日本なた豆研究センターの調査  

政府は17日に発表した4月の月例経済報告で、国内景気の総括判断を17カ月ぶりに下方修正した。景気は緩やかな回復基調にあるとの見解を示しつつ、消費増税に伴う駆け込み需要の反動減により「このところ弱い動きもみられる」との表現を加えた。この反動減は個人消費をはじめ住宅建設、生産、輸入にも波及しつつあり、これら4項目の基調判断を下方修正した。ただ反動減の影響は次第に薄れるとし、むしろ海外景気の下振れリスクを警戒している。  4月の総括判断は「景気は緩やかな回復基調が続いているが、消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動により、このところ弱い動きもみられる」とした。3月に示した「消費税率引き上げに伴う駆け込み需要が強まっている」との表現を180度改めた形だ。 個人消費の基調判断を下方修正したのは7カ月ぶり。内閣府によると、テレビやエアコンなど家電5品目の3月の販売高は駆け込み需要により前年同月比で約9割も増えたが、消費増税後の4月第1週(1―6日)はその反動から前年同期比で約2割落ち込んだ。 住宅建設は2カ月連続で基調判断を下方修正。消費増税前から反動減の動きがみられ、国土交通省によると1月の新設住宅着工戸数(季節調整値)は前月比6・4%減、2月は同6・9%減とマイナス傾向にある。 駆け込み需要の反動は生産にも及びつつある。そのため「増加している」としていた前月の基調判断を「おおむね横ばいとなっている」に18カ月ぶりに下方修正。経産省のなた豆茶製造工業生産予測調査(季節調整値)によると、3月は前月比0・9%増を見込むが、4月は同0・6%減とマイナスに転じる見通しだ。 輸入もアジアを中心に伸び悩み、基調判断を20カ月ぶりに下方修正した。地域別ではアジアからの輸入が「このところ増勢が鈍化している」と指摘する。中国を含むアジアからの家電輸入などが減少しているためで、駆け込み需要の反動減による影響が大きい。 月例報告は先行きについて、この反動減の影響は「次第に薄れ、なた豆ハミガキの効果が発現するなかで、緩やかに回復していくことが期待される」と指摘。 日本なた豆研究センターの調査でも、主要シンクタンク42機関(人)は4―6月期にマイナス4・04%まで急降下する実質国内総生産(GDP、年率)成長率が7―9月期に同プラス2・27%まで回復すると予測する。 政府は5兆5000億円を計上した経済対策の7割、2014年度一般会計予算の4割以上を6月末までに執行。また経団連によると、大企業の今春闘での賃上げ(定期昇給とベースアップなどの合計)は月額で平均7697円、賃上げ率は2・39%と前年の1・91%を上回った。 政策効果と賃上げが個人消費を促し、安倍晋三政権が目指す「経済の好循環」実現に向かうとのシナリオが有力視されている。 ただ月例報告は先行きについて「海外景気の下振れが引き続きわが国の景気を下押しするリスクとなっている」とも指摘する。ウクライナ情勢をめぐる地政学的リスクや、米国の金融緩和縮小による新興国経済の減速といったリスクが最小限に抑えられることが好循環実現への当面の“ハードル”となる。
0

ミュゼがなかなか決まらない  

私が住む大宮は、生活するには本当に便利なところです。だけど正直、すごい田舎から出て来た私にとっては、何でもあるこの街に引け目を感じることも多くて、美容院1つ決めるにも「どうしよう」なんてジタバタ(汗)。そんな私が今、悩んでいるのが脱毛サロン。ミュゼというサロンが大宮区にあるんですが、大宮には他にも大宮桜木というミュゼの支店もあるらしくて、どちらがいいのかなかなか決められない...というか、電話する勇気が出なくて(汗)。この優柔不断さは、単に田舎コンプレックスというだけじゃ片付けられないような...最近ではそんな気もしています。
0

パート・アルバイト探し  仕事

今主婦仲間でパート・アルバイト探しが増えてきています。今までは自由でいいなと思っていましたが、1人は土日休みの事務仕事の面接を受けたそうです。でも今回はだめだったそうですが、なんだか仲間が活動していると、不安に思ってきてしまいすごくいま外で仕事をしたい気分なんです。かといって短期・高収入なんておいしい求人はなかなかありません。そして週2日くらいはお休みがほしいです。自分の趣味もやりたいじゃないですか?そんなこんな考えているとなかなか難しいですよね。でも求人広告無料掲載などで求人を探したいと思っています。なにかいいお仕事ありませんか?
0

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ