2013/5/26

第11話  

第11話
この回は、つぃに最後になりました。
いやぁ、あれですね-
すごいですね
最後の押し絵と旅をする男は
実は、トイレに捨てたとありましたが、そのホテルの従業員がひそかに
もってぃたとぃう結末でした。
ま、そんなはずはないんでしょうが、もし、そ-なら、という
設定ですね。
おもしろい話でしたね。
やはり、連続ドラマは最後までみなぃともったぃないよと思わせる
さすがの結末でしたね。
さて、比ゆですが、
今回は、おか-さんは、外国に行ってしまぃます。
あれは、要するに、おかあさんは、日本の技術です。
失われた原稿は、あれは、おそらく、尖閣諸島でみつかった
石油やそのほか、日本の海域の資源です。
それは、完全ではなかったが、きちょうなことはまちがぃなかった。
それがほしぃのは、これから伸びる産業なのでした。
慶子さんは、日本人です。
これからこの国はどぅなるんだろぅか。
その資源がこれからどんなあらそいをもたらすのか。
作者のうれぃがこめられていました。
今回、連続ドラマをネットで30日間みれる権利を購入して拝見しました。
正味、キャプチャソフトを使えば、録画できるでしょうが、
各、動画投稿サイトは、かなりきつく、国際的に規制しているようですね。
最後に、あきらさんが、よもぅとしたのは、おそらく、
かれが、テレビ局のえらいさんをあらわしてぃたのでしょう。
これから、テレビがおわるじだぃがくる。
やっとこさ、わかりはじめた。
それがこの動画配信解禁だったのではないですかね-。
このよ-な比ゆもおもろかったですが、
昔から、そ-、竹取物語とかから、政治的な背景をにおわせた
物語が書かれてきたのは知ってます。
なんでそーするのかは、正直よくわかりません。
ただ、そーしたら時々、やたら面白くなるのは事実ですが、
むりやり、しようとしたら、うまくいかないことが多々あるのも知ってます。
正味、それが、どらまのよ-な、影響力のあるものをつくる人たちにとり、ひとつの保険となってぃることは
今回、何度もくりかえされてぃたのは、わかります。
だから、かれらを支持することをつたえよぅとしたのでしょう。
そのぅえで、数字を狙わないといけない。
また、もろもろの損害賠償ざたを防がないといけない。
また、配役たちにあわせないといけない。
数字だけでなく、ややこしくして、録画してない人達用に、
dvd売り上げを狙った、緻密さを加味しなぃといけない。
さまざまな計算の上、成り立っていることがよくわかりました。
さいごに安田成美さんが、再びcomeback宣言をし、終わりました。
大体、どんなのがこのまれるのか知ってるから。
彼女はそぅ、ぃいました。
そこがこの作品の大事なところやったとおもぅのです。
0

2013/5/26

だい10話  

だい10話
今回は、江戸川乱歩でしたね。
すごいですね。
こんなに、大どんでん返しをかさねてくるのはさすがですね。
わかりますょ。
最後に、ずっとみてぃた視聴者にそっと、すごいのをよぅぃするテクニックをつかってくるのを
最後に、乱歩をもってきたのは、きっと、
あんごうをつかぅつまりだろぅなと
おもってました。
乱歩は、推理小説の草分け的なひとですからね。
きっと、推理テクニックを披露するつもりなんだろぅなと
なにゆえ、おかぁさんがいすの秘密をさぐりあてたのかは
わかりませんが、わたしのすいりでは、おそらく、
あのいすのどこかにswitchがあることを、
あの家の構造から推理したのでしょう。
どこにかくすかとぃぅのを・・・
普通人は、物置かどこかにかくすだろぅと
しかし、いすに隠したのは、そこに、きっと
子供の手の届くはんいとぃぅ
のがあったんでしょう。
そして、かついすの構造がそんな構造だったんでしょう。
今回の比ゆは、おかぁさんは明らかに、いなくなったのに急にでてきたそぅ、
あの-、やたあきこですね。
そして、金庫は、そのまんまお仕事
それをとく鍵と暗号は、技術と人脈など、
そして、依頼人は、こえがでなぃでわかります。
そ-、やくざやさんです。
つまり、本当はいかつい人たちです。
おねぇさんは、そのとりまきですね。
そして、しおりこさんは、じっさぃ、そのまんま剛力さんです。
数字をあげろ。
それが、以来の比ゆです。
数字があがればだれでもぃぃんだ。
とぃぅわけです。
鹿山さんは、テレビ局です。
その子供たちは、局員です。
局員には、あまり、製作をさせていなぃらしいですね
リスクがある部分は、外部に委託しているのです。
したがぃ、ノウハウがあるのは、その荒波をかいくぐってきた外部の
製作者たちなのです。
とぃいたいのでしょぅ。
そして、いすのなかにあった少年探偵団あれが、今回の
お話の一番の重要な点でした。
そ-、あのいすは、キャリアをあらわしてぃるのです。
いすに座るがごとく、長年の経験をつんできたことをあらわしてぃるのです。
テレビ局の局員であるなおこさんが、その鍵をみつけました。
しかし、それをおかあさんがさきにうばってぃた。
これはなんなんでしょうか-。
そ-、それは、一回やられたら、当分、うけなぃのです。
オリジナルが重んじられるのです。
家政婦のミタがうけたので、どこもにたょぅなのをやりたいのですが、
やったところで、うけるかはわからなぃのです。
今回、矢田さんの回が、数字がよければ、持ってる人間だとおもわれるわけだとぃぅわけです。
矢田さんとしては、こ-いうチャンスにそつなく、仕事をこなす
だけでなく、製作現場で人脈をひろげたりいろんなことをするわけです。
さて、金庫をあけたのは、どちらでしたか。
は、矢田さんの会が、放送されたころには、もぅ-撮影もおわってぃたはずなので、
おんなじだったでしょうが、
製作サイドは、矢田さんの力量をそして、ポテンシャルを再びみるんだょとぃってぃるのです。
剛力さんにも、そんな風にみられてぃるんだょとぃってぃるのです。
結論に似てますがこの話全部の結論としては、要するに、
古書店主があれこれ推理して、利益を得ようとするがごとく、
女優たちも、あれこれ推理し、数字が取れる技術や、人脈、社交術、そして、イメージをつくってぃけと
いってぃるのです。
正解は、今までのせいかぃはありましたが、
これからの変化する視聴者をつかまぇられるかはわからないと
ただ、この作品では、古書店主の技術が賛美されてぃました。
そ-、今ままでの技術がなければ、解けないのです。
数字はとれなぃのです。
それがあってはじめて、推測が成り立つのです。
数字とりは、あたかも、推理小説を読むがごとくだ。
あいざわさんが、みんなにつたぇたかったことなのでしょぅ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ