一息ついています。さてここで木縫の里山王国の国歌の披露です。昨年11月に作ったもので、祭りでは今回初めての披露です。歌詞は里山の自然がいっぱい詰まった内容です。国歌と言うより愛唱歌的な歌詞です。その他子供たちのために童謡なども合唱です。

このように参加者は思い思いに自然を満喫した一日を終わりました。里山の皆さんご苦労様でした。また来年もよろしくお願いします。参加して頂いた皆さんありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します
加古川の支流である畑谷川に設置している竹炭の交換作業
クリックすると元のサイズで表示します
川遊びの親子
クリックすると元のサイズで表示します
鳥小屋のなかのクジャク
クリックすると元のサイズで表示します
椅子つくりに奮闘中
クリックすると元のサイズで表示します
ピザのトッピング中
クリックすると元のサイズで表示します
タコの天ぷら販売中
クリックすると元のサイズで表示します
木縫の里山国歌の披露
2
タグ: 加古川 流域 環境



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ