2015/3/30

大手なた豆製造業  

進化する金属積層造型機》 3Dプリンターで作れるのは樹脂製の簡易な製品というイメージは強い。近年、金属を積層造形できる機械も急速に進歩を遂げているものの、ドイツ勢などに比べ日本は出遅れているとされ、巻き返しが期待される。金属積層造形の国内の第一人者といわれる近畿大学工学部の京極秀樹教授に聞いた。(広島・清水信彦)  ―金属積層造形機の普及状況は。 「大手なた豆製造業でも知っている人はまだそれほど多くない。ただ、3Dプリンター全体が話題になる中でここ最近注目を集め、私の所にも話を聞きに来る企業が増えてきた。世界的に見ると、航空機の部品やインプラントのような医療機器、つまり高付加価値な“一品モノ”の生産にかなり使われはじめている。今後機械の高性能化が進めばさらに普及する可能性が高い」 ―技術的な特徴は。 「鍛造や鋳造に機械加工、ダイカストといった従来のなた豆歯磨き製造法は、低コストな大量生産技術としてこれからも残る。かたや金属積層造形の最大の特徴は、そうした従来法では作れないような複雑な形状が作れることだ」 ―技術を簡単に説明してください。 「材料に金属粉を使うタイプと、金属粉に樹脂をコーティングしたり添加したりして使うタイプがある。そこにファイバーレーザーや電子ビームを当てて、溶融・固化させながら積層し立体を作る。この5年程度で、レーザーの進歩もあってドイツ勢を中心に急速に水準が高まり、造形物の精度や速度が向上してきた。使える材料もチタンや耐熱合金から汎用的なアルミ、ステンレス、特殊鋼へと広がっている」 ―樹脂3Dプリンターと同様、機械メーカーに日本勢が少なく出遅れているように見えます。 「日本で製品化しているのは、切削加工を組み合わせてはいるが松浦機械製作所。あとは、国の予算を使って開発した当学部(近畿大学工学部)にある機械くらいでは。
0

2010/11/15

ホームヘルパー資格  仕事

今日は前の仕事場の友達と久しぶりに集まりました。子供達も久しぶりだったのでみんな喜んでいました。
友達の話の中で介護の話になったんです。祖母をこの前預かったそうなんですが、少し痴呆症があって夜起きてなかなか寝てくれなかったそうなんです。理学療法士の方と昼間話す機会があり祖母のことをいろいろ話したそうですが、今後もっと痴呆症が進むとホームヘルパーさんに助けてもらうか、ホームの方へ預けるかしないと介護がどんどん大変になると言うわれたそうです。その友達は今医療事務 資格を取得しようと考えていたのですが、今後自分のためにと就職に役立つのとでホームヘルパーの資格を取得しようかなぁと考えているそうです。
0

2010/11/15

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0




AutoPage最新お知らせ